isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
看護研究発表〜透析室における感染リスクの低減
 院内講演会にて、看護研究発表を行いました。テーマは、「透析室における処置時の看護行為による感染リスクの低減」です。
 当院における透析患者は、平均年齢83歳で、通院できる状況ではなく、高齢化により感染リスクも伴います。
 今回の研究目的は、透析における処置時の看護行為による感染リスクの明確化とそれに対する見直しと方策を図ることです。処置時の看護行為を場面ごとに録画し確認することにあります。
 基本となるものとして、「透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドライン」を参考に、「単独」「2人体制」にわけ、感染リスクの低減を考え、処置を行いました。
 単独では、患者の処置をしながら、機械操作を行うので、タッチパネルなどが汚染される頻度が多くなる。一方、2人体制では、患者側、機械操作側と分かれるので、タッチパネルなどの汚染が最小限に抑えられていることが動画を見ながら確認できました。
 単独で処置を行っている施設は約40%あり、当院においてもこれまで単独処置を行っていました。この研究を機に2人体制での処置を心がけ、感染リスクの低減に努めたいと考えています。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:29 | - | - |
人前で緊張…日本人は遺伝子的に「あがり症」が多い!?
 挨拶など人前で話す際、あがってしまってしどろもどろになってしまう…そんな経験はないでしょうか…。「あがる」とは、緊張によって頭に血が上り、平静ではいられない状態を示します。
 一般的に日本人は不安やプレッシャーに弱く、あがり症も多いとされており、遺伝子も関係しているようです。



 脳内神経伝達物質のセロトニンは、人の感情に影響を与える。セロトニンの量を調節するたんぱく質の遺伝子には、S型とL型の2種類があり、組合せでS型、SL型、LL型に分類されます。
 S型が多いほど内向的で不安を感じやすく、L型が多いと社交的で活動的になる。世界の中でも、日本人は、S型を持つ割合が高く、不安に弱く、あがりやすいという事です。
 あがり症の人が、人前で話す時には何を心がけるのか…。あがり症の特徴の一つが声の震えです。原因は、呼吸の浅さにあり、複式呼吸を意識し、姿勢にも気をつけるとゆとりも生まれるようです。
 メンタル面のトレーニングとして、上手くやろうと意識しすぎたり、あがらないようにと意気込んだりするのは逆効果で、人から見られていることを意識せず、むしろ、自分が見る側だと考えれば、あまり意識しなくなると言われています。
 話し前に参加者を見まわし、わかりやすく伝えるにはどうすれば良いのかを考えるようにすると、緊張は解けて行きます。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:34 | - | - |
潮江素盞嗚神社 社務所当番 境内・社殿清掃
 潮江素盞嗚神社社務所当番で、社協単位での清掃当番もありました。桂福祉協会とオリーブ福祉協会の2福祉協会会員、約15名が午後1時から1時間程度掃除を行いました。社殿は全て乾拭きで、境内は落ち葉の清掃などです。
 社殿を再建してから約5年が経過し、外部と接触している塗装部分が少し剥がれたり、大阪北部地震の影響で歪があったりしているようです。
 再建後、初詣以外にも、秋祭り、お宮参り、七五三など…。毎日お参りされる方など、地域の氏神さまとして愛されている神社です。
 当番をしながら、潮江の昔の話がよく出ます。再開発以前の潮江の街の様変わりの話です。70歳前後の方々から聞く話、そして私も生まれた時から潮江で育っているので、聞くと懐かしくなります。
 JR尼崎駅前にキリンビール工場があった頃の話、潮江に映画館があった頃の話、アミングやキューズモールができる前の商店街の様子‥。
 美味しかったお店やよく行った喫茶店など、記憶をたどりながら懐かしく思い出していました。


 
 
| isako | 潮江素盞嗚神社 | 22:26 | - | - |
来週は3月並みの春の陽気 花粉症皮膚炎の心配が…
 来週は3月下旬並みの暖かさになる見込みです。インフルエンザは、流行時の6割程度になりましたが、麻疹の感染拡大が心配です。
 春と言えば花粉の季節。肌荒れやかゆみに悩まされる季節で、その原因の一つが「花粉皮膚炎(花粉症皮膚炎)」です。
 花粉で肌荒れする場合の対処法は、「保湿」。乾燥で荒れた肌に花粉がついて、皮膚の中に入り、アレルギー反応を起こすのが原因だそうで、乾燥肌は、外部の刺激から肌を守る「バリア機能」が失われ、「花粉も皮膚の中に入りやすい」とされています。
 悪化すると湿疹になったり炎症がにより腫れあがったりすることもあります。悪化させないためには、外出時にはマスクや帽子、マフラーで肌を守り、帰宅後はすぐに洗顔や入浴で花粉を落とす方が良いです。



 そして、化粧水や乳液、クリームで水分や油分を補い、バリア機能を維持することも重要だと言われています。
 花粉により肌荒れの症状が出やすい場所は、まぶたの目の周り、頬、小鼻や鼻の下、首の周りで、アルコール成分の入った化粧品に使用や角質取り、ナイロンタオルの使用、洗浄力の強い洗顔料も避けた方が良いようです。
 最近では、花粉症による目の周りの炎症を鎮める成分を配合した薬用成分入りの治療薬などもドラッグストアで販売されています。
 但し、赤みが引かない、湿疹がひどいなどの症状が続いたら速やかに医療機関医受診することをお勧めします。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:46 | - | - |
「麻しん」不特定多数と接触 感染拡大恐れ 注意呼びかけ 
 大阪市阿倍野区の百貨店・あべのハルカス近鉄本店で、従業員と利用客あわせて16人がはしかに感染していたことがわかった。
 大阪市などによると、あべのハルカス近鉄本店では、今月3日から10日までの間にバレンタインフェアの会場などで働いていた従業員10人がはしかに感染したという。さらに、会場を訪れた10代から30代の利用客6人もはしかに感染したことが確認された。感染した16人は、いずれも医療機関で治療していて、快方に向かっているという。(Yahooニュース)

 大阪府は、はしかに感染した女性が東海道新幹線を利用し、不特定多数の人に接触したおそれがあるとして、注意を呼びかけている。
 大阪府によると、女性は40代で、2月6日に発熱し、病院での検査の結果、12日にはしかと診断された。
 女性は2月8日、正午ごろに新大阪を出発した「のぞみ340号」で東京に移動し、2月10日の夕方に東京を出発した「のぞみ121号」で新大阪に移動したという。大阪府は、「女性が不特定多数の人に接触したおそれがある」、「はしかは発熱などの症状が出るまでに10日ほどかかる」として、同じ新幹線を利用した人などに注意を呼びかけている。
 保健所などは、高熱や発疹の症状が出た場合は、事前に医療機関に連絡して、受診するよう注意を呼び掛けている。(Yahooニュース)



麻疹(ましん=はしか)とはどんな病気か…
 麻疹(ましん=はしか)とは、麻疹ウイルスにより引き起こされる感染症であり、一般に、18際以上の大人がかかる成人麻疹のほうが重症化しやすいといわれています。
 原因となる麻疹ウイルスの感染力は極めて強く、接触、唾液などの飛沫、空気などを介してヒトからヒトへと感染します。
 感染すると、発熱や咳などが現れ、数日経つと、皮膚に赤い発疹が現れます。多くは数日で熱が下がり、完全に回復しますが、1,000人に1人ほどは亡くなる可能性があるとされています。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:38 | - | - |
バレンタインデー チョコレートとココアの日本と世界の歴史
 今日は、バレンタインデー。恋人、上司、友達などにチョコを贈る日とされています。日本にチョコレートが伝わったのは江戸時代のことだそうで、外国(オランダ・中国)との交易の窓口であった長崎に、チョコレート伝来の記録があります。



 寛政9(1797)年、長崎の著名な遊女町であった丸山町・寄合町の記録『寄合町諸事書上控帳』に、寄合町の遊女大和路が、出島の阿蘭陀人から貰い請けて届け出た品物の中に、「しょくらあと六つ」の記載があります。これが史料に記された日本で最初のチョコレートと伝えられています。
 寛政12(1800)年、『長崎聞見録』として刊行。紹介された多くの文物の中に、「しょくらとを(チョコレート)」があります。長崎ではチョコレートは異国の珍品として知られていたようです。
 慶應4(1868)年、1867年にパリで開催された万国博覧会に幕府代表として赴いた15代将軍徳川慶喜の弟の水戸藩主徳川昭武は、各地を歴訪後パリで留学生活を送っています。
 『徳川昭武幕末滞欧日記』に、この日フランス・シェルブールのホテルにて「朝8時、ココアを喫んだ後、海軍工廠を訪ねる」と記しています。
 文献にあらわれる最初のチョコレート(ココア)の体験で、江戸時代最後のチョコレートの記録です。
 世界の歴史をみると、チョコレートはメソアメリカで生まれ、カカオの最も古い痕跡は、メキシコ湾岸沿いの肥沃な低地に中米最古の文明を築いたオルメカ族に行きつきます。
 オルメカ文明にはカカオ(カカウ)という言葉があり、オルメカ人はカカオを最初に利用したといわれます。
 オルメカ文明(紀元前1500年〜400年頃)の話です。このようにチョコレートとカカオは古い歴史があるのです。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:59 | - | - |
健康に役立つ「おしゃべり」… おしゃべりと健康とは
 昔に比べ、核家族化や近所の人との関わりが減少し、テレビを見たりスマホを使う時間が増えている等が原因で、人と話す時間が減っています。
 そんな中、脳や心の健康維持のために見直されているのが、「おしゃべり」の大切さです。特に脳は、いくつになっても鍛えることができ、その有効な手段のひとつがおしゃべりです。
 なぜ、おしゃべりが脳の活性化に役立つのか、その理由は、脳は役割ごとに分業しています。聞く、考える、体を動かすなどの行為において、脳の動く部分はそれぞれ異なります。
 おしゃべり中は、人の話を聞き、それを理解して適切な返答を判断し、言葉を組み立てて、口を動かして声を出します。さらに、その人の動作や表情を見て、相手の感情や意図を理解・判断するなど、多くの行為を同時に行うため、脳の広い範囲で動きが活発になるのです。
 更に、おしゃべりのときに重要なのが、「ワーキングメモリー」と呼ばれる短期記憶です。
 相手の発言を一時的に記憶して、会話のつながりを保ちます。この機能が衰えると、会話の流れがわからなくなり、スムーズな会話ができなくなります。おしゃべりは脳を総動員させるのです。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:03 | - | - |
インフルエンザ 患者数やや減少 A香港型が主流に
 国立感染症研究所によりますと、現行の調査が始まった1999年以降、最多を記録しています。2月に入りようやく減少に転じましたが、流行は依然、続いています。
 今季は、A型(H1N1)とA型(香港型)の2種が同時に流行したのが特徴です。A型香港型は、高齢者が重症化しやすく、流行のピークが過ぎても注意が必要です。A型でも型が違うので、A型インフルエンザに2回感染することもあり得るということです。
 1月の半ばころから、H1N1型から香港型へ患者割合が逆転しているので、1度かかった人も油断せず、人混みをなるべく避け、手洗いの徹底など予防に心がけましょう。
 H1N1型は、2009年に新型として世界的に大流行した型で、もう一つの香港型は1968年以降、流行を続ける型です。このほか、B型も2種あります。
 ここ数年でみると、H1N1型と香港型は交互に流行しており、2種同時流行は起きにくいと考えられていました。
 昨年は典型的な流行パターンにならず、結果的に免疫をもつ人が少なくなり、今季の流行になったのではないかと専門家はみています。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:10 | - | - |
小雪舞う寒い一日 日の出バレー時代の友人と
 朝から小雪が舞う厳しい寒さでした。これが本来の気温だそうです。このところ暖かい日が続いていたので、この寒さは応えますね〜
 午前中の振替テニスレッスンでは、練習はきついと有名なコーチで、コーンを2つ置き、コーンを挟んで、八の字に移動して、フォアハンド、バックハンドを入れ替えて打つ練習から始まりました。水曜日の通称[ぐるぐる」と同じです。終わっても呼吸を整えるのに時間がかかるほどハードです。
 午前11時30分に終わり、12時すぎから、日の出バレーボールスポーツ少年団時代の友人3人で「女子会(笑)」。
 以前、バレーボールの友人と会ったのは、1年以上も前のこと…。積もる話もあり、午後4時すぎまで話し込んでいました(笑)
 今日は雨や霙のあいにくのお天気だったので、私が車で送迎し、駐車場がある「さと」でゆったり過ごしました。
 ランチのあとは、別腹(笑)でデザートもたっぷり…。チョコパフェに「さとカフェ」を注文し、お腹いっぱい食べて飲んで、たくさんお喋りもして帰りました(^^♪

| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 21:48 | - | - |
朝ドラ「まんぷく」 チキンラーメン誕生から60年
 朝ドラ「まんぷく」は、チキンラーメン発明に至るお話です。試行錯誤を重ねてインスタントラーメンを作る過程が描かれています。
 そのラーメンが、来週やっと出来上がるようです。出演者の取材の際に、「ラーメンの食べ方を見て下さい」と話していたのを思い出し、よく見ていると、確かに食べ方に特徴があります。
 私は滅多にインスタントラーメンを食べませんが、まんぷくのラーメンを食べる姿を見るうち、ふとラーメンが食べたくなります。最近では、病院で土曜日出勤で食事を頼んでいない時は、決まってラーメンを注文します。
 そして、今日の昼ごはんは、袋入りのチキンラーメンを食べてみました。何十年ぶりです(笑)。ラーメンばちにチキンラーメンを入れて、卵とねぎを乗せて熱湯をかけて3分!久々で美味しかったです!
 袋に国産チキン100%スープ、元祖鶏ガラとか日本初の世界食!インスタントメン発明60周年と書かれてあります。
 袋の裏には、カルシウムの278咾筏載があります。栄養面でも気づかっているラーメンだとわかります。
 ラーメンの真ん中部分に窪んだ「たまごポケット」があります。「まんぷく」での食べ方を思い出しながら、真似て食べてみました(笑)

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:53 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS