isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
児童虐待増加の一途 保護所定員越えによる弊害
 児童虐待など一時的に預かる「一時保護所」が定員超過に陥るケースが相次いでいます。一時保護所とは、虐待や非行などを理由に、18歳未満の子どもを原則2ヵ月以内で預かる施設のことです。
 大半は児童相談所に併設されていますが、乳幼児を除き、1居室での受け入れは4人まで。1人あたり4.95平方メートル以上の広さが必要で、全国139施設の合計定員は約3100人です。
 今日は、保護司の例会と研修会があり、保護所の話と内容は異なりましたが、虐待についても話がありました。
 虐待などを受けた児童の一時保護の流れは、児童相談所への虐待情報(緊急性が高い場合)→児相が子どもを一時保護(原則2ヵ月以内)→/童気北瓩擦覆せ劼匹癶児童養護施設や里親などへの委託 ➁親元に戻る→一時保護を解除し、自宅などに戻して継続支援となります。
 保護所が満杯では、本来は行うべき保護を見送ったり、保護中の子どもを早めに自宅に戻したりする不適切な対応が起きる恐れもあり、都市部で深刻な課題となっています。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:28 | - | - |
新型肺炎 感染懸念し人が集まるイベントが中止に 
 新型コロナウイルスによる感染が相次ぎ、人が集まるイベント等が中止や変更になっています。
 これまで、クルーズ船や屋形船など人が密集した空間で感染しています。感染経路は、インフルエンザ同様、飛沫感染と接触感染です。
 「飛沫感染」は、感染者のくしゃみや咳のしぶきと一緒に放出したウイルスを第三者が吸い込んで生じる感染。また、「接触感染」とは、感染者が咳やくしゃみのしぶきなどで汚染された手でドアノブや手すり、共有パソコンなどの備品を触ると接触表面にウイルスが付着し、その表面に触れた第三者の手や指を介して、口や鼻の粘膜から感染をいいます。
 厚生労働省は、新型肺炎の受診の目安をホームページで公表しています。”邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く。➁強いだるさや息苦しさがあった場合に、都道府県の「帰国者・接触者相談センター」に電話し受診をする。高齢者や持病がある人は上記の症状➁が2日続けば相談をし、妊婦も早めに相談するように国民に求めています。 
 さらに、感染を広げないように、発熱や風邪症状がある場合は、学校・会社を休み、外出を控え、毎日体温を測定しておくことも求めています。



厚労省の相談窓口電話番号
0120−565653 土・日・祝を含む 午前9時〜午後9時
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:17 | - | - |
新型肺炎 船内で日に日に新たな感染者…
 横浜港で停泊している豪華客船ですが、乗客、乗務員共に依然として船内にとどまったままです。今日、新たに60人以上の感染が確認され、感染者は130人を超えることになります。
 インフルエンザも新たに発症しているとの情報もあり、船内での感染防止対策はどの程度徹底されているのかなど懸念します。
 仮に、病院でインフルエンザが発生したら、まず、患者は隔離し、タミフルなどの抗インフルエンザ薬を投与し治療にあたります。
 ほとんどは外部からの持ち込みなので、同時に面会を制限したり、院内の感染防止に全力を注ぎます。
 船内で感染者が出ているので、感染者との接触を避けるために室外から出ることを禁止したりしています。インフルエンザの場合は、予防薬の投与が可能ですが、治療法、予防法が確立していない新型肺炎に対しては、隔離もですが、船内での感染防止対策を行うべきだと思うのですが…。
 テレビなどの情報からは、夫が感染したことが判明し、消毒薬を要求しても「ない」と断られたと答えていました。汚染されていると考えられる物への消毒や換気などは成されていないようです。
 ナイチンゲールは、クリミア戦争で不衛生な病院を衛生的に保ち感染症の患者を激減させた偉業があります。
 乗客が訴えるような不衛生な環境なら、簡単なことではないでしょうが、いち早く改善させ、二次感染を防ぐべきではないかと個人的に思っています。個人個人ができる感染防止対策があるはずです。
 船内に留めるなら、マスク、アルコールなど可能な限り届け、感染を広げない環境を整え、そして全ての人に検査をしてほしいと切に願います。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:53 | - | - |
おめでとう 羽生選手 男子初「スーパースラム」達成! 
 今日は神社当番でした。小雪舞う寒さでしたが、岡山から来られた母娘の親子(娘さんが誕生日)、福岡から一人で新幹線で訪れた人、神戸から友人2人で来られた人…。皆さん、忍たまファンの方々です(*^_^*)
 外は寒かったですが、当番に入ってから途切れることなく参拝者が来られ、ご朱印担当は久々〜。いい感じでの忙しさでした。
 昨日のお話しで、神仏に参拝する際に、「○○して下さい」と頼む祈りは「請求書の祈り」で、「日々守ってくれてありがとう」と祈れば「領収書の祈り」になると話していたことを思い出しました。お参りする際には、まず御礼を言ってから願い事を言うようにした方が良いそうです。
 当番の間、気になることがありました。フィギアスケートの結果です。「羽生選手、どうだったかな〜」て時々、スマホで確認していました。
 結果は、四大陸初優勝で6冠達成!男子初のスーパースラム達成です。男子は初で、女子では、金妍児(キムヨナ)選手、ザギトワ選手がいます。
 スーパースラムとは、ジュニア2冠とシニア主要4大会の完全制覇のことで、ライバルのネーサン・チェンは、世界ジュニアでの制覇がないので、スーパースラム達成の可能性はないそうです。
 今日のフリーは着氷が乱れたり、転倒したりと完ぺきではありませんでしたが、昨日のショートの出来栄えは最高(世界歴代最高点マーク)でした。 
 それにしてもいつもながらリンクに投げ込まれるプーさんの数すごかったです。羽生選手も自ら拾っていましたね…。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:30 | - | - |
今年一番の最強寒波到来 雪景色に安堵も
 天気予報はよく当たりますね。予報では、昨晩から気温が急速に下がり、今日から明日にかけては、今年一番の最強の寒波が来ると言っていました。
 今朝の部屋の温度は16度くらいで、いつもより2度くらい低めでしたが、ベランダ側から冷たい空気を感じました。
 潮江連協では、日赤小田分会区副分団長合同研修会がありました。徳島県立防災センターの見学でした。参加者は、単協の三役ですので私は行っていませんが、参加した人の話だとほとんど室内でしたが寒かったようです。
 今年は、雪不足が深刻で、本来あるはずの雪がないままイベントを開催した都市もあるようです。寒いのは苦手ですが、雪国では11月には雪が降るそうで、2月にやっと雪が降り積もったのは異例です。
 雪が降るべき時期に降らないのは何となく違和感を感じていました。辺り一面雪化粧の風景…。テレビでの報道ですが、やっと見る風景に安堵したのは私だけでしょうか…。
 
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:53 | - | - |
お見逃しなく 2020お年玉付き年賀はがき 当選
 お年玉付き年賀はがきの当選番号が発表されています。皆さまはもう確認されましたか? 引換期間は、1月20日〜7月20日迄です。
 


〜お年玉賞品 当選番号〜
○特賞 東京2020オリンピックご招待
( 開会式ペアチケット)
B1246組 854381番
B1231組 301532番
(閉会式ペアチケット)
B1230組 894016番
B1231組 668186番
 ※東京2020大会「寄附金付」年賀はがきのみ
○特賞
東京2020オリンピック招待
競技観戦ペアチケット
組下1ケタ3組 457391番
※組番号「B組」の年賀はがきのみ
○1等
選べる電子マネーギフト(31万円分)又は現金30万円
下6ケタ 895123番
○2等
ふるさと小包等
下4ケタ 9406番
○3等
お年玉切手シート
下2ケタ 37番
下2ケタ 67番
下2ケタ 16番
 私と息子、母の分も確認し先日景品と交換して来ました。もう一度確認しようと思っています!(^^)!
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:25 | - | - |
阪神淡路大震災から25年 「震度7」の衝撃
 今から25年前(1995年)1月17日の早朝(午前5時46分)に起きた阪神淡路大震災。あの日は連休の翌日で、小学生だった2人の息子は、少年野球の練習疲れでぐっすり眠っていました。
 まだ、辺りが暗い時間に、突然「ガタガタ」という強い振動があり、気がつけば、六畳にあった桐ダンス(和服のタンス)の切り替えの上部分が息子達の頭の上を一回転して足元に倒れていました。
 幸いにも2人とも無傷でしたが、死者6434人の死因の約8割は、倒壊した家屋や家具の下敷きになった圧死だったと伝えられています。
 当時、六畳と四畳半続きの和室の六畳に息子2人、4畳半に私が寝ており、私が寝ていた四畳半はリビングにつながっていたので、置いてあった食器棚から食器が飛び出してくるのを呆然と見ていたのを思い出します。
 毎年、1月17日が来ると、「もし、タンスが息子の頭を直撃していたら助かっていなかっただろう…」と、あの瞬間を思い出します。
 震災発生時、尼崎市には震度を観測することができず、確かな震度はわかりませんが、おそらく「震度7」だったと思います。
 地震があまりないと思われていた地域で起きた「震度7」は衝撃でした。建物の被害も凄まじく、県内での家屋の全半壊は約24万棟。阪神高速神戸線は東灘区で635メートルにわたって横倒しになり、伊丹市の阪急伊丹駅は電車もろとも崩落しました。阪急伊丹駅を利用していたスタッフ1人が通勤できず、数日間一緒に住んでいたのですが、私達も心強かったです。
 震度7を観測した地域は、淡路島(北淡町、津名町、一宮町)、神戸市(須磨区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区)、芦屋市、宝塚市、西宮市となっています。
 当時の計機器では、震度6を上回る揺れは計測できず、気象庁が現地調査を実施し、初めて震度7だったことが確認されています。
 淡路島北部の野島断層の岩盤が水平方向にずれ動き、破壊を引き起こす「横ずれ断層型」で、マグネチュードは7.3と記録されています。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:28 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS