isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
当 公益財団法人 定例理事会
 当 公益財団法人、理事会が、理事・監事の出席の元開催されました。午後3時30分〜。3月は、2019年予算が主な議題です。
 議題は、2019年度事業計画書(案)、収支予算書(案)に関する件と2019年度資金調達及び設備投資の見込みに関する件です。
 報告事項として、代表理事の職務の執行状況の報告を行いました。2018年度は、療養病棟における診療報酬改定で、「看取り指針」と「データ加算」があり、いずれも届け出、受理されました。
 朝は気温が低めでしたが、昼にかけ気温がグングン上がり、4月上旬並みとなりました。夜になっても気温は下がらず、桜が一気に開花しそうです。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:22 | - | - |
院内講演会〜医療安全「ヒヤリ・ハット」集計結果
 3月の院内講演会は、医療安全委員会より、ヒヤリ・ハット集計結果でした。ヒヤリ・ハットとは、重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例の発見のことです。文字通り、「突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりするもの」です。
 当院では、毎月1回、医療安全委員会において、ヒヤリ・ハット事例の収集と分析を行っています。
 目的は、ヒヤリ・ハットを報告することによって、再発防止に役立てるためで、本人はもちろん、職場の同僚にも注意を喚起することになります。
 そのため、ヒヤリ・ハット報告書を提出する意義は事故を未然に防ぐとこでもあるのです。
 2018年のヒヤリ・ハット報告は、245例で、前年の149を大きく上回っています。この数字を悪く捉えるのではなく、報告書を書くことで、大きな事故が未然に防げるという意識改革になったと捉えることができます。
 多い職種は看護師で、場所は病室とナースステーションです。薬剤など看護師が関わることが多く、10年以上経験がある看護師が多い。
 慣れ・思い込みが一番の原因です。レベルは1と2が多く、レベル3の6例は、高カロリー輸液の滴下速度による低血糖等でした。



〜避けられない人間の基本特性(ヒューマンファクター)〜
1.人は誰でも間違える
2.思い込み、状況に左右される
3.聞きたいことだけ聞こえ、聞いていることしか聞こえない
4.見たいものだけが見え、見えているのもしか見えない
5.記憶には限界があり、注意は維持できない
6.正しい、安全であると思いたいため物語を作る
7.一度正常と判断すると再確認しない
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:40 | - | - |
「運動・睡眠・食事」 うつ病の予防や治療の一環 
 過度なストレスは、心身に大きな変調をもたらし健康に悪影響をもたらし、うつ病を引き起こす原因とされています。
 うつ病の治療は休養が一番とされて来ましたが、海外では、ストレスを軽減・解消できる運動が、うつ病の予防や治療に推奨されています。
 ストレスを跳ね返す生活習慣は、「運動・睡眠・食事」ですが、現代は、運動不足、食の西洋化、ゲーム依存、飽食、夜型生活、ネット漬けになりやすい。うつ病を発症する仕組みは、次のように考えられています。
1.ストレスを受けると、刺激が脳の視床下部に伝わる
2.下垂体を通じて副腎からホルモンを出させる
3.心身を活性化させる物質を増やし、体を守る働きをする
 ⇒ストレスホルモン。
 ストレスが続けば、このホルモンが出っ放しの状態になり、脳内に必要以上にホルモンの濃度が高まる。すると、一転、海馬細胞にダメージを与え、うつ病の引き金になるという仕組みです。
 しかし、ストレスを受けても、うつになる人とならない人がいます。その違いは、「運動・睡眠・食事」のバランスが、とれた生活習慣が予防になると考えられています。
 運動は脳を活性化させ、睡眠の質を改善すると指摘しています。運動習慣のある人は、ない人より、うつ病の発症リスクが低いという海外の研究結果があるのです。
 運動と抗うつ薬による治療の改善効果はほぼ同じで、運動を続けると再発率が低いという結果も報告されています。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:10 | - | - |
明日から一週間 春のお彼岸期間
 2019年、春のお彼岸は、明日、3月18日(月)〜24日(日)までの一週間です。21日の春分の日(中日)を挟んで前後3日間がお彼岸期間です。
 ということでいつお墓参りに行こうか悩んでいます。12月の年末にお墓参りに行ったきり、何かと忙しくしている間に3カ月が過ぎてしまいました。
 21日(木・祝)は、午前9時から予定を入れてしまったので、21日の早朝か、土・日のどちらかの早朝かな…。
 さて、今日も大気の状態が不安定でした。朝からザーと雨が降り、全国的に雪や霙が降ったりと真冬並みの寒気が流れ込んだのが原因らしいです。
 とっても寒かったです!「寒さ、暑さも彼岸まで」とよく言われますが、お彼岸が過ぎるまで春本番とは行かないようですね。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:02 | - | - |
尼崎市立潮(うしお)小学校 「還暦同窓会」
 JR尼崎駅から北へ徒歩10分もかからない位置に尼崎市立潮小学校があります。駅前マンション開発により人口が増え、現在校舎を増築中です。
 私が卒業した年は1971年…。今の校舎の前に、木造の校舎があった時代で、卒業当時の6年生生徒数は、1組45人、2組43人でした。
 今年は節目の年ということで、「還暦同窓会」となりました。幹事さんの呼びかけに集まった人数は17人。
 当時、6年生の担任の先生はすでにお亡くなりになっていますが、6年間のうちでお世話になった先生が来て下さいました。お元気そうで何よりです。
 同級生の中には、お亡くなりになっている人もおり、冒頭、黙とうをし、ご冥福を祈りました。
 開催場所は、ホテルヴィスキオ尼崎で、14時〜17時まで1次会、17時〜19時まで2次会があり、どちらも参加させて頂きました。
 色々と思い出話があるのですが、1970年に開催された万博の話がでました。当時は小学5年生で、長い列を体操服姿で並んだ記憶があります。
 今日集まった人は、「潮小学校」のグループLINEでつながることになり、今後の連絡はLINEを通じて行うことになりました。
 一人ずつこれまでの出来事や現況などを話し、5時間という時間を感じさせず、楽しく過ごすことができました。次回の幹事さんと、開催日時を2020年5月30日土曜日、12時からと決めました(*^_^*)
 


| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 22:51 | - | - |
極上の癒しを追求〜湯元館のヒーリングルーム
 滋賀県大津市にある、温泉宿「湯元館」に母と2人で行って来ました。タイトルにある、極上の癒しを求めて…(笑)。
 ヒーリングとは「癒し」のことで、他の部屋にない工夫がされているようです。たとえば、マイナスイオン加湿器、ルームシアター無料、ミネラルウオーターサービス、低反発素材ベッドと枕など。
 湯元館は今回で2回目です。前回、平成27年8月に初めて行き、その際は、ジャパニーズモダンという和洋室に泊まりました。
 昨年は、大阪北部地震や相次ぐ大型台風到来など、天候が不安定もあって、母との旅行の機会がありませんでした。
 私自身、まだ現役ですので、拘束時間が長く、一泊できる日が限られてしまうので、会議がない日を見て、先月から予約をしていました。
 当初は、有馬温泉にしようかと考えていたのですが、希望の宿が、耐震工事中とあって、湯元館にしました。



 この宿には、お風呂が7種類あって、前回は、3つしか入れず、残りのお風呂に入るのも目的でした。
 このお部屋は、「1日1室限り」で、中々予約が取れないそうですが、運が良かったのか、すんなり予約することができました。
 部屋「白楽(さらく)」を紹介しますと、広さは、44平米、ツインベッド+リビング、バスルーム+シャワーブース、ベッド幅120僉
 ドリップコーヒー、紅茶や煎茶、洋菓子、ミネラルウオーターサービス、可愛い癒し系の茶器等。
 そして、バスルームは床暖房で冷たさを感じさせない工夫がされていました。お食事は、数か月前に新たに作られた、ご馳走処「楽浪(さざなみ)」で、2時間かけて、ゆっくりお料理が出て来ます。
 ご飯は、土鍋で一つ一つ焚いています。近江牛がとっても美味しかったです。朝食も一品ごとにひと工夫があり、大満足です。
 そして、お風呂は、お肌すべすべの温泉で、11階、琵琶湖を一望できる露天風呂、8階に眺望大浴場、5階に幻想的な露天風呂、2階は、回遊大浴場で、内風呂、スチーム風呂、サウナ、足ふみ(足湯)などもあります。他に、時間制の貸切露天風呂2種類もあります。湯疲れしそう〜(笑)
 宿泊当日は、14日ホワイトデイだったので、特別企画で、フルートの演奏がありました。たっぷり癒された時間でした。





| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 22:08 | - | - |
ホワイトディ 野菜たっぷり「MOMOFUKU NOODLE」
 今日はお休みで、朝、テニスに行って来ました。看護学校時代の恩師に久々にお会いしました。さて、昨日、当院の職員から、バレンタインデイのお返しに「MOMOFUKU NOODLE」を頂きました。
 朝ドラ「まんぷく」で注目されているカップヌードルです。大きな紙袋に「MOMOFUKU NOODLE」の文字。これは何だ…?と興味津々の私(笑)。
 ネットで調べてみると、日清食品は2018年10月3日、阪急うめだ本店の地下1階食品売場に、野菜たっぷりをコンセプトとしたプレミアムなカップヌードルを自分好みにオーダーメイドできる「MOMOFUKU NOODLE」をオープン。
 日清食品の創業者・安藤 百福は、1958年に世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を、1971年には世界初のカップ麺「カップヌードル」を発明した人で、朝ドラ「萬平さん」のモデル。
 「MOMOFUKU NOODLE」は、全粒粉と食物繊維入りの麺に、野菜の旨みたっぷりのスムージースープ3種類から1つと、コロコロかわいい野菜具材「ヤサイコロ」10種類から4つを、自分の好みで組み合わせることができる、オーダーメイドタイプのカップヌードル。組み合わせは、2145通り。
 化学調味料を使用せず、ナチュラルな野菜の味わいにこだわり、麺は、全粒粉と食物繊維入りのノンフライ麺で、平打ちウェーブタイプを採用。
 スープは、ほうれん草とブロッコリーのグリーンスムージースープ、トマトと赤パプリカのイタリアンレッドスムージースープ、にんじんとココナッツミルクのエスニックカレーイエロースムージースープから選べます。
 私は、インスタントラーメンは買い置きしないのですが、朝ドラを見てから、チキンラーメンの袋入り、カップラーメンを買い置きしています。
 インスタントラーメンが身体に悪いものと思い、敬遠していたのですが、選べば、そんなことはないと考えが替わりつつあります(*^_^*)



| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 13:10 | - | - |
阪神梅田から8分! 尼崎城完成 3月29日一般公開へ
 尼崎城が3月29日(金)午前11時〜一般公開されます。尼崎城は、エディオンの創業者(安保氏)が10億円以上の建設費を負担して建設し、完成後の2018年11月30日に尼崎市へ寄贈されました。
 天守閣はすでに完成しており、2019年3月29日10時から一般公開されます。場所は、阪神尼崎から徒歩5分の距離にあり、阪神梅田駅からは電車で8分という近さです。尼崎城は、4層4階の大天守に、2層櫓の多聞櫓小天守が付属する複合天守という形式。高さ24m、鉄筋コンクリート造で、延床面積は、約1,400平米。
 記念イベントとして、3月29日(金)・30日(土)・31日(日)の3日間、午前11時〜午後3時30分開催予定です。
 入場料は、小・中・高校生が250円、一般は500円で、尼崎市では、初年度22万人、2年以降は15万人の入場を見込んでいます。



 尼崎城は、兵庫県尼崎市にあった日本の城である。江戸時代初期に築城された平城。 安土桃山時代の天正6年(1578年)に荒木村重が織田信長に反旗を翻した際、有岡城から逃げ込んだ先である大物城は尼崎城(尼崎古城)とも呼ばれるが、現在の尼崎城趾とは位置が異なる。
  城主は、築城から廃城まで3氏12代が入れ替わった。戸田氏の後は、青山氏4代、そして正徳元年(1711年)桜井松平家の松平忠喬(ただたか)が4万6千石で入り、以後、桜井松平家の支配が7代と続き幕末を迎えた。
 最後の藩主は松平忠興である。歴代城主については尼崎藩の歴代藩主の一覧に記載がある。
 明治6年(1873年)の廃城令により建物は一部を除き取り壊されたが、明治7年(1874年)、本丸御殿の一部が菩提寺・深正院(市内大物町)の本堂として移築された。この本堂は戦前まで残っていたが、戦災に遭い焼失した。フリー百科事典「ウィキペディア」より一部抜粋。
| isako | 尼崎の話題と情報 | 23:06 | - | - |
小さく産んで大きく育った息子 1週間違いの誕生日
 私の2人の息子は、2人とも2500グラム以下の「低体重児」でした。長男は、2350グラム(10カ月)、次男は、2150グラム(9か月)。
 よく母親が喫煙すると、低体重児の子どもが生まれやすいと言われますが、私は喫煙歴はありません。
 たぶん、妊娠中でもあまり体重が増えず(10カ月間で増えた体重=8キロ)、大きく育たなかったのではないかと推測しています。
 次男は、前置胎盤で、9か月頃に大出血で即日入院し、10カ月に入るのを待って(まる9か月)帝王切開で生まれました。
 今日は、長男の誕生日です。私の誕生日と1週間違いで生まれました。出産の2週間前まで看護師として忙しく働いていたせいか、臍帯が首から手首にかけ巻いており、陣痛が来るたびに心音が不安定になったので、医師がお腹の上から押し出してやっと生まれました。
 小さく産まれましたが、母乳とミルクですくすく育ち、小さく産んで大きく育っています(笑)。
 その息子達も30歳を超え、私自身が歳が行った分、息子達は頼もしく成長し、それぞれの道を歩んでいます(*^_^*)

| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 21:12 | - | - |
多くの課題が残る 東日本大震災から8年
 衝撃的な津波の映像から、8年が過ぎました。東日本大震災の被災地では、今なお復興が進まず、多くの課題が残りました。
 津波被害に遭い、今まであった街の様子がすっかり変わり、復興は少しずつ進んではいるものの「戻りたくない」と答える住民が多くいます。
 住民が増えなければ商店も流行らない、学校や病院など生活に欠かせないものが作れない…。そして、未だ廃炉にできない福島第一原子力発電所…。
 昨年、2号機に関する放射線量が公表されました。核燃料が入っていた圧力容器の真下で1時間あたり7〜8シーベルトという高い値だったそうで、この値は、人間が数十秒で死んでしまうレベルだそうです。
 溶融燃料(デブリ)を取り出そうと調査をしたところ、格納容器の下に落ち、固まったデブリを取り出すには非常に困難を要すると、昨日の報道で伝えていました。
 専門家は、「格納容器内部へ行けば放射線量が高いのは当然で、横に行けば数秒で死ぬ。火力発電の火の上に30秒いれば死ぬのと同じ」と話しています。今後、どのようにしてデブリを取り出すのか…。大きな課題です。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:39 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS