isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
NHK「あさイチ」 外科医で漫画家のさーたりさん
 今日の「あさイチ」は、外科医で漫画家のさーたりさんの紹介でした。都内某大学病院、消化器外科所属。東京生まれ。
 両親ともに小児科医の家庭に育ち、中学時代にマンガに目覚めマンガ家の道も考えるが「手塚治虫さんのように医師になってもマンガは描ける」と母親から助言され医学部へ入ったそうです。
 30歳より大学院に通い博士号を取得し、その年に結婚。翌年からアメブロでマンガを描きはじめ人気ブロガーとして注目を集めます。
 出産後はフルタイムの常勤で復帰。病院の近くに住み、同じ医局の外科医のご主人と協力しながらやりくりします。このまま続けられるのか…そんな、さーたりさんの一番の応援団はご主人です。



 研修医時代に苦楽を共にした同期で、公私の両面からサポートしてくれ、「家事はダンナと分担です。とくに掃除に関してはダンナがメイン。彼は汚れに対する閾値が低いんで、私は気にならない状態でもダンナはすぐに掃除をはじめます。
 あるとき私が子供と早めに寝てしまったとき、起きたら床がピカピカに。“夜中にルンバ(お掃除ロボット)ががんばってくれたんだ”と思ってたら、ダンナが家に帰ってきてから、掃除機かけて水拭きまでしていたらしく、言われるまで気付きませんでした(笑)。感謝ですね」。と話しています。3児の母。
 食器乾燥機、乾燥機付き洗濯機、お掃除ロボットの三つの機器を重宝し、ブレイクのきっかけは、漫画での出産実況中継だそうです。
 医療関係を書いた漫画は、有名な手塚治虫のブラックジャックの他、麻酔医ハナ、放射線技師を描いたラジエーションハウス、フラジャイル、漫画で分かる心療内科があります。さーたりさんの漫画読んでみたい(*^_^*)
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:03 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS