isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
院内講演会〜MRSAは何が問題なのか…
 院内感染防止対策委員会から「MRSAはなぜ、問題なのか?」と題しての講演がありました。
 MRSAは、日本においては、1980年代から全国に蔓延し、院内感染を起こして来た、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌のことです。
 ブドウ球菌は、約40種類ありますが、人に感染を起こす菌として重要なのは、「黄色ブドウ球菌」と「表皮ブドウ球菌」の2つです。
 黄色ブドウ球菌は、人の皮膚や鼻腔などにも常在し、壁やカーテン、ドアノブなどの病院環境にも多数生存しており、感染症として、皮膚・軟部組織の感染、菌血症、産生毒素による感染症があります。
 それでは、なぜMRSAが問題となるのか…?黄色ブドウ球菌は、緑膿菌と並んで薬剤耐性を獲得しやすい細菌で、1960年イギリス発で、メチシリンをはじめとする多くの抗菌薬に耐性を示す多剤耐性黄色ブドウ球菌が出現したのです。
 日本ではMRSAが蔓延しているために、保菌者全員を隔離して接触感染対策を行っても実際的ではありません。
 さらに、MRSAは黄色ブドウ球菌の病原性をそのまま受け継いでおり、感染すると、強い炎症症状が出現します。
 特に、血中に侵入すると、脳、骨髄、心内膜、深部組織などに膿瘍を作り、治療期間も4〜6週間とかなりしぶとい菌で、ショック症状や多臓器不全を起こして死亡する場合もある菌なのです。



 院内感染対策としては、手から手への感染を予防する事が一番の対策で、手指消毒をいつすれば効果的なのか等、お話がありました。
 これからインフルエンザやノロウイルスが流行る季節ですので、手指消毒を基本に予防して行くことが重要です。
| isako | - | 22:53 | - | - |
診療報酬 医療・介護ダブル改定は「マイナス改定」か…
 今朝の読売新聞に、来年行われる診療報酬改定についての記事がありました。全体でマイナス改定とする方針らしく、マイナス改定となれば、前回に続き2回連続となります。(最終的な引き下げ率は12月中旬の見込み)
 全体をマイナス改定にするのは、高齢化に伴う自然増が約6300億円と見込まれるためで、これを5000億円程度に抑制したい考えです。
 一方で、病院経営は苦しさが増しているようで、厚生労働省の医療経済実態調査によると、国公立を含む一般病院の2016年度の平均収入は、支出の5割以上を占める給与費が伸びたこと等が影響し、1億9707円の赤字で、前年度より赤字幅が拡大しています。



 マイナス改定は医師や薬剤師などの技術料にあたる「本体」部分は微増とし、医薬品などの価格である「薬価」部分などを大幅引き下げ、差引でマイナスにする方向で調整中だということです。(読売新聞から)
| isako | - | 23:10 | - | - |
昨夕から 自宅片づけ模様替え 懐かしい品々も…
 自宅マンションの模様替えをしています。長男のサッカーや野球のユニフォームが入ったタンスが離れた洋間にあったので同じ部屋に移動したのです。ベッドがなくなった分スペースが空き、ピッタリ収まりました。
 タンスがあった洋間もスペースが空いたので、テレビ台を移動しました。テレビが真ん中の位置になったことで、ソファーに座った位置からは、右斜め⇒真っ直ぐの位置から見えるようになりました。
 タンスの上にあった本を整理し、本棚も処分することに…。以前読んだ小説や料理の本、医学書、看護学‥等、多くありますが、処分することにしました。来週の廃品回収を目指して、せっせと処分中です(*^_^*)





 多くの書類を整理していると懐かしい品々が出て来ます。旅行のパンフレットや小冊子‥等。看護学校の教科書、赤線が引いていたり、色々と書き込んだりしていました。よく勉強しました!(笑)。字が小さく、こんな小さな字が読めてたのだと思うと複雑な気分です(*_*;
 大型ごみの申し込みは済んだし、新たなテレビ台は11月末ごろ届く予定です。12月に入ると何かと多忙になるので、お掃除は早めに…ですね(^^♪
| isako | - | 22:10 | - | - |
地域包括ケア病棟 1年間で約400病院が移行
 地域包括ケア病棟は、2014年の診療報酬改定で新設された病棟で、高齢社会である現代の ニーズに応える医療施設です。
 急性期の治療後、回復に不安のある患者さんを受け入れ、自宅や施設で暮らせるまでの橋渡しを行うものです。
 病院の施設基準の算定状況は、7対1入院基本料の減少傾向が続く一方で、地域包括ケア病棟に移行する病院が、1年間に約400病院増加。
 個々の病院が届け出た「地域包括ケアの病床数」は、「10床未満」が最も多く153件、次いで「10−19床」が120件、「20−29床」が79件、「30−39床」が63件、「40−49床」が61件と続きます。
 病床数が公開されている523病院のうち、地域包括ケアへの移行を30床以下にとどめている病院が67%を占めていますが、GHCでは、「14年9月以前に亜急性期入院医療管理料を算定していた病院にとっては、病床単位での移行が最も現実的だったためではないか」とみています。
 
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:15 | - | - |
39年の歴史 「塚口さんさんタウン3番館」が閉店
 私が学生時代によく買い物に行った、阪急塚口駅南側にあるさんさんタウン3番館が15日に閉店しました。
 映画館もあり、ファッションからグルメまで何でもそろい、子ども連れでも楽しめましたが、JR尼崎駅前に大型商業施設ができてからは、行くことも随分減りました。思い出の場所がまたひとつ姿を変えます。



 年内には解体工事が開始され、(並行して1番館も工事)跡地には地上16階建てで、地下1階〜地上2階は商業施設、3階より上は387戸の大型複合マンション「(仮称)プラウドシティ阪急塚口」の建設が計画されています。
 3番館の閉店に伴い11月初旬に1番館2〜3階に食料品、日用品売り場「IEON FOOD STYLE by ダイエー」が移転新装オープンします。
 塚口さんさんタウン3番館の閉館は、老朽化(耐震強度不足)と売り上げが低迷したのが原因ですが、さんさんタウン自体は存続します。
| isako | 尼崎の話題と情報 | 18:20 | - | - |
みんなの健康教室〜変形股関節症「筋トレ」紹介
 変形性股関節症は、長年の使用や繰り返される負担やけがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。女性や肥満の人に比較的多く、年齢とともに多くなる病気です。
 変形が進行するにつれて動きが制限され、正座や膝を伸ばすことができなくなり、痛みや歩行障害も加わり、徐々に日常生活が制限されてきます。
 変形性膝関節症は、「肥満」「老化」「筋力低下」が原因と言われ「運動をしましょう」「痩せましょう」と指導されるケースが多くあります。
 今日の講演では、理学療法士から、自宅でできる「筋トレ」方法を紹介。大腿四頭筋の筋力増強の筋トレや腸腰筋(股関節前面)のストレッチ方など、実践をしながらの講演でした。
 

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:39 | - | - |
初期消火の大切さ 夜間を想定した自衛消防訓練
 今年2回目の自衛消防訓練を行いました。今回は、「療養病棟で夜間、給湯器辺りから出火した…」との想定で行われました。
 全て夜間病棟で勤務する看護師らで避難誘導を行い、夜間の看護師責任者(管理当直者)が「救護長」となって訓練をしました。
 夜間は人手も少なく大きな火災になる前に「初期消火」を迅速に行うことが求められます。屋外で、消火器を使っての消火訓練も行い、初期消火の大切さを認識しました。





 今日は風が冷たく土曜日の雨にあと真冬並みの寒気が流れ込む予報です。10月の気温から一気に12月の気温になり、体がついて行けない((+_+))
 空気も乾燥気味で、インフルエンザの流行が始まりそうですね…。私は11月下旬に予防接種をする予定にしています。手洗い励行!
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:52 | - | - |
安全衛生研究会 特別講演「メンタル不調者への対応」
 周辺企業とつくる当院安全衛生研究会、総会と特別講演が、大阪新阪急ホテルで行われ、私は特別講演から参加しました。特別講演16時〜17時。
 特別講演は、大阪市立大学大学院医学研究所 神経精神医学講師の出口裕彦先生で、演題は、「メンタル不調者への対応 復職支援を中心に」です。
 講演内容は、1.事例提示と考察 2.職場復帰支援の5つのステップと大阪の現状(復帰対応)についてでした。
 職場におけるストレスチェック制度から2年が経過し、メンタル不調者へのマニュアル(手引き)がない企業が多く、まずは、ルール作りが必要だと話していました。
 しかし、企業内で、メンタル不調者への対応は実際は難しい面があり、出口先生に相談することが良いと感じました。
 出口先生は、大阪産業保健総合センターでも勤務されていますので、困った際には相談が可能です。(天満橋エル大阪)





 講演終了後の懇親会で、出口先生(写真)とお話をし適応障害や発達障害のスタッフへの対応についてご意見をお聞きしました。
 大阪府看護部長会の研修においても、発達障害のスタッフへの対応についての内容があり、希望者多数で多くの会員が参加できなかったようで、大阪府内の看護部長間でも課題の一つと捉えているようです。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:18 | - | - |
ビンゴ―で盛り上がり 翌日琵琶湖博物館と水族館 
 昨日の旅行に記事の続きですが、10月29日に急遽、鳥羽から琵琶湖に変更となったのですが、当初、琵琶湖で一泊して、翌日は京都へ行き、紅葉と京都水族館などに行く予定としていました。
 懸念されることは、紅葉見物による人と車の混雑…。せっかく琵琶湖に行くのだから、ホテルから近い観光はないものかと考えていました。
 旅行好きの職員に聞きながら、ネット検索で調べたりして、ホテルには温泉や大浴場がないことから、滋賀県に詳しい甥や姪の力もかりながら行程を大雑把に決めたのです。
 当日は、午後2時チェックインだったので、次男親子は京都見物後ホテルに。甥と姪は電車で2時すぎにホテルに。私と母は長男の帰宅を待って、長男の運転でホテルに向かいました。
 夕食を午後7時30分とし、その間に希望者は車で10分とかからない天然温泉に行き、買い物を済ませ19時頃にホテル着。みんな揃って夕食に…。
 夜は、母と私の部屋に集合してビンゴ―ゲームやトランプをして楽しみました。予想以上の盛り上がりに午前2時くらいまで騒いでいました(笑)。孫たちと次男夫婦は少し早めに部屋に戻りました…。
 朝食を各自で摂り、11時のチェックアウトと同時に出発とし、琵琶湖博物館&水族館に向かいました。車で15分ほどの距離にありました(*^_^*)
 約2時間遊んだ後、館内で昼食を食べて近くの道の駅に寄り、午後3時頃に長男と次男の車に分かれて帰路に就く事となりました。













 帰り道、名神高速道路で玉突き事故が2件発生し、先に高速に乗った次男から連絡が入りました。京滋バイパス⇒第二京阪⇒阪神高速で渋滞に巻き込まれる事なく無事に自宅へと戻りました。
 多くの写真からは楽しかった様子が伺えますが、今回の旅行では、みんなが知恵を出し合って、楽しい旅行にすることができました。
 琵琶湖を一望できるホテルから見える朝日がとても美しく、穏やかなお天気で紅葉が映えてきれいでした(^^♪
| isako | 私の時間・趣味・身近なニュース | 23:10 | - | - |
琵琶湖の秋を満喫 甥・姪含めて9人で家族旅行
 昨日から今日にかけ大人7人、子ども2人で家族旅行を楽しみました。長男、次男親子、母、甥と姪の9人です。
 長男が日曜・祝日しか休みが取れず、土曜日の午後からしか動けないので、2時間以内で行けるところを探していました。ところが土・日の上に紅葉時期とハロウイーンの影響もあったようで京都、滋賀、淡路など全て空きなしでした。
 この家族旅行は、日程を先に決め、5ヶ月くらい前から予定していたのですが、宿の確保ができず、少し遠いですが、三重県鳥羽へ行く計画でした。
 行先を決め、ホテルを2つ確保していたのですが、鳥羽は電車で2時間半、車だと3時間くらいかかることからずーと思案中でした。
 その後、10月29日に、駄目もとで「ゆこゆこ」予約センターに電話をかけ、今回の「琵琶湖大津プリンスホテル」で同じタイプ3部屋が確保できたのです。信じられないとてもラッキーでした!
 息子たちの同年代の甥や姪も一緒に参加できたのがとても良かったし、ジャパニーズモダン(和洋室 59.5平米)という部屋で、希望通りの広さだったのでみんなが集まっても快適でした。琵琶湖が一望できる素敵なホテルで大満足!
 







 
琵琶湖をバックに… 美しいはずが、逆光でした!(笑)
| isako | 私の時間・趣味・身近なニュース | 22:00 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS