isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << February 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
コロナ臨時的取扱い終了 認定調査順次始まる
 新型コロナウイルス感染症が5類に移行されこれまでコロナ禍による認定調査の見送り(臨時取扱い)がなくなりました。
 令和4年10月14日付けで、厚生労働省より「新型コロナウイルスに係る要介護認定の有効期間の臨時的な取扱いについて」が通知され、臨時的取扱については原則として有効期間終了日が令和5年3月31日までの被保険者に限り適用する旨が示され、併せて市町村の判断により令和5年4月1日から令和6年3月31日までに有効期間が終了する被保険者に限り、臨時的取扱の延長が可能。臨時的取扱を段階的に終了しています。
 臨時取扱いの終了に伴い介護認定の調査が始まり、先日と今日、施設で行いました。コロナ禍から数年経過しており利用者さんの中では介護の時間、必要性が増えています。コロナ禍の自粛、密を避けるための面会制限、緊急事態宣言など生活が制限された影響は大きいですね。
 介護認定調査は、「主治医の意見書」をもとに本人の面談、家族からの聞き取りが行われます。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 18:51 | - | - |
有料老人ホームで運営推進会議 増えるカラス被害
 介護付き有料老人ホームで運営推進会議がありました。構成メンバーは施設長(管理者)、ケアマネージャー、家族代表、地域住民代表、自治会長、民生児童員、地域包括支援センター代表、私(エリアマネージャ)です。
 施設のご利用状況、入居者平均年齢、平均要介護度、イベント、研修、事故トラブル報告などです。
 報告が終わったあとご意見などお話しがありました。自然災害時の対応として、台風21号の際に24時間停電したことがあり、非常時の電源確保、水は電気使用のポンプが必要なため1階の散水が出る可能性があるなど。
 また、最近カラスが多く施設でも職員の自転車に数匹群がり(多い時は7匹程度)赤い実をつついたり花を引き抜いたりしている。
 地域住民代表の方から、ごみ箱がない、ごみ箱にフタがあるなどの理由から食べ物が減っている可能性がある。カラスは賢いのでごみ収集日を把握している可能性もあり、特にゴミ収集日に集まって来るようです。
 職員の自転車のサドルをつついて破ったり、どこからかタオルなど持って来たリする被害が多発しています。カラスは勝手に駆除できません。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 19:49 | - | - |
管理業務 介護報酬改定学習会(2/14 3/5)開催
 介護報酬改定を前に「介護報酬の学習会」を予定しています。明日と3月5日の2回行う予定です。外部講師に依頼しています。
 看護報告書、看護計画、請求書などの管理業務をしました。ケアマネージャーと一緒に利用者(ご家族)様宅に出向き請求書をお渡しし、来月のプランを持参・説明の上同意を得ています。
 今日は通いが9名いて(上限12名)忙しい一日となりました。残業なく仕事は終わりましたが、送迎、入浴など出たり入ったりでした。



 実家の母の見守りが増えています。下肢筋力が低下しているので低い椅子からの立ち上がりが困難で、立ち上がれなかった時は床にへたってしまい誰かの介助がなければ立ち上がることができません。
 特に高齢者にとって入浴は危険を伴うので入って上がるまで見守りをしています。定期巡回という介護サービスは便利なのですが、尼崎市は神戸市に比べ「定期巡回」サービスが遅れているのが課題です。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:24 | - | - |
ブロッコリー 2026年から「指定野菜」に追加
 緑黄野菜で知られる「ブロッコリー」が国民の生活に欠かせない重要な野菜として2026年から「指定野菜」に追加されます。
 指定野菜は、農林水産省が野菜生産出荷安定法に基づいて定めます。特に消費量が多い品目を指定して安定供給を促し、食生活に混乱を来さないようにすることが目的です。
 指定されると、生産者にとっては価格低迷時の補助が手厚くなり、消費者にとっては流通量や価格が安定するという利点があります。
 現時点の指定野菜は、キャベツ、キュウリ、サトイモ、ダイコン、タマネギ、トマト、ナス、ニンジン、ネギ、ハクサイ、ジャガイモ、ピーマン、ホウレンソウ、レタスの14品目です。
 ブロッコリーが追加されると1974年のジャガイモ以来約50年ぶりです。ブロッコリーは、抵糖質でたんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に含み、栄養価が高いので消費者の健康志向から人気の野菜です。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:36 | - | - |
介護保険維持の課題 高所得者保険料引き上げ
 介護保険維持には人材確保など課題がいくつかあります。介護保険制度は3年ごとに見直しが行われます。
 2024年度の改正に向けた議論は「応能負担」の強化。経済的に支払い能力のある高齢者に保険料や利用料をより多く納めてもらおうという考え方。
 サービス利用者の増加に伴い、2024年度の介護費用は14.2兆円と、制度が始まった2000年度の約4倍に膨らむ見通しです。保険料は40歳以上が負担していますが、40〜64歳の現役世代の分は急ピッチで上昇しており、高齢者に負担増を求める必要があるとの考えが広がりました。



〜制度改正のポイント〜
○65歳以上の高齢者⇒高所得者の保険料引き上げ(2024年度から実施)
○利用者の自己負担(1〜3割)2割負担の対象拡大(先送り)
 65歳以上の保険料は、年間の合計所得が420万円以上の人を対象に引き上げることが決まりました。
 増額分で低所得者の保険料を軽減するため、新たな財源は生まれず。所得の基準を引き下げ、2割を負担する人を増やす案が検討されましたが、物価高騰で高齢者の家計に配慮する必要があるとして結論は先送りに。
 高齢化と現役世代の人口減少のスピードを考えると、今後(2027年改正)に向け、介護保険制度維持には、2割負担の対象者拡大は避けられないという意見もあるようです。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:54 | - | - |
2025年問題 介護職員32万人の不足の見込み
 2025年問題をご存知でしょうか…? 590万人の「団塊の世代」が75歳以上になり、介護が必要な人が急増。介護職員の確保が追い付かず、32万人の不足が見込まれる問題です。
 2024年、今年は「介護報酬改定」の年です。介護事業は経営が厳しく慢性的な人手不足の上に物価高騰が追い打ちをかけています。
 介護ニーズが急速に高まる問題(2025年問題)に備え、介護保険の報酬改定と制度の見直しの内容が決まりました。
 介護職員の全職種の有効求人倍率の推移をみますと「訪問介護職員」が15.53倍、「施設で働く介護職員」が3.79倍です。全職種の求人倍率が1.31倍なので大幅に上回っていることがわかります。
 介護職員の給料は、国が定める介護報酬の範囲で人件費を賄わなくてはなりません。2022年の平均月給は、全産業平均を約8万円も下回る約26万円で、ヘルパーの高齢化も進み、4人に1人(26.3%)が65歳以上です。
 そのため、訪問回数を絞ることで収入が減り経営が行き詰まる事業所もあるようです。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:40 | - | - |
介護付き有料老人ホームで「節分イベント」
 看護小規模多機能型居宅介護の2階〜3階は介護付き有料老人ホームとなっており、1階にある地域交流室で「節分イベント」を行いました。
 赤鬼、青鬼に仮装したスタッフめがけて大きな豆(玉)を投げて鬼退治!一生懸命玉を投げて楽しみました。
 昼食は「節分のイベント食」でした。天ぷら、あえ物、煮物など。中に卵やシーチキンが入った海苔なしの巻きずし、お吸い物には魚のすり身が入っていました。「鬼は外〜!」「福は内〜!」今年一年無病息災を願って楽しいひと時を過ごしました。



| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:11 | - | - |
コロナ感染者増 新たな変異株「JN.1」とは
 新型コロナとインフルエンザが猛威を振るっています。新型コロナは9週連続で増加しており、新たな変異株「JN.1」が確認されています。
 「JN.1」の特徴は、オミクロン株の一種である「BA2」系統が変異したもので、2023年12月にWHOが注目すべき変異株に指定されています。
 国立感染症研究所によりますと、古久根井出「JN.1」の検出割合は12月25日〜31日せ24.9%。1月29日〜2月4日には推定値で43%と半数近くを占めると見られています。
 特徴は長引く傾向にあり、喉の痛みが1週間続いたり、せきや鼻水などが長引くようです。発症して1〜2日は抗原検査をしても陽性がでず、3日以上経ってから陽性になることがあるとのこと。症状があれば陰性が出ても油断しないことだそうです。
 また、インフルエンザB型も流行しており全国で2730の学校が学級閉鎖や学年閉鎖の影響が出ています。インフルエンザA型は高熱、関節痛、倦怠感の症状ですが、B型は吐き気、嘔吐などの消化器症状があります。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:35 | - | - |
2024年介護報酬(3年ごと)1.59%のプラス改定
 3年ごとの介護報酬の見直し(2024年)で、介護保険サービス事業者への対価である介護報酬は、1.59%のプラス改定となりました。前回の改定(2021年)は0.7%でしたので大幅に上回ることになります。
 厚生労働省によりますと、プラス改定のうち、6割に相当する0.98%分は介護職員の賃上げに、0.61%分は、事務職員らの賃上げにそれぞれ充てられます。



 物価の高騰で全国の特別養護老人ホーム(特養)の6割が昨年度に赤字に陥るなど、介護事業を取りまく環境は厳しい現状です。
 介護業界は人手不足が続いており、仕事の責任が重いわりに賃金が低いことが背景にあります。厚生労働省幹部は、「介護現場で働く人たちの賃上げと、事業者の経営改善が着実に実現するように後押ししたい」と話しています。
 介護職員の平均賃金は約29万円(2022年)で全産業平均を7万円下回っています。昨年、介護など社会福祉関係の仕事を離れた人数は約61万人で、新たに職に就いた人を約6万2000人上回っています。
 介護報酬アップを評価する一方で他産業との賃金格差を解消するには不十分との声もあるようです。
 一方、介護報酬を引き上げると、国民の負担は増えることになり介護人材の確保のための報酬引き上げと、国民負担のバランスをどうとるか…。少子高齢化が進む中今後いっそうの課題です。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 20:19 | - | - |
柔軟に対応  看護小規模多機能型居宅介護の強み
 昨日尼崎市内の総合病院から90歳の女性が退院して来ました。当施設(看護小規模多機能型居宅介護)には開設以来間もない頃からのご利用者です。
 18日の夜に自宅で腹痛を訴え市内の病院に救急搬送され急性胆嚢炎と診断の後、緊急手術となりました。(18日に記載)
 その後の経過は良好ですが、アルツハイマー型認知症により指示が入りずらく食事を開始するための嚥下評価(誤嚥なく飲み込み)ができず…。
 「このままだと高カロリー輸液か経管栄養に移行する可能性が高い。自宅に帰られますか?」との医師からのお話しだったようです。
 ご家族は迷わず「自宅に連れて帰りたい」と希望を話され、私にご家族、病院、双方からのご相談がありました。
 ご家族の希望を聞いた上でこれまでのご本人の生活習慣や嗜好品を考え病院から当施設に帰ることにしそこで嚥下評価を改めて行うことで方針が決まり、昨日退院となりました。
 昨日、看護師が3人とご家族が見守る中、好きな食べ物(焼き芋、小さく丸めたフリカケおにぎり、イチゴ)を準備すると自ら一口ずつ口に入れていました。最初は噛んで吐き出したりしていましたが、次第に飲み込めるようになりました。誤嚥なくお茶も飲めることを確認しました。



 この方は嚥下評価に使うゼリーやトロミ茶は嫌いだったことから「嚥下できないのか」「嫌いで飲み込まないのか」が判断がつかなったのです。
 泊りは看護師が対応し今日も嚥下確認をしましたが問題なく食べられていました。ご家族も施設に来られ本人の様子を見て安心されたようです。
 明日、在宅医の施設往診も予定されています。病院から自宅へそのまま帰るには不安がある場合など泊りサービスなど柔軟に対応できるのも看護小規模多機能型居宅介護サービスの特徴と強みです。月曜日まで泊り利用し火曜日自宅に帰る予定としています。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:49 | - | - |
70度以上でも存在するウイルスを温泉で発見
 温泉に新系統のウイルスを発見したとの報告があります。1月22日の読売新聞の記事で、筑波大などの研究チームが新しい系統に属する可能性が高いRNAウイルスを発見しました。
 見つけたのは九州地方の高温酸性の温泉でチームはウイルスを「HSRV(温泉RNAウイルス)」と名付け、論文が科学誌「ネイチャー・マイクロバイオロジー」に掲載されました。



 新聞によりますと、同大学の助教授らが2015年〜17年、雲仙「長崎県)や霧島(鹿児島)の噴気地帯で、摂氏70〜80度で酸性の水を採取。独自に開発したRNAウイルスが検出技術で調べたところ、RNAウイルスのゲノム(全遺伝情報)が見つかりました。チームによりますと、70度以上の高温で存在するRNAウイルスが見つかったのは初めてのことだそうです。
 大阪公立大の教授(ウイルス学)は、「遺伝的にも進化を考える上でも、段違いに新しい発見だ。RNAウイルスが高温環境でも実はありふれた存在だった可能性があり、今後の調査に期待したい」と話しています。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:36 | - | - |
今年(本日)から 本社で施設系合同管理者会議
 コロナ禍で各事業所単位で行っていた管理者会議を今月(今日)から本社で合同で行うこととなりました。
 定期巡回、訪問介護、デイサービスなどの通所系は月曜日に行ったようで、今日は施設系が中心でした。介護付き有料老人ホーム、グループホーム、看護小規模多機能型居宅介護、訪問看護ステーションなど。
 参加人数は社長、顧問、総務部長を入れて8名で午前10時からそれぞれの事業所売上等の報告と課題や連絡事項を行いました。
 来月からインドネシアから介護スタッフが来られる予定で、まずは住居(環境)を整えることから始めるようで神戸事業所から配属されます。
 寒さの峠は超えたものの風が冷たく三ノ宮は寒かったです。午後からは尼崎の事業所に戻り往診や家族相談などの対応で何かと忙しかったです。来月も本社で合同管理者会議を行うこととなりました。



 仕事が終わらない時間に母からLINEが入り、「(友人から)ケーキが届いた」との内容でした。実家に行くとショータニのケーキで上にシュークリームが乗ったボリューム満点のケーキでした。
 今日は母のお誕生日で朝起きた際にLINEでお誕生日おめでとうスタンプを送りました。ケーキは2人で美味しく頂きました(*^_^*)
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:14 | - | - |
看護小規模多機能型居宅介護 運営推進会議
 看護小規模多機能型居宅介護「運営推進会議」を行いました。今回で20回目を迎えます。新型コロナが5類に移行してから3度目の対面会議です。
 地域自治会長、民生児童員、家族代表、利用者代表、大庄北包括支援センター代表、介護支援専門員と管理者(私)と主任がメンバーです。
 2カ月おきの開催で前回(11月〜1月)からの利用者数、要介護度、研修、レクリエーション、介護事故などを報告しました。
 今回は、BCP(自然災害編と感染症編)について話し合いました。この地域の避難場所、給水場所など自治会長に伺いました。
 民生児童員からもご意見いただき、受け持ち地区の高齢者の把握などされているようです。
 大庄北包括支援センターご出席の方は、能登半島地震の際、実家(能登)に帰郷中だったようで、当時の様子を伺うことができました。
 地震や水害などでエレベータが止まった際、階段を使って車椅子レベルの方を避難誘導させるにはどうすればいいのかなど課題が残りました。約30分の会議でしたが有意義な意見交換ができました。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:30 | - | - |
管理者約20名が参加 創立30周年新年決起集会
 私が勤める会社(事業所)は本社が三宮にあり創立30周年を迎えます。1995年設立。阪神淡路大震災を前に訪問介護から始まり、居宅支援、訪問看護、通所介護、定期巡回、訪問看護、グループホーム、有料老人ホーム、看護小規模多機能型居宅介護、障がい福祉、保育事業など事業所は30を超え、従業員も200人を超えました。
 私は2020年4月に入職し4年目を迎えます。コロナ禍で食事会も行えず今回の新年決起集会は管理者のみですが5年ぶりとなるようです。
 JR三ノ宮駅から徒歩7分「老房 ラオファン」にて行いました。参加人数は社長含めて20人ほどでした。社長は同年代の女性です(*^_^*)
 管理者一人ひとり今年の目標や抱負を含めて自己紹介をしました。お店は中華で油っこくない上品なお料理でした。5年ぶりということで初めて会う管理者が多く和気あいあいとした和やかな会でした。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:39 | - | - |
利用者さんの体調変わらず 初出を迎える
 利用者さんは年末・年始体調変化の連絡もなく平穏に過ごされましたが、お一人気管カニューレが自然抜去され医療的処置を受けられました。家族の連絡後すぐかかりつけ医が訪問し再挿入されています。(12月30日夕方)
 3日までお休みという人が多いですが、家族の事情もあり今日から通いスタートです。利用者さんは4人でうち3人がお風呂に入りました。
 お正月でご家族が集まるご家庭もあり本人(利用者さん)は少々疲れぎみでした。2日程度とはいえ普段介護し慣れないご家族も疲れたと思います。
 毎日、通いか泊りをご利用となっているある方の奥様からは、「本当に感謝しています」とうれしいお言葉を頂きました。また、連絡帳を通して「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と挨拶もあり今年一年変わらないサービスを提供できればと思います。
 「みんなで支える介護保険制度」と言われますが、中々難しい面もあります。介護の世界に入って、この施設(看護小規模多機能型居宅介護)を知ってとても良い制度だと感じています。
 ただ全国的に少なく制度とサービス内容を理解されていないところもあるようで、あらためてもっと多くの人に知ってもらいたいと思います。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:36 | - | - |
お正月前に 利用者さんお正月を前に散髪
 看護小規模多機能型居宅介護のサービスは「通い」「泊り」「訪問看護」「訪問介護」と4つのサービスが一つの施設でできるのが特徴です。
 登録は29人がマックスで通いは一日15人、泊りは6人までとなっています。なので毎日全員が通いで来られるというわけではありません。
 今日は今年最終の「散髪」だったので臨時で来られた人もいました。車椅子レベルの人がほとんどで、特にこの時期理髪店が混雑するので、こちらを利用されるようです。お正月を前に散髪をされてスッキリしました。
 今年もあと5日となりました。年賀状作りを終え、本日仕事帰りに郵便局に出して来ました。あと数枚印刷が残っています。早く仕上げないと…。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:49 | - | - |
夜が一番長い日 冬至〜ゆず湯とクリスマス会
 今日は「冬至」夜が一番長い日とされています。そして、ゆず湯に入ってなんきんを食べる日です(*^_^*)
 看多機施設で「ゆず湯」に入って頂きました。利用者さんはとても喜ばれ湯の中のゆずを握ったまま離さない方もおられました。
 ゆず湯に入られてから昼食前にクリスマス会をしました。スタッフが楽器を演奏してくれ、その音楽に合わせてみんなで歌ったり、楽器を鳴らしたりして楽しみました。趣味で習っているようで上手く演奏していました。
 オヤツは手作りイチゴケーキ。イチゴを細かく切って中にホイップクリームとともに挟み大きなイチゴをハート型に切ってのせました。手作りケーキの定番ですが「美味しい〜」と笑顔に包まれました。
 


| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:02 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS