isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
認定こども園 御幣島幼稚園 竣工記念式典に出席
 当院すぐ近くに御幣島幼稚園があります。当院の職員の子ども達の多くがお世話になっている幼稚園です。
 当院の院内保育室は、幼稚園と保育所を併用するという特色を持っており、幼稚園に保護者が朝送り、午後、保育士が迎えに行き、勤務が終了するまで預かるという方針になっています。
 御幣島幼稚園は、昭和23年創立という長い歴史を持ち、創立以来地域の幼児教育に 貢献しています。広い園庭とゆったりした教室があり、のびのびと活動できる雰囲気の中で心と体の基礎づくりをしています。
 御幣島幼稚園の三大理念である「明るい笑顔」 ・「健康な体」 ・「豊かな心」 を育む幼児教育を行っています。
 子どもの生活である遊びを中心に一人ひとりの発達と特性に応じて、自主性・社会性を養っていきます。
•正しい生活習慣を身につける
•集団生活のきまりを守り 人とのかかわりを大切にする
•自分で考え行動し、自己表現できるようにする
以上の教育方針を掲げています。(公式ホームページから抜粋)
 今回、「認定こども園」になったため、教室・園庭ともに拡大し、今日の竣工となりました。
 病院を代表して式典に出席。開式は午後2時から1時間程度で、引き続き、午後4時から記念祝賀会が西淀川区民ホールでありました。


幼稚園児による祝い太鼓の演奏


私の部屋から見える幼稚園
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:10 | - | - |
院内講演会 感染防止対策 「感染リンクナースの試み」
 院内感染防止対策委員会から、院内講演会として「リンクナースの試み」を講演しました。
 (感染)リンクナースは、病院内の専門チームと現場の病棟を「つなぐ」役割をする看護師のことです。
 感染防止対策委員会や感染管理看護師の指導の元、各病棟に配属し、感染予防のための環境づくりやスタッフの教育・啓蒙活動を行い、問題が生じれば所属長に相談して一緒に解決して行きます。
 感染防止対策加算を取得している病院では、感染制御チームを組織し、感染管理認定看護師らが専従で感染防止に係る日常業務を行っています。





 当院ではそういった組織は、院内感染防止対策委員会のみなので、今回新たに感染リンクナースを指名し、手洗い励行、環境整備、手指消毒薬使用状況の把握、正しいマスク・ガウン の着脱の指導、吸引時の注意喚起、カテーテル関連の感染防止対策等行うこととしました。
 各病棟での取り組みを紹介したのち、ガウン・エプロン、マスクの着脱等、標準予防策について実践を交えながら再確認しました。
 感染防止の基本は手洗いなので、いつもきれいな手で感染防止に努めたいと思います。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:30 | - | - |
星形人参・そうめんの天の川… 七夕 行事食 
 今日は七夕…。北九州で記録的な雨が降り続き二次災害も懸念されています。一日も早く平穏な日々が戻ることを願うばかりです。
 大阪地方では、昨日にかけ雨は降っていないのですが、夜は大気の状態が不安定になったところもあるようです。
 週間天気予報では、日曜日から再び雨が降る予報ですが、今朝、今年初めて蝉の鳴き声を聞きました。梅雨明けも間近でしょうか…。
 当院では、患者さんに七夕の雰囲気を味わってもらおうと、「七夕」の行事食としました。そうめんの上に星形の人参を添えたのですが、患者さんに好評で美味しそうに味わっていました。
 病院食は、患者さんに提供する前に、「検食」をし、味、色彩、異物混入の有無等、細かくチェックしています。





 7月7日は、「七夕そうめんの日」としています。街中でインタビューしても「そうめんの日」を知っている人は、中々いませんでした。
 七夕そうめんも、ハローウイーンのように、季節ごとのイベントとして浸透し、名物になればいいですね…。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:14 | - | - |
手作り輪投げ 学生さんのレクリエーションが楽しみ
 大精協看護専門学校の実習生が手作りの輪投げを作り、「一発逆転 どきどき輪投げ」のレクリエーションで患者さんを楽しませてくれました。
 そして、手作りで歌詞の冊子も作り、「幸せなら手をたたこう」と「七夕」をスタッフも一緒に歌いました。
 単調な入院(療養)生活の患者さんにとって、学生さんが企画してくれるレクリエーションは楽しみの一つとなっており、普段身体を動かさない患者さんも輪投げをしていました。





 高齢者のレクリエーションの効果は、身体機能の維持・向上と脳の活性化、コミュニケーションの促進があります。
 入院しているからと動かずにいると骨や筋肉はどんどん細くなって、関節も固くなり、より運動量が減ってしまいます。
 また、手先や頭を使うレクリエーションは、脳を活性化することで、認知症の予防や症状の進行を遅らせる効果が期待できるのです。看護学生さんは、発想が楽しく、とても上手く作っています。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:49 | - | - |
シワを防ぐためにも 子どもの頃から日焼け止めを
 昨日、今日と暑かったですね〜 真夏を思わせる日差しでした。暑さになれていないこの時期では熱中症にかかる人が急増します。
 太陽光を浴びると健康にいいのでは…?と思われがちですが、それは20年以上前に言われていた話です。
 紫外線の作用で皮膚に作られるビタミンDは骨の成長につながりますが、それは顔や手の甲に夏なら3分、冬なら10〜15分当たるだけで十分です。
 お肌の老化の一番の原因は紫外線です。紫外線のA波は皮膚の張りを保つ弾性線維を壊し、シワの原因を作ります。同じ肌でも腕の内側にはシワができにくいことから紫外線の影響がうかがえます。
 どうすればシワを防ぐことができるのか…?それは太陽光をいかに防ぐかに尽き、子どもの頃から日焼け止めを使うことをお勧めします。
 太陽光は、シワなどの皮膚の老化だけでなく、皮膚がんにもつながります。こうした弊害は「光老化」と呼び、オーストラリアでは国の施策として、日焼け止めが推奨されています。



 また、今年、シワの改善効果がある二つの薬用化粧品が相次いで発表され、医薬部外品として厚生労働省が効果を認めたのは初めてのことです。
 化粧品での効果ですが、一つは真皮(肌の奥)に有効成分が浸透し、シワの原因となるたんぱく分解酵素の活動を抑制してくれます。自分本来の修復力で、深いシワを改善してくれるのです。
 発売後大きなトラブルは起きておらず、100%ではありませんが、安全性を確かめてからの発売であり、過度の心配はしなくて大丈夫のようです。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:31 | - | - |
看護部学習会 DVD学習「呼吸管理に関する基礎知識」
 前回から引き続き、「出直し看護塾」のDVD学習です。今回は、血液ガス「アシドーシス」についての学習です。



 血液ガスで、PHが7.35以下を「アシドーシス」といい、体液中に異常に酸が蓄積するか、塩基が失われた状態を言います。
 疾病によって酸と塩基のバランスが乱れ、酸が優位になり、原因となり得る疾病は、腎不全、糖尿病、肺のガス交換機能の低下、ショックなどです。
代謝性アシドーシスの原因は血液中の重炭酸塩の減少であり、高度のアシドーシスでは、重炭酸塩が点滴にて投与されることもあります。
 呼吸性アシドーシスは肺疾患によってうまく二酸化酸素が排出されないことが原因で起こり、肺の働きを回復させることが治療の目的となります。次回は、「アルカローシス」について学習します。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:53 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS