isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
長い月日が経過… 祖父27回忌、祖母17回忌法要 
 母方の祖父は平成5年5月に89歳で亡くなり、10年後の平成15年12月に祖母が96歳で亡くなり、それぞれの回忌の法要がありました。
 祖父母の子どもらは、5人姉弟で、一番上は母。次は東京に住む叔母、次に数年前に亡くなった叔父、次は脳梗塞で入院中の叔父。そして末っ子は富田林に住む私と一回り上の叔母です。女性のみ健在です。
 午前10時30分から12時まで潮江の照蓮寺で法要後、実家でお昼ご飯を食べて、3時過ぎに叔母たちは帰って行きました。
 今日は、神社総代会があったのですが欠席となりました。12月17日の保健所の立ち入り検査準備や年末・年始の行事など連日予定が入っています。
 祖父母が亡くなり、長い月日が経ったことが不思議な感覚です。子どもが成長し、親や叔母や従兄弟たち…。年齢を聞くと私自身も年を重ねていることを改めて自覚しました(笑)

| isako | - | 23:03 | - | - |
日勤勤務で書類作成 夕食は叔母たちと共に
 日勤勤務で、書類作成等に一日を費やしました。半日で帰る予定でしたが、書類が完成せず、30分程度残業してから帰りました。
 明日は、平成5年に亡くなった母方の祖父と平成15年に亡くなった祖母の法事が予定されています。午前10時からです。
 当初、命日に合わせて15日に計画していたのですが、都合により明日になりました。今日は、東京の叔母と富田林の叔母が来ていたので、お供えを買ってから、夕食を共にしました。
 富田林の叔母は、私より一回り上で東京の叔母は、その一回り上です。母の妹たちです(*^_^*) みんなとっても元気!
 22時30分頃、自宅の戻りお風呂に入って、今やっとブログタイムです(^^♪ 女姉妹はいくつになっても良いですね…。


| isako | - | 23:22 | - | - |
阪神淡路大震災から25年 地震予知「成功なし」
 30年以内に東南海・南海巨大地震が発生する確率は70%らしい…。「地震が予知できたら…」地震予知連絡会は50年前の1969年に、国の地震予知計画を推進する国土地理院院長の私的諮問機関として発足しました。
 専門家や国の防災担当者が地震発生の時期や規模、場所を予測する研究を行い、国の地震関連の施策にも関わって来ました。しかし、研究が進むほど予知ができないことがわかって来ました。 
 予知連は、1995年に発生した阪神淡路大震災を最後に地震活動の見通しなどの見解を公表することをやめました。
 阪神淡路大震災の際、研究者は多くの関西の地震発生を予測しましたが、具体的な時期や規模を示すことはなく予知の難しさが浮き彫りに…。
 震災後、体に感じない微小な地震や強い揺れを捉える地震計などが全国各地で整備されましたが、2011年の東日本大震災では、マグネチュード9の大地震を予知できず、日本地震学会は、「確度の高い地震予測を行うのは非常に困難」との見解を示しています。
 阪神淡路大震災以降の約25年間でマグネチュード2以上の地震が計約65万回発生。うち「震度5」以上の地震は133回に上るが、予知に成功した事例はなかったとのことです。

| isako | - | 22:01 | - | - |
SNS、LINE スタンプや略語 文章作れぬ若者
 今朝の読売新聞の紹介です。スマホが普及してから便利になったものの、言葉の乱れなどから文章が作れない若者が増えているようです。
 例えば「この公園には滑り台をする」など主語・述語が不明確な意味が通じない文章が近年特に目に付いているようです。
 ゼミで発表をさせると「そして」を連発する大学生が大勢いて論理的に文章を組み立てるためには理由を導く「なぜなら」や前に述べたことと異なる内容につなげる「しかし」など文脈に応じて接続詞を使い分ける必要がある。今の学生は、SNSやLINEなど、短文を送り合うことに慣れてしまって接続詞を使っていないからこのようなことが起きているのだという。
 学生たちは長文を嫌い、小林准教授がゼミについての連絡などをLINEで送ると「長いので切ってください」と言ってくる学生もいたという。
 この准教授は同大で10年教えているが、日本語を組み立てる力は以前の学生に比べて明らかに落ちていると感じているという。



 SNSが普及した今、スマホは使いこなすがパソコンやメールは利用しないという学生も多く、「ここ3年ぐらいで急激に“そして”が増えた。問い合わせ文に絵文字を入れてくる学生も目立つと話している。
 おじいさん、おばあさんは言えるが祖父、祖母が出てこないことや、「あなたのお母様」ではなく「あなたの母」という理由を聞くと「母は敬語だと思った」と言われたという。民間企業のビジネス文章に「!」がついていたりするこもあるという。(読売新聞から一部抜粋)
 確かに…手紙や日記を書かないなど文章離れしていますね…。看護師は、看護記録や看護要約など文章を書くことが多いのですが、上手く文章がまとめられない看護師が多いように感じます(´・ω・`)
| isako | - | 21:51 | - | - |
自衛消防訓練実施 火事に注意 初期消火が大切
 年2回の自衛消防訓練がありました。この時期らしい寒さになり、火を使うことも多くなりました。火災は、初期消火が最も大切です。
 初期消火とは、出火の初期の段階で、その付近にいる人などが、応急的に消火作業を行うことです。 火災は一般的に、ごく小さな火種から、徐々に大きな火災へと時間的経過をたどって拡大します。
 そこで、小さな火災(火事)のうちに消火してしまえば、被害を最小限に抑えることができるというものです。
 消防訓練の実施は、管理権原者の義務(消防法第8条第1項)や、防火管理者の責務( 消防法施行令第3条の2)の中で消防計画を作成し、定期的に各訓練を実施しなければなりません。
 今回は、3階の療養病棟湯沸し付近から出火との想定で訓練が実施されました。実習生も患者役で参加し、私は例年通り、「救護長」として、患者の避難・誘導の報告を受けました。これから年末にかけ火の用心です。

| isako | - | 21:35 | - | - |
看護職員の確保、日看協が入院基本料の引き上げを要望
 日本看護協会(日看協)は2日、2020年度の診療報酬改定に関する要望書を厚生労働省に提出したことを明らかにした。医療従事者の働き方改革に必要な看護職員の確保が可能となるよう、診療報酬での入院基本料を引き上げることなどを求めた。
 吉川久美子常任理事が11月28日、同省保険局の森光敬子医療課長に要望書を手渡した。20年度改定に向けて、日看協が同省に要望書を提出するのは、5月14日以来2度目。今回は、主に看護職の負担軽減に焦点を当てて、3つの項目について要望した。
 それによると、医療従事者の働き方改革が進められる中、医師からのタスクシフト(業務の移管)やタスクシェア(業務の共有)、勤務環境改善を推進するため、医療機関では看護職員の確保が重要になると指摘。その上で、医療機関がこれらの取り組みを進めるために必要な看護職員の確保が可能となるよう、入院基本料の引き上げの必要性を強調している。
 また、看護職員からのタスクシフトやタスクシェア、勤務環境改善を推進するには看護補助者の確保が「喫緊の課題」だとし、看護補助者の処遇を改善して確保できるよう、看護補助者の配置に関する評価の引き上げも求めている。
 さらに、患者状態を正確に把握するため、「重症度、医療・看護必要度」のB項目の判断基準を、「患者の状態」と「介助の実施」に分けて測定することも要望。その際には、記録に関する負担軽減のため、新たに測定する「患者の状態」が「介助の実施」の根拠となり、別途記録の作成が不要となることを、「重症度、医療・看護必要度に係る評価票評価の手引き」「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」に明示するよう求めている。
 日看協によると、森光医療課長はこれらの要望に理解を示し、検討していくと応じた。(医療介護CBニュース全文)



 来年は、診療報酬改定になります。看護補助者の確保は当院でも困難であり、働く環境も悪くなっているようです。看護師が仕事のカバーができるように看護職員の確保も重要課題です。
 今朝の読売新聞でも掲載されており、本体と薬価をあわせた診療報酬全体では、マイナス改定になる見込みです。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:15 | - | - |
裁判員制度から10年 候補者の辞退率は約7割に
 裁判員制度は2009年5月施行から10年を迎えました。先日、スタッフから、「裁判員裁判の候補者通知が来たが子どもが小さく仕事も休めない…」との相談を受けました。辞退するべきか悩んでいる様子でした。
 裁判員候補者に選ばれながら辞退した人の割合(辞退率)は上昇傾向を続けています。最高裁は、約2年前に裁判員候補者の「辞退率」が上昇している原因を分析しています。分析からは、審理の長期化や非正規雇用者の増加などが辞退率の上昇に影響している傾向が浮かび上がりました。
 辞退は、候補者名簿記載通知や選任手続きへの呼び出し状に同封された書類で申し出ることができますが、辞退を認めるかどうかは地裁の判断。
 認められなかった人や辞退理由がない人は、選任手続きへ出席しなりませんが、、無断で手続きを欠席する人が後を絶たないのが現状です。
 裁判員法は「70歳以上」や「学生」「5年以内に裁判員や検察審査員などを務めた人」は辞退を認めているほか、「重い病気やけが」「介護・子育て」などやむを得ない理由がある場合も辞退可能としています。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:45 | - | - |
尼崎市立潮小学校 竹林手入れと花の道苗付け
 潮小学校にある竹林の伐採手入れと花の道の苗付けを行いました。竹林は、平成7年の阪神淡路大震災の後から作りはじめ、今日に至っています。
 七夕、秋祭り、お正月など、神社行事や地元の行事等で笹を使わせて頂いていますが、竹が茂りすぎると新たな笹が成長せず、また害虫などが増える恐れもあることから、適当な量に伐採する必要があります。
 そして、花の道は、秋から冬の花へと苗付けを行う時期になりました。半分は苗が小さすぎたので、少し大きめの苗のみ植えました、
 今日は、一日、代わる代わる友人が訪ねて来たので、昼ごはんも夜ごはんも外食で済ませました。



| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 20:37 | - | - |
ウイルスが含まれた喀痰等 アルコール殺菌効果弱まる
 インフルエンザ対策に使われるアルコール消毒について、ウイルスが喀痰などの粘液に含まれた状態の場合、殺菌効果が弱まるとの報告です。
 報告では、「アルコール消毒だけでは、周囲に感染を広げかねず、手洗いが重要」と注意を呼びかけています。
 研究によりますと、食塩水と粘液の喀痰に、それぞれA型ウイルスを含ませ、一般的な消毒(濃度80%のエタノール)を作用させてウイルスが不活化するまでの時間を比較しました。
 その結果、食塩中のウイルスは、30秒以内で殺菌できましたが、喀痰の中では、2分たっても感染力は維持されていました。
 喀痰が渇いた状態で調べると、30秒以内に殺菌でき、粘液の状態では効果が弱まる可能性が高い結果でした。
 アルコール消毒があまり効かない微生物も多く、手や指の消毒の基本は手洗いであることを忘れてはいけません。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:54 | - | - |
忍たま乱太郎 原画など管理・活用で尼崎市と協定
 人気アニメ「忍たま乱太郎」の作者で尼崎市出身の漫画家、尼子騒兵衛さんの原画や忍者グッズコレクションなどを尼崎市が“永久保存”することが決また。尼子さんの事務所と市が11月26日、資料の管理や活用に向けた協定を結んだ。市は新たな観光拠点・尼崎城で展示する青写真を描いている。
 尼子さんは昭和61年から、小学生向け新聞で「落第忍者乱太郎」の連載を始め、テレビアニメにもなって人気が上昇。
 同市の地名を使った登場人物も注目され、「聖地めぐり」を楽しむファンも多い。しかし、尼子さんは今年1月に脳梗塞を患い、年末に連載を終了すると発表していた。
 これを機に尼子さんは大量の資料の一括保管を望むようになり、尼崎城の活用を図りたい市の思いと一致。協定を結ぶことになった。
 この日、同市役所で尼子さんは「資料の管理が難しかった。忍者ブームでもあり、尼崎城で展示してもらえたら子供たちも好奇心を持つ」と述べた。稲村和美市長は「責任を感じる。市で整理するとともに展示を企画し、多くの人の関心を高めたい」などと話した。(産経新聞・ネット掲載) 
 尼子先生とは、潮江素盞嗚神社に潮江文次郎の大絵馬があることから、何度かお会いしたことがあります。潮江素盞嗚神社は、忍たまファンにとっての「聖地」とされており、連載終了は大変残念に思っています。

| isako | 尼崎の話題と情報 | 22:18 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS