isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
雨の止み間に 潮江の街の七夕飾りに 早朝笹とり
 今日は大雨の予報で、予定していた七夕飾り用の笹とりは、「レインコートに長靴着用で雨でも行う!」という話でした。
 尼崎市立潮小学校の竹やぶから頂くのですが、「雨が降ったらどうやって持って帰ろうか…」昨日から心配していました。
 ところが、笹を切っている時は雨は止み、終えたらとたんに雨が降り出しました。笹は、会長らがのこぎりで手際よく慣れた手つきで切って行きますよ〜(*^_^*)
 私も大きな笹と小さな笹を当院用に頂きました。今年は小さい笹の分も頂いたので、水揚げが上手く行かないようです。
 玄関横にバケツで氷水を絶やさず、枯れないようにしていますが、昨年と違い、葉が生き生きしていません((+_+)) 笹が多すぎたのかなぁ。
 明日、私の小さな乗用車に乗るかなぁ〜と思いながら、雨が降ったらどうしよう〜‥等、ちゃんと届けるまで心配です。

 
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:21 | - | - |
管理日直(日勤勤務) 夜は潮江なつフェス運営会議
 日勤勤務でした。朝、看護師の一人が勤務に来ると、激しい頭痛に見舞われ、勤務ができない状態でした。
 二日ほど前から体調が勝れなかったようですが、左半分の頭が痛いと言うことで、脳に何か病変がある可能性もあり、頭部CT、脳外科受診の結果、入院等の必要はないという診断でした。快方に向かっています。
 昨晩は、20時頃、夜のテニス中にヘリコプターが飛ぶ音がしたので、「こんな夜にサミットの関係かな〜」と思っていました。今朝の新聞を見ると、ライトアップされた大阪城をバックに記念撮影が行われたようで、それを記事にしようとヘリコプターが飛んでいたようです。
 夜は、潮江なつフェス運営会議がありました。7月6日の模擬店出店説明会を前に、打ち合わせを行ったものです。
 そして、事前準備について、看板設置なども話し合いました。潮江なつフェスは、キューズモール沿い、JR尼崎駅に向かう道路を歩行者天国にする大きなイベントです。画像は平成28年。左にキューズモール。

| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:41 | - | - |
潮江社会福祉連絡協議会 常任理事会(会長会議)
 月に一度の常任理事会(会長会議)でした。理事研修旅行も終わり、主な議題は、8月開催予定の「潮江なつフェス」についてです。
 来月には、模擬店への出店説明会、警備計画にむけ看板などの準備、ご来賓への案内分送付など忙しくなります。
 警備員配置場所を7か所にしぼり、2名ずつ配置する計画と決めました。前半は、民生児童委員、県・少年補導員、防犯グループ。後半は、各福祉協会会長、副会長等にお願いしています。
 また、防犯カメラ設置について、小学校の通学路に1台設置する申請を出しました。そして、どこに防犯カメラが設置されているのか把握することも大切だと話し合われました。
 当面の行事は、7月6日(土)模擬店出店説明会、7月13日(土)社会を明るくする運動、小田地区講演、7月27日(土)潮江夜市があります。

| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 21:29 | - | - |
潮江なつフェス 模擬店、警備、イベント責任者会議
 JR尼崎駅北側を歩行者天国にする「潮江なつフェス」を今年も開催します。日程は、淀川の花火が予定されている10日(土)は避けて、8月11日(日)に予定しています。(雨天時順延)。
 潮江ファミリースポーツ祭、理事研修旅行も無事終え、次の大きな行事は、「潮江なつフェス」です。7月の模擬店説明会に向け、募集方法、出店数、警備計画、イベント責任者が集まり会議を行いました。
 事前予告が必要な項目に関しては、看板を設置。警備担当は「なつフェス」の腕章もつけること等を検討しています。
 どこの組織も高齢化し、人員が不足することも念頭に置き、今年から一部をイベント会社に委ねることにしました。次回、会長会議で詳細を決めることにしています。(画像は昨年分)

| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:15 | - | - |
「潮江(しおえ)」の名前の由来は 地名の「塩」と「江」
 今回、理事研修旅行に参加したメンバーは、潮江社会福祉連絡協議会の常任理事と理事の人たちです。
 潮江社会福祉連絡協議会〈潮江連協)には、13福祉協会が加入し、各福祉協会に、会長、副会長、会計(理事)、書記等の役割があり、常任理事とは各会長と連協顧問、書記を言います。
 私が住む「潮江」は、JR尼崎駅北側の地域を示し、尼崎市中心部のやや東に位置します。ここで、「潮江」の歴史をお話しします。
 Web版尼崎地域史事典の一部を抜粋しますと、海岸地帯に堤防を築いてつくられた猪名荘には、海に関連する地名が多く、同絵図にも条里の坪地名として、塩垂田、大塩田、上塩田、上江田、下江田、入江田、細江田が記されており、この「塩」と「江」の地名が由来とされています。
 史料上の初見は、1250年(建長2)「九条道家処分状」で潮江荘とあり、戦国時代にはしばしば戦乱となりました。
 1889年(明治22)以降は、小田村、1936年(昭和11)以降は、尼崎市の大字となり、1874年(明治7)には、村域の南に沿って官設鉄道が敷設され、南に隣接する長洲村地内には神崎ステーション(現尼崎駅)が開設、西に福知山線が通過しており、これらに囲まれた西部には、1981年(大正7)設立のキリンビール神崎工場をはじめ積水化学、日本スピンドル製造などの立地する工場地帯となっています。
 その後、住居表示により「潮江」となったほか、一部が久々知西町、浜、次屋、下坂部となりました。



 1996年に、尼崎市がキリンビール尼崎工場の跡地を利用した「あまがさき緑遊新都心」基本構想を策定。建設が計画されていた「COCOE(現、キューズモール)」が2009年にオープン。その後、次々に高層マンションが建設され、現在に至っています。
 潮江社会福祉連絡協議会は、いつの時代から活動をしていたかは定かではありませんが、「あまがさき緑遊新都心」開発において、早期に「潮江まちづくり協議会」を立ち上げ、尽力するとともに、自治活動の中心的役割を担っています。
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:37 | - | - |
工場は全国でここだけ! コンペイトウ作りを初体験
 潮江社会福祉連絡協議会理事研修旅行は、池田市を後に資、石切温泉で一泊。翌日の2日目は9時にホテルを出発し、八尾市にある「コンペイトウミュージアム」に向かいました。30分程度で到着です。
 コンペイトウとは、砂糖と下味のついた水分を原料に、表面に凹凸状の突起(角状)をもつ小球形の菓子で、誰もが知っているお菓子です。
 コンペイトウを作っている工場は、全国でここだけで、手間ひまかけて手作業で行っています。
 コンペイトウミュージアムでは、コンペイトウ博士が映像から「コンペイトウ」の歴史や作り方や、なぜ角ができるのか等を説明してくれます。
 説明のあと、コンペイトウ作りを体験をします。ガスを使った大きな窯でじっくりと作り上げるコンペイトウは手間ひまがかかっているのです。私たちが作ったコンペイトウは、香料がサイダー味、色素はみどりを多数決により決めました。一つの窯で一つの色と味しか作れません。
 コンペイトウは、日本のお菓子ではなかったのです。戦国時代(1546年頃)にポルトガルから伝わって来たと言われています。ポルトガル語の「お菓子の総称=コンフェイト」が後に「コンペイトウ」になりました。
 なぜ、星形の角ができるのか…。コンペイトウは型に砂糖を流し込んで固めたものではありません。専用の大きな鉄窯(直径180兔鼎800船哀薀燹砲鮖計回りで1分間に2回ゆっくりと回転させながら、芯になるグラニュー糖に蜜をかけ、混ぜながら作って行きます。
 1日1ミリしか大きくならないコンペイトウは、15ミリの粒を作るのに約2週間、手間ひまかけて作られます。
 角ができる原理は、上から蜜をかけると密が固まって突起に変化し、ぶつかりあって一定の間隔で大きくなり間の小さな角は消えていくのです。
 コンペイトウについて、学び、体験したあとには、「マイコンペイトウ」とコンペイトウ博士から「修了証」を頂くことができます!(^^)!


香料・色がついていないコンペイトウ
2週間かかって、この大きさになります


何度も上から蜜をかけ作り上げていきます


世界に一つしかない「マイコンペイトウ」修了証付!


私達が作りました! 右端に「コンペイトウ博士?(職員さん)」
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 21:44 | - | - |
世界初!誕生の軌道 ここでチキンラーメンは生まれた!
 NHK朝の連続テレビドラマ「まんぷく」は、安藤百福が、世界初のチキンラーメンを発明した経緯とその妻の生涯を題材とした作品でした。
 大阪府池田市のこの地で、チキンラーメンが誕生しました。その偉大な業績を記念して、「安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージアム)」が建てられ、連日多くの人が訪れています。
 入場は無料ですが、予約が必要です。6月7日(金)は、他の団体さんでいっぱいでしたが、何とか予約が取ることができました。
 館内は、安藤百福とインスタントラーメン物語と軌道、カップヌードルドラマシアター、インスタントラーメンにまつわるクイズが次々に出題される、マジカルテーブルなど楽しめる他、私だけのカップヌードル(マイカップヌードル)が作れます。(有料)
 おなじみのカップラーメンの容器に絵や字を書き、スープ(一つ)と具材(4つ)が選べます。何を書こうか…すぐに思いつかず、テニスラケットとボールと書いて見ましたが、絵のセンスがないので、どう見てもラケットには見えません(笑)。
 館内に、「まんぷく」のドラマで登場する、チキンラーメン発明に至った「研究小屋」もほぼ当時のまま再現されていました。
 安藤百福氏は、その業績を評価され、数々の章も受章されており、展示を見ながらその多さにも驚きました。
 チキンラーメンからカップヌードルへ発明が進み、ドラマの中で苦労した容器とカップの下面が空洞になった構造など深く知ることができました。「ここでチキンラーメンは生まれたのだ!」と実感!(^^♪


何を書こうか…


世界で一つしかない「マイカップヌードル」の完成!


偉業を成し得た 安藤百福氏と妻(まんぷく主人公)
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:08 | - | - |
潮江社会福祉連絡協議会 一泊二日理事研修旅行
 潮江社会福祉連絡協議会の理事(各福祉協会=会長・副会長・会計)対象の研修旅行があり、一泊二日で行って来ました。
 今年の研修テーマは「カップヌードルと金平糖(コンペイトウ)作りに挑戦!」と「食」に対する研修でした。
 一日目は、池田市にある、「カップラーメンミュージアム」です。朝ドラ「まんぷく」で有名になった「安藤百福」氏が世界で初めて作ったインスタントラーメンの歴史について学びました。
 今では、世界の年間消費量1001億食とまでなった「インスタントラーメン」が完成するまでの過程や百福氏の家族などを知り、また、世界に一つしかない「マイカップラーメン」を作りました。
 二日目は、八尾市にある「コンペイトウミュージアム」に行きました。コンペイトウの工場は、全国に八尾市、堺市、福岡市の3か所しかなく、中でも工場があるのは、八尾市のみだそうです。
 コンペイトウについて、歴史、作り方などを学び、私達の手でコンペイトウを作りました。工場も見学させて頂き、貴重な体験をしました。
 石切温泉に一泊。お料理も温泉も満足でした。昨日と今日だけ「雨予報」で、大雨との情報もあったのですが、カップヌードルミュージアムの行き来のみ少し雨が降ったくらいでした。
 帰宅し、夜は、昨日のテニス振り替えレッスンもしたので、今日はもう寝ることにします。明日以降、追記して行きます(*^_^*)

| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:42 | - | - |
尼崎市立潮小3年生 潮江素盞嗚神社で社会学習
 地元、尼崎市立潮小学校3年生約80名が地域の神社・お祭りについて社会学習に、午前9時〜10時迄、潮江素盞嗚神社に訪れました。
 学校から頂いた、学習の目的(指導要綱)をもとに、「秋祭り」についてお話ししました。
 地域に伝わる祭り行事について調べるという主旨で、いつ行われているか?いつから行われているのか?祭りはどんなことをするのか?どんな人たちが祭りを行っているのか?祭りにこめられた人々の願いとは?祭りを支えている人は?等をお話しし、生徒から様々な質問がありました。
 約30分、一つ、一つ質問に答えて行きましたが、「小さな石が引き詰めてあるが何故か?」という質問もあり、後日先生に伝えることにしました。
 その後、実際の神輿を見たり触れたり、拝殿の中を見学したりして、1時間程度で終了しました。
 以前、潮小6年生に「潮江緑遊公園の成り立ち」というタイトルで学校の教室でお話しをしたことがありました。
 今回は、3年生ということで、どんな質問か来るのか、ドキドキしながら構えていましたが、一緒に考えながら、楽しい時間を過ごしました。今回の学習を機に、秋祭りにより興味を持って参加して頂ければと思います。
 






〜「小さな石=玉砂利」の意味〜
 神社に敷かれている砂利は『玉砂利』と呼ばれる丸い小石です。言葉の意味や響きでみてみると、玉砂利の『玉』とは『たましい(魂)』『みたま(御霊)』という意味。『美しい』『大切なもの』という意味も合わせて持っています。
 また『砂利』は当て字で、本来『じゃり』は細かい石という意味の『さざれ(細石)』からきています。君が代にでてくるさざれ石のこと。
 そうした言葉や意味などを踏まえて、神聖なる場所の神社では今でも玉砂利が敷き詰められているといわれています。
 玉砂利を持ち帰ってはいけない理由は、神社は神様の家のようなものですから、そこにあるものは神様の持ち物です。
 例え石や木の枝、葉のようなものであっても、ひとつ残らず神様の一部となります。だから勝手に持ち帰ると神様がお怒りになるので持ち帰ってはいけないとされています。
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 23:00 | - | - |
毎年恒例 潮江素盞嗚神社境内 夜店でにぎわう
 夏の風物詩「夜店」が今日から始まりました。3のつく日で、「6月3日、13日、23日、7月3日」の予定です。
 境内は、初日と6月1日(土)にあった、小学校の体育大会の振替休日と重なったためか、大勢の子どもや家族ずれでにぎわっていました。私は、20時頃に買い物帰りに立ち寄りました。
 車道と隣接しているので、車への配慮とトラブル回避などの目的で、潮江連協からは、防犯グループ、市少年補導員等による警備が行われました。

| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 21:58 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS