isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
浅田真央さん引退 喜びと苦悩のスケート人生か… 
 現役引退から一夜明けて、日本中がその話題で持ちきりでした。5歳から始めたフィギアスケートで、バンクーバー五輪の銀メダリスト。しかし、その道のりは決して平たんなものではありませんでした。
 夜、緊急スペシャルとして、真央さんのスケート人生の特集番組をしていました。真央さんは、小学生の頃から、軽々と3回転ジャンプを跳ぶ天才少女として知られ、2005年、15歳でグランプリファイナルに出場し優勝。
 翌年のトリノ五輪は年齢制限で出場できず、次のバンクーバー五輪で銀メダルに輝きました。
 しかし、自身の演技に満足しておらず、銀メダルの結果に悔し涙を流し、ソチ五輪で金メダルを目標に日々励みましたがまさかの6位入賞。
 2011年には、二人三脚で共に頑張ってきた、お母さんを亡くし、悲しみを乗り越えての全日本選手権優勝でした。



 真央さんのトリプルアクセルは代名詞となり、「アクセルを成功させなくては…跳ばなくては…」いう強い思いと不安が、見ている私達にも伝わってくるような緊張感がありました。
 常に勝たなくてはいけない…それが勝負の世界です。結果を出してこそ、認められる世界です。もっと楽しく演技してもらいたい、笑顔いっぱい元気な真央さんを見たい…ファンはそう願っていたはずですが、ここ最近では、笑顔と同時に不安そうな表情が印象的でした。
 年齢制限で出られなかったトリノ五輪、高難度のトリプルアクセルを3度も成功させたのに、金妍児選手に負けたバンクーバー五輪。
 「集大成」として全てをかけたソチ五輪ではミスが響き、SPが出遅れ16位。フリーでは素晴らしい演技で挽回はしたものの悔いの残る結果に…。
 「フィギア人生に悔いはない…」そう語る真央さん。喜びも多かったけど、波瀾万丈なスケート人生だっだと思う。「アクセルを成功させなければ…」そんな重圧から解き放してあげたい…。ほんとうにお疲れさま。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:55 | - | - |
フィギアスケート 浅田真央さん 現役引退決意
 フィギアスケートの浅田真央さんが、自身のブログで、現役引退を表明しました。「フィギアスケート人生に悔いなし」。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:39 | - | - |
内村航平 2位と差0.05 体操界初のプロ転向後 10連覇
 体操の内村航平選手…昨年、11月に体操界初のプロ(リンガーハット所属)転向発表後、初めての試合でした。
 東京体育館で4月9日に行われた、体操男子全日本選手権において、3位で迎えた最後の鉄棒で、難度が高い離れ業を次々に成功させ、最後の着地もピタリと決め、14.450をマーク。2位との差をわずか、0.05差で優勝しました。6種目の合計得点は86.350.
 自身の記録を更新する10連覇を達成するとともに、個人総合の国内外の大会の連勝を39に伸ばしました。
 「勝ってしまったので、期待に応え続けないといけない…いや、もう、地獄ですよね…」と答えた内村航平選手。気持ちよ〜くわかります。常に追われるって大変ですよね…



 今回は、【五輪の疲れや腰、肩、足首痛などで当初は体が思うように動かなかった。「体操人生で一番調子が上がらず、どん底のさらに下だった」。新相棒の佐藤寛朗コーチが「そんな時もありますよ」となぐさめてくれた。「すごくいい一言がもらえた。(五輪まで)4年で仕上げるのが自分のリズム。あれで開き直れた」と感謝した。】とネット等で伝えられています。
 怪我のケアもあって万全ではなく練習もじゅうぶんできなかったようです。床では難度を下げて丁寧に演技したそうで、プロ転向初と10連覇というプレッシャーの中、ほんとによくやりました!(^^)!
 内村選手と言えば、派手なパフォーマンスで応援するお母さんが有名です。趣味は、「息子を溺愛すること」とありましたが、世界の内村航平と母親としての距離感って難しそうですね…。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:35 | - | - |
臭いを分解し消臭 犬の尿便・消臭スプレー「二オフ」
 パナソニックは、犬の便や尿のにおいを抑えるスプレーを発売。このスプレーは、分子レベルで分解する消臭剤で、「nioff(ニオフ) FOR DOG TOILET」と言います。。価格は200㎖入りで1,500円(税抜)です。
 犬のトイレまわり向けのプロユース消臭剤で、香りで覆い隠すのではなく、ニオイを分解し消臭するため、ニオイが戻ることもないそうです。
 無臭なため、ニオイに敏感な犬にも気兼ねなく使用でき、犬のトイレまわり、おでかけ時やペット関連施設でニオイに配慮するのに適しています。
 オンラインストア「Panasonic Store」や、JMA(日本メディカルアライアンス)加盟社、ペット専門旅行会社「トラベル・ウィズ・ドッグ」台場直営店などで購入可能です。



 ニオフは、医療・介護施設向けに展開しており、便臭などで困っている場所や人を中心に高く評価されているそうで、今回、ペット向けに発売。排泄物のニオイだけでなくペット臭の除去にも対応します。
 記載した内容を見ると、消臭メカニズムには、ニオイの原因となる分子を分解する「リコンビネーション消臭」技術を採用。
 便臭の主要因である「硫化水素」や、尿臭の主要因「アンモニア」の分子構造を組み替えて、すばやく消臭。さらに、食品添加物にも使われる「無機塩」を新たに配合することで、ペット臭の主要因「ノネナール」も分子レベルで分解し、約30分で76%消臭するとしています。
 消臭に使われる材料は、人と犬にやさしい成分「酸化亜鉛」「界面活性剤」「水」「無機塩」で構成され、外部機関でのさまざまな安全性試験をクリアし、除菌性能も備え、菌によるニオイの発生も抑制する優れもののようです。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:52 | - | - |
4月1日人事異動 午後神社当番 夜は病棟慰労会 
 昨日、今日と2月並みの気温で季節は足踏みしているようですが、今日から4月です。春を楽しむ間もなく、一気に暑くなるのでしょうか…。
 今日は、土曜日ですが、人事異動初出勤となるので、師長・主任達は全員出勤となりました。
 午前中、新入職者と異動した人へのオリエンテーションを行い、月曜日から通常勤務に入ります。





 私も午前中は出勤で、13時〜17時までは潮江素盞嗚神社社務所当番でした。そして、夜は、病棟の慰労会に参加。多忙な中でも楽しい一日でした。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:34 | - | - |
ツバメ・モンシロチョウ 季節を告げる生き物がいない!?
 以前にカタツムリを見なくなったという記事を書きましたが、ツバメやホタル、トノサマガエルなどの姿も見かけなくなりました。
 こうした生き物を観測している生物季節観測では、「廃止」に追い込まれるケースもあるようです。
 「最近、より注意深く見ないと、どこに観測対象の生き物がいるのかわからなくなった」都心の生物季節観測を行っている東京管区気象台の担当者は、そう話しています。



 大手町周辺や皇居に隣接する北の丸公園で、生物の確認に当たっていますが、ほぼ毎年4月に確認できていたツバメは2015年から姿を見せていません。春を告げるウグイスも都心では見かけなくなりました。鳴き声を最後に確認できたのは2000年で、ヒグラシの甲高い鳴き声も2002年以降は聞かれていません。
 東京都心で、観測をやめた種類は、ヒバリ、モズ、トノサマガエル、モンシロチョウ、キアゲハ、ホタルですが、地方でも都会と同じような現象が起きているようです。水戸地方気象台では、ほぼ毎年姿を見せていたトノサマガエルが2004年を最後に確認できていません。
 北海道教育大、生物学の三上教授は、「温暖化の監視にも重要なデータだが、気象台がある地方都市でも、生物が好む田畑は蹴り、生息場所が急速に少なくなっている、季節感も希薄になってしまう」と指摘しています。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:35 | - | - |
タクシー初乗り410円 2週間で3割増
 国土交通省は、東京都23区と武蔵野市、三鷹市の営業区域で、1月末から始まった「初乗り410円」タクシーについて、導入後2週間の利用動向をまとめました。410円で乗ることができる1.052キロ・メートル以内の利用は前年の同時期に比べて28.6%増えました。



 バスや電車を利用できない距離などに便利で、料金の改定が、短距離の「ちょい乗り」利用を促進したものと見られています。
 国交省が、東京都内のタクシー会社19社の運送データをサンプル調査し、今後も定期的に初乗り値下げの影響を検証していくそうです。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:47 | - | - |
高価なくぎ煮 海水温上昇でイカナゴ記録的な不漁
 春になったら美味しい「くぎ煮」を作ろう…そう楽しみにしている人も多いと思います。ところが、今年のイカナゴは記録的な不漁だそうです。
 回復を待つため、兵庫県の播磨灘では1か月早く漁が打ち切られ、伊勢湾も2年続けて禁漁となりました。その影響で、稚魚は早くから店頭から消え、くぎ煮の価格も高騰しています。


 
 例年なら、この時期、稚魚やシンコを買い求めるお客さんでにぎわうはずなのに…。今年は7日の解禁以降、1キロ3500円4000円で例年の2〜3倍の高値のため、22日には入荷が早々にストップしてしまったのです。
 不漁の原因は「海水温の上昇」だそうです。兵庫県水産技術センターの話では、「イカナゴは、冷水を好み、水温が高いと産卵数が減る。播磨灘の場合、エルニーニョ現象などの影響で、昨年の水温は年間を通じ、平年より1.0〜1.5度ほど高かった。元々、イカナゴは漁獲量が乱高下する傾向はあるが、ここ数年は減少が続いており、資源保母に乗り出さないと、さらに減り続ける恐れもある。」と懸念しています。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:29 | - | - |
見えない力感じた… 横綱 稀勢の里 劇的逆転優勝!
 西横綱 稀勢の里が怪我を押して優勝決定戦で見事勝ち、二場所連続優勝を果たしました。稀勢の里は、「見えない力感じた」と話しており、勝利の女神が微笑んだようです。



 新横綱が優勝を果たしたのは、1995年初場所の貴乃花以来22年ぶりとのこと…。優勝から一夜明け、稀勢の里は、「大阪一生の思い出になった。」と改めて喜びを語り、また、「応援が後押しになった。」と語っています。
 NHKで放送された、「千秋楽」の視聴率が関西地区で21.6%を記録。瞬間最高視聴率は午後5時59分の30.0%で、稀勢の里が優勝決定戦で、大関・照ノ富士を破った後の場面でした。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:52 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS