isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今日から6月 人が増えたまち 終息願う花火
 6月に入り、各地で学校や水族館、スポーツクラブなどが再開。大坂など、全国で、終息を願って花火が打ち上げられました。
 今朝の通勤時には、子ども達の登下校を見守る地域のボランティアの人たちの姿もありました。まちの様子が普段通りに戻って来ました。
 マスクをして食毒、手洗い、人との距離をあけるなどの感染防止対策を取りながらの新生活です。



 今、ブログを書いている途中に、消防車と救急車の音がして、マンション上階から見ると、徒歩5分程度のウエルシアのあたりに消防車と救急車が数台止まっています。火事にしては煙は見えず、事件?事故?なんだろう〜??
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 23:15 | - | - |
王子動物園1日〜再開 中国返還が決定 パンダ「タンタン」
 新型コロナウイルスの影響で休園中の神戸市立王子動物園は、6月1日に再開しますが、中国への返還が決まった、ジャイアントパンダの「タンタン」(ネス24歳)は、観覧時間を限定します。
 応募の際、午前9時〜正午、正午〜午後3時、午後3時〜午後5時のいずれかを選択します。
 入れ替え制でタンタンの観覧時間は数分になる見込みです。応募は、同園ホームページまたは、はがきで。問い合わせは、同園電話(078・861・5624)。



〜ジャイアントパンダ「タンタン」高齢を考慮し返還〜
 神戸市立王子動物園に2000年7月16日に日中共同飼育繁殖研究のため来園したジャイアントパンダの「旦旦(タンタン、メス24歳)」は、中国野生動物保護協会との協定に基づき、中国へ返還することになりました。
 同園で一番人気の「タンタン」は、震災後の神戸を元気づけるため中国からやってきて、約20年の間、多くの市民に愛されてきました。
 この度、多くの仲間たちが住んでいる生まれ故郷の中国の四川省に帰ることになりました。繁殖を願い中国から来日しましたが、人工授精の失敗や赤ちゃんが死ぬなど不運続きでした。(以下)

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:50 | - | - |
新しい生活のスタート 懸念される感染拡大「第2波」
 大阪府、京都府、兵庫県に緊急事態宣言が解除されました。安堵と同時に心配されることは人が活動することで懸念される感染拡大の第2波。
 今回の新型コロナの感染症は、100年に1度と言われるパンデミックです。100年前の1918年〜1920年にかけパンデミックが起きました。スペイン風邪(スペインインフルエンザ)です。
 第一次世界大戦時に、中立国であったため情報統制がされていなかったスペインでの流行が大きく報じられたことに由来。スペインが発生源ではありません。世界中で5億人が感染したとされ、当時の世界人口の4分の1だったそうです。
 日本における被害は、合計2380万人が罹患し、死者は38万人、致死率1.63%でした。記録によりますと、スペインかぜによる死者数の99%は65歳未満であり、ほぼ半数が20歳から40歳の間でした。65歳未満の死亡率は65歳以上の6倍。
 当時の若年成人の死亡率の高さについては、スペインかぜのウイルスが引き起こすサイトカイン放出症候群が若年成人の強い免疫システムを破壊することが原因の一説として挙げられています。
 新型コロナの場合は、8割が軽症とされ、若年者の死亡の原因として、同じくサイトカイン放出症候群ではないかと言われています。
 第1波より第2波の方が毒性が強くなる?感染者や死者数も多いのでは?等、警戒しながらの緊急事態宣言解除です。感染防止策をしながらの新しい生活がスタートします。

 
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:59 | - | - |
大坂、兵庫など緊急事態宣言解除に向け調整か…
 新型コロナウイルスの感染者が減少傾向となっている大坂、兵庫など、緊急事態宣言解除に向け調整中のようです。
 デパートやお店など徐々に営業をし始め、感染防止対策をしながらの新たな生活がスタートします。
 マスク着用に体温測定など、人と人との接触を避け、「密」にならないように工夫しなければなりません。
 今後、益々マスクは必需品となります。ご当地マスクも登場し、手づくりマスクも多く作られるようになりました。夏用マスクも販売されています。
 マスクで人の表情がわかりずらいこともあり、、顔の表情がわかる透明素材のマスクがあればいいのに(笑)…と思います。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:08 | - | - |
四国で「震度4」 南海トラフ地震の危険性は…?
 本日、20時38分頃地震がありました。震源地は紀伊水道で、これまで時々震度1〜3程度の地震が発生しています。
 南海トラフ地震との関連はないのか…?気になるところです。気象庁地震火山部が5月12日に出した情報によりますと、「第31回南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、第409回地震防災対策強化地域判定会で、南海トラフ周辺の地殻活動を評価しました。現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。」との内容です。
 南海トラフ沿いの大規模地震(M8からM9クラス)は、「平常時」においても今後30年以内に発生する確率が70〜80%であり、昭和東南海地震・昭和南海地震の発生から既に70年以上が経過していることから切迫性の高い状態です。
 情報では、4月17日から4月27日に四国東部で、プレート境界付近を震源とする深部低周波地震(微動)現象がありました。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:30 | - | - |
子どもの日 減り続ける日本の子どもの数 39年連続減
 今日は子どもの日。新型コロナの影響で、遊園地や動物園など休園しており、家族で遊ぶ姿も見られず閑散としています。
 総務省が調査した結果、15歳未満の子どもの数は、例年より20万人少ない1512万人で、39年連続の減少です。
 総人口(1億2596万人)に占める割合は0.1ポイント減の12.0%で46年連続で低下しています。(男子774万人、女子738万人)
 しかし、東京都だけは前年比で増加。総数155万人で3000人増となっています。人口に占める割合が最も多いのは沖縄の16.9%。続いて、滋賀(13.8%)、佐賀(13.5%)となっています。



 さて、次に子どもの日に食べる「ちまき」と「柏餅」の話です。関東では「柏餅」、関西では「ちまき」だそうです。両方とも端午の節句の縁起物として、それぞれの地域で子どもの日に食べられています。
 ちまきは平安時代に中国から伝わり、江戸時代以降、関東では柏餅が主流となりました。ちまきを包んだ魔除けの効果のある5色(赤・青・黄・白・黒)の糸は、子どもが無事に成長するための祈りを込めて、鯉のぼりの吹き流しとして使われるようになったそうです。
 ちまきを食べる習慣は、伝統を重んじる上方で長く継承され、現在でも関西においては子どもの日に食べるのはちまきです。
 また、柏餅に使われる柏の葉は、新しい葉が出ないと古い葉が落ちないと言われています。
 そのため、柏は家系が途絶えることがない、子孫繁栄の象徴として重宝され、柏餅が端午の節句の縁起物として供えられて来たという説があります。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 20:48 | - | - |
緊急事態宣言延長 感染者数減少もあと一息
 予測通り、緊急事態宣言が延長されました。全国もそのまま。感染者が新たに出ていない地域も含めて自粛を継続することになります。
 全国の感染者数は、ピーク時の3分の1程度まで減少しているものの、入院〜退院までの間、2〜3週間かかることから未だ医療現場はひっ迫しているといったことが理由のようです。
 感染者数が減少し、PCR検査体制、医療体制が充足したら一定の緩和が成されるという話もあります。経済もこのままでは落ち込む一方です。 
 経済、学校教育などを考えると、自粛を長く続けるわけには行かず、コロナとは長い付き合いになるようです。そこで政府は、「新しい生活様式」の提言をしています。(以下)
〜専門家会議提言案のポイント〜
・帰省や旅行は控えめに
・発症時に備え、誰とどこで会ったかをメモする
・手洗いや換気をこまめに
・買い物は通販も利用
・食事では横並びに座る
・冠婚葬祭での多人数の会食は避ける
・仕事で行う会議や名刺交換はオンラインで



 これまでの生活様式とは異なる方法で食事や仕事をしなければならず、生活を守りながら感染拡大を防ぐことに難しさを感じます。
 レムデシビルが新型コロナに対する治療薬として来週には承認される見通しで、アビガンに関しても今月中の承認を目指すようです。緊急事態宣言延長となりましたが、感染者数は減少しておりあと一息…。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:09 | - | - |
読売新聞〜 昭和にタイムスリップ「おばあさんは15歳」 
 読売新聞朝の連載小説を楽しみにしています。「おばあさんは15歳」というタイトルで、平成時代から昭和の時代にタイムスリップした「おばあさん」とその孫(菜緒)の話です。
 平成では「おばあさん」でも昭和の時代では「15歳」です。東京タワーに行った際に「昭和」の時代にタイムスリップしてしまったのです。
 第165話では、昭和から平成に戻る期限は5日と知った菜緒達は悪戦苦闘の結果、191話で何とか現代=平成の時代に戻ることができました。
 東京タワー内にある「ダイヤル」を操作することで、昭和⇔平成に行き来できるようです。昭和にタイムスリップしたのは偶然でしたが、平成に戻る方法は、友人の「西原君」が教えてくれたのです。
 昭和での日数は5日でしたが、現代に戻ると半日の出来事だったようです。しかし、現代に戻った途端、おばあさんの体調に変化が…。タイムスリップの時差ボケか肉体的疲労のためか具合が悪そうです。
 15歳だったおばあさんがこれから起こる物事を心配して悩んでいるのか…。東京タワーから始まった物語…今後の展開が楽しみです。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:20 | - | - |
バナナの保存と栄養素… ラップに包んで冷蔵保存
 バナナを買って来て、数日で黒い斑点ができ(この頃が食べ頃)その数日後には食べられなくなってしまう恐れがあるバナナ。そんなバナナの保存をどうしていますか?
 私は、黒い斑点ができた時点で、1本ずつラップに包んで冷蔵庫で保存します。 時間の経過ともに外の皮は真っ黒になりますが中は変わっていません。味もそのまま美味しく頂けます。
 バナナは、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富で、低カロリーなのに腹もちの良い果物です。
 美肌効果・貧血予防・むくみ解消・代謝アップ・便秘予防などのビタミンやミネラル、食物繊維がバランスよく含まれているので美容にも嬉しい〜
 バナナの糖質は、体内への吸収が緩やかで腹持ちがとてもよいのが特徴で、糖質制限をする方にも安心です。


| isako | テレビ・新聞等の情報 | 21:10 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS