isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
6月から見直し 過度な返礼品 ふるさと納税の趣旨を逸脱
 過度な返礼品で問題になっている件で、国は3月に地方税法を改正。来月、6月から返礼品を寄附額の6割以下の地場産品とするなどの基準を守る自治体のみを総務大臣が指定し、現行の制度でふるさと納税が受けられることになりました。
 以前から問題視されていた、大坂・泉佐野市をはじめ、インターネット通販大手アマゾンのギフト券を贈って多額の寄附金を集めた静岡県小山町等、4つの自治体が除外となる見通しです。
 私は、つい2年ほど前から、ふるさと納税を利用しています。画像は、先日、寄附した返礼品です。
 そもそも「ふるさと納税制度」とはどのような制度なのか…?仕組みは、都道府県または、市町村へ寄附を行う事で、確定申告など、一定の手続きをすれば、寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除される事を言います。
 納税という名前がついていますが、実際には、お金を納めるのではなく、寄附金扱いになります。寄附金使用目的等を見て、応援したい自治体を自由に選ぶことができます。➀寄附⇒⇔亮書をもらう⇒申告⇒そ蠧誓任還付⇒ソ嗣雲任控除される。
 寄附のお礼(返礼品)として、自治体の特産物などを受け取ることができますが、特産物ではない返礼品だったり、ふるさと納税の趣旨を逸脱するような高価な品物だったりする自治体があったため、今回、地方税の見直しとなったわけです。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:51 | - | - |
子どもの日 少子化・鯉のぼりが減った理由は…
 5月5日、子供の日、我が家では毎年のごとく兜を飾り、子どもや孫たちの成長と健康を祈ります。



 端午の節句には、青空に泳ぐ鯉のぼりがよく見られました。しかし、最近では、鯉のぼりを自宅で飾る方が少なくなりました。
 なぜ、鯉のぼりが減ったのでしょうか…。理由の一つに、自宅で飾ると、維持や管理等、手間が大変という点です。
 支柱を立てるのも大変で、維持するのも大変で危険もあります。外に出したり、天候が悪くなると急遽、室内に入れないと消耗する等の理由です。
 もう一つは、目立つことを避けるためだそうです。子どもがいることを知られてしまうため自粛したり、見栄の張り合いで高く大きな鯉のぼりで競うという点から、鯉のぼり飾ることを禁止した町もあるという信じがたい話もあるようです。
 我が家では、息子が2人だったので、ベランダには鯉のぼり、室内には兜を飾って端午の節句を祝って来ました。
 鯉のぼりが減った理由は、時代の流れによって変化して行ったのだと知りました。今では、川や池、公園で連ねて泳ぐ鯉のぼりをよく見かけるようになり、その理由も改めてわかりました。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:41 | - | - |
令和元年 新天皇陛下ご即位に希望と喜び  
 令和元年の始まりです。天皇陛下(第125代、明仁さま)の昨日の退位に伴い、新たに皇太子徳仁親王殿下が、本日(5月1日)午前0時、第126代天皇に即位されました。



 退位は、皇室典範特例法の規定によるもので、天皇の退位は、202年ぶりで憲政史上初めてのことです。平成に改元された30年前は、昭和天皇の崩御によるもので、喪に服さなければならず、当然のことながら今回のようなお祝いムードではありませんでした。
 202年ぶりということで、新元号に合わせ、結婚式をあげたり、婚姻届けを提出したり、カウントダウンをしたりと年始のような雰囲気でした。
 昨日は、民間から初めて皇室に嫁がれた上皇后さまのこれまでの苦労などがドラマ化して紹介されていました。
 また、今日は、新天皇陛下と新皇后さまのこれまでの軌道などがテレビで放映されました。
 平成時代は、災害が多かった30年間でした。新しい時代の始まりとともに、希望と喜びに満ちあふれた一日でした。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 21:46 | - | - |
平成から令和へ新時代 平成時代を振り返る
 あと1時間あまりで、時代は「平成」から「令和」へと変わります。特集番組を見ながら、私の「平成時代」の30年間を振り返っていました。
 大きな節目が幾度かあった30年間で、中でも35歳と34歳になる二人の息子が成長し、それぞれの道を歩み、独立したことと孫の誕生。
 そして祖父母や父の死去、阪神淡路大震災の悲しい出来事も。また、自治会活動は、15年以上も長きにわたり活動し、当マンション敷地買収問題も平成の時代に解決することになりました。
 テニス、モモが家族になった‥等…。喜怒哀楽がたくさんあった時代でした。幼いころの「夢」だった看護師の仕事も、平成時代に様々な経験とともに成長させて頂きました。
 人生で、たぶん一番輝いていた年代(時代)が「平成」なのだろうと思います。改めて、平成にありがとう…(*^-^*)


平成18年頃から、母との旅行


平成26年から始めたテニス


平成26年に、モモが家族に仲間入り


自治会活動は、平成16年から(潮江ファミリースポーツ祭)


平成13年から、今の職場に(お遊戯会・卒園式)
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:43 | - | - |
JR福知山線脱線事故 現場の慰霊施設で追悼慰霊式
 あれから14年が経ったのか…。事故当初、「トラックが線路で立ち往生した」「車が電車とぶつかった」など、情報が錯綜していました。
 休日だった私が、管理人や住民から聞いた情報で、のちに、事故の概要がわかり、自宅マンションから徒歩で10分もかからない現場に出向いた時には、すでに立ち入ることができなくなっていました。
 乗客106人が死亡し、562人が重軽傷を負った、JR福知山線脱線事故は、知人が住むマンションの壁に電車が激突し、信じられない光景でした。
 自宅マンションの前を、大勢の乗客がJR尼崎駅に向かって歩いて行く様子や、救出活動が夜を徹して行われた現場の灯り。鳴りやまないヘリコプターの音など、今でも忘れることはありません。
 時々、近くを通りかかる際に、建築中だった慰霊施設が完成し、追悼慰霊式を、事故現場に整備した慰霊施設「祈りの杜(もり)」で営まれました。脱線現場での慰霊式の開催は初めてです。
 今日は、朝から夕方まで、マンション上空にヘリコプターが飛んでおり、事故当時を思い出しました。画像は昨年分

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:19 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS