isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
尼崎市 待機児童が多い自治体 ワースト5位
 認可保育所などへの入所を希望しているのに入れない市区町村の「待機児童」数について、尼崎市は全国ワースト5位。(4月1日現在 待機児童数236人)待機児童は全国的には3年連続で減少している中で不名誉な結果です。
 尼崎市では、大規模マンション建設などで同市園田地区で保育所の需要が増加。これまで、各施設で、定員以上の人数を受け入れる弾力的運用や保育士増員などで対応してきましたが、追いついていないのが現状です。
 尼崎市は、来年4月までに3か所の認可保育所を新設。小規模保育所6か所も新たに設けるなどする計画で、約340人の定員を確保する予定です。

| isako | 尼崎の話題と情報 | 22:38 | - | - |
潮江連協発行 地域情報紙 「潮江いっぽ二歩」 200号達成
 潮江社会福祉連絡協議会が発行している地域情報祖紙「潮江いっぽ二歩」が11月20日をもって200号を達成しました。(毎月1回発行)200号の紙面に尼崎市長からのメッセージが紹介されていました。



〜尼崎市長 稲村和美氏からのメッセージ〜
 地域情報紙「潮江いっぽ二歩」の創刊第200号の発行を心からお慶び申し上げますとともに、潮江地域の皆様方には、様々な地域活動にご尽力いただいておりますことに深く敬意の意を表します。
 貴紙は、長きにわたり地域の皆様方の最も身近な情報源として、またコミュティツールとしての役割を担っていただいており、発行に携わる方々には厚く御礼申し上げます。
 潮江周辺は、近年、関西で住みやすい街として紹介されるなど、新しい住民の転入が多く、今後さらに発展が期待される地域となっており、貴紙の役割は益々重要になるものと期待しております。最後になりましたが、貴紙の今後益々のご発展と皆様方のご健勝をご活躍を祈念いたします。(全文)
 潮江のまちはJR尼崎駅北側に位置し、キューズモールなど買い物の利便性、交通の利便性などから「関西で住みやすい街」として評価を頂いています。大型マンションが次々に建ち人口も増えた地域です。
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:36 | - | - |
コロナ禍行事がない間に 潮江福祉会館コピー室片づけ
 昨日、防災訓練と会長会議のあと単協副会長と二人で倉庫とコピー室の片づけをしました。行事の際などよく手伝ってくれる心強い女性役員です。
 潮江社会福祉連絡協議会の役員の約9割が男性で女性役員は貴重です。細かい片づけは女性ならではのセンスがあると思います(笑)
 文房具を収納しているケースはあるのですが、衣装ケースに色んな文房具を入れているので、急ぐ時に間に合わないとか、使えるのか使えないのかがわからないなどの不便さを感じていました。
 洋間の倉庫からコピー室に文房具を全て移動し、エンピツ、ボールペン、ホッチキス、はさみなど分けて置くようにしました。
 洋間の倉庫も何が入っているのか全て表示し来年以降コロナが終息した際に復活する行事に備えました。
 中々日程が合わずできなかった片づけですが、昨日やっとできました(*^_^*)これで文房具がすぐに使え役立ちそうです。


  
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:24 | - | - |
潮江社会福祉連絡協議会 自主防災訓練・会長会議
 潮江社会福祉連絡協議会では、年に一度自主防災訓練を実施しています。例年では、各福祉協会から出発し、キューズモール2階「緑遊広場」に一時避難・集合していました。
 今年は新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され、各福祉協会からは、会長とと他1人の少人数での訓練と「情報伝達」を主に行いました。
 福祉協会の会長は、自宅で連協会長からの連絡をトランシーバーで受けてからの行動となり、連絡を受けてから「潮江緑遊公園」に向かうという設定です。
 大きな災害時は電話での連絡が遮断されることがあり、トランシーバーを用いての「情報伝達」を行う必要があります。
 緑遊公園に集合してから、耐震性緊急貯水槽の給水訓練を行いました。地震などの災害が起こった際には、自動的にバルブが締り、タンクに水が貯まる仕組みになっています。約100トン貯水可能で、一般浴槽の500杯分もあるそうです。
 倉庫内から用具を持ち出し、緊急給水を始めます。市の職員がいなくても私たちだけでできるように訓練を行っています。
 午前9時〜の自主防災訓練は1時間程度で終了。その後潮江福祉会館で反省会等を行い、11時〜は引き続き会長会議でした。
 


| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:02 | - | - |
利用者さんのお楽しみ 毎日の「オヤツ」にひと工夫
 通いの利用者さんには毎日3時にオヤツを提供しています。ミキサー食や刻み食の高齢者もいることから、柔らかい食べやすいものが多いです。
 ドーナツや和菓子、レモンケーキ、ゼリーやプリンなど、色々と考えますが、一番お好きなオヤツは、ロールケーキですね…(*^_^*)
 夏が過ぎるとゼリーやカルピスから和菓子やコーヒー、紅茶に替わります。「今日のオヤツは何にしようか〜」と考え、ヨーグルトにイチゴシロップをかけ、その上にチョコチップをアレンジしてみました。意外と「美味しい〜」と喜んで頂き安堵です。皆さん、甘いものが大好きです。
 今日は出勤。土曜日は利用者さんが少ないので管理業務が捗りました。来月の勤務表を組みエクセルに入力。今年もあと1カ月ですね〜

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:10 | - | - |
コロナの影響 外出自粛・面会禁止 85%が「認知症進行」
 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、「外出や面会の自粛が、認知症の症状の進行に影響している」と認知症介護指導者の85%が感じていることが、民間団体「認知症介護研究・研修センター」の調査で分かっています。日常的な活動や人との交流が減ったことが悪化の原因とみられています。
 外出・面会自粛が認知症の進行に影響しているかを尋ねたところ、「とても感じる」37%、「少し感じる」48%に上り、合計すると85%が「影響あり」と感じています。



〜認知症の人に表れている影響〜
1.家族と会いたがっている
2.イライラしている
3.外出したがる
4.落ち着かなくなる
5.健康状態の低下
6.食欲の低下
7.昼夜逆転
8.デイサービスを嫌がるようになった
 こうした中、面会の全面禁止ではない方法を模索している施設が多く、38%が「少人数で外出してる」、45%が「三密を避けて面会するようにしている」と回答しています。
 当施設は「在宅扱い」なので面会は禁止していますが、併設している介護付き有料老人ホームでは、面会はご家族2名まで、多くて1週間に1度、マスク着用、体温測定、換気を行うなどの対策を講じています。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:27 | - | - |
読み聞かせた絵本「いない いないばあ」 700万部
 私の子どもに読み聞かせた絵本「いない いないばあ」が11月24日付けの増刷により日本の絵本で始て700万部を超えることがわかりました。
 「いない いないばあ」は、松谷みよ子さん(1926年〜2015年)作の赤ちゃん絵本です。累計発行部数は701万7500部に達するということです。
 この絵本は、1967年に誕生し、当初は幼児向けはあっても乳児向けの絵本はほとんどなかったそうです。私は当時の保育士の先生から勧められ購入し、友人の誕生祝いや孫が産まれた際にも買いました。
 内容はシンプルで、「いないいない…」と猫やクマが顔を隠して、ページをめくると「ばあ」と顔を出す作りです。一見、可愛くはないクマさんですが、赤ちゃんにとっては、顔が代わる瞬間が面白いようです。我が家の息子二人も「ばあ」の場面でよく笑っていました。
 真正面を向いた動物と目が合う構図や、赤ちゃんの目の動きを考えた絵の配置など、細部まで工夫され、「これほど完成度の高い赤ちゃん絵本は類をみない」と絵本評論家の広松由希子さんは語っています。
 子どもが小さいころ、寝る前に絵本を読み聞かせていました。乳児から幼児になった際には、「ノンタン」を読み聞かせていました。懐かしいです。

| isako | 私の時間・ボランティア・テニス | 22:17 | - | - |
コロナ感染再び拡大 医療ひっ迫 会食は短時間で
 秋、冬は再び感染が拡大することを予測していました。その時期は、インフルエンザと同時流行か…とも言われており、12月〜1月の年末年始辺りに第3波が来るのかと思っていました。
 東京500人、大阪も400人などの数字を聞き、市中感染が起こっていることを示唆できますが、ここで対策を講じないと医療が心配になります。
 北海道や大阪でGO‐TOトラベルの見直しが出され、東京都でもGO‐TOイートやお酒を提供する飲食店についても時短要請が出されました。
 マスクを外しての会食と冬場の換気が不十分な状況での感染拡大が懸念されています。食事をすると会話が弾みますからね…。
 私は、3月のコロナ以降、実家に行っても飲食をともにしていません。持病を持っている高齢者なのでとても神経を使いながら接しています。
 今日、テニスを終え、友人と食事をした際は、感染防止策として、ビニール衝立が設置してました。
 政府が推奨している「マスク会食」のイメージとして、➀飲食以外は常時マスク着用 飲食で外す時は端やヒモを持つ あご下にずらしたり片方の耳にかけたりする は辰気鎖べる ッ爾筌劵發鮖って戻す ⓺時折手指を消毒する。 「マスク会食」とはこんなイメージだそうです。新聞にありました。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:51 | - | - |
和歌山パンダ 永明×良浜に10頭目誕生 雄は10年ぶり
 11月〜12月に誕生予定だった、アドベンチャーワールドのジャイアントパンダ「良浜」が22日に雄の赤ちゃんを1頭産みました。体重は157グラム、全長20.5センチで、母子共に元気です。雄の誕生は10年ぶりで、これまで良浜と永明との間に10頭が誕生しています。
 新型コロナウイルスの感染防止にも気を配り、飼育スタッフを2チームに分け、それぞれが接触しないようにしていました。
 また、新型コロナの影響で、中国・四川省にある「パンダ繁殖研究基地」のスタッフは来日できず、パンダの誕生を日本人スタッフだけで対応したのは初めてだったようです。
 雄の永明は、今回の赤ちゃん誕生で、飼育下で自然交配し繁殖に成功した「世界最高年齢の雄パンダ」という自身の記録をさらに更新しました。
 永明、良浜共に若くない年齢になっていますが。ほぼ2年おきに繁殖に成功しているのは、2頭の相性の良さに加え、普段の飼育管理のようです。
 永明は、1992年9月14日生まれ、28歳(人間では80歳超)。良浜は、2000年9月6日生まれ、20歳(人間では還暦)です。画像は良浜20歳。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:00 | - | - |
家族いるのに 老老介護 「同居孤独死」 204人も
 一人暮らしの「孤独死」ではなく、家族と同居しているのに発見が遅れる「同居孤独死」が、東京23区と大阪、神戸両市内で204人いたことが、各観察医事務所の取材でわかりました。(東京23区163人、大阪市35人、神戸市6人)。
 同居人が認知症や寝たきり(老老介護)のため、配偶者らの死亡を周囲に伝えられないなどが理由で、高齢化社会の新たな課題となっています。
 また、同居人がいるために、独居が優先され、地域の見守り活動の盲点となっている点も指摘されています。
 同事務所によりますと、大阪市の35人を年齢別にみますと、60歳代が9人、70歳代と80歳代が各8人いました。世帯構成は、2人暮らしが32人、3人暮らしが3人となっています。
 発見されなかった理由は、残された家族が認知症だったためが9人と最も多く、寝たきりが3人、入院していて気づかなかった人も4人おり、その他は家庭内別居などでした。中には夫婦2人暮らしで共に死亡していた事例もありました。
 発見までの期間は4日〜7日が27人で、8日〜1カ月が7人、1カ月超が1人でした。老老介護で寝たきりの妻を介護中の夫が風呂場で発作を起こし溺死した例もあるようです。 

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:34 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS