isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
院内講演会〜女性に最も多いがん「乳がん」とは
 現在日本では、乳がんが女性に最も多いがんです。とくに40〜50歳代女性に多く、日本で乳がんにかかる人は、約20人に1人ともいわれています。
 増加の原因としては運動不足による肥満や少子化、未出産女性の増加など、乳がんの発生に関係している女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受ける期間が長くなっていることなどが考えられます。
 乳がんの進行度によって、ステージ0〜4に分けられ、「ステージ0」の場合、5年生存率は95.5%と言われ、がんが、乳腺の中に止まっている状態(非浸潤)の早期がんを言います。ほぼ完全に治すことができます。
 ステージ1は、シコリの大きさが2cm以下で、腋の下のリンパ節に転移していない状態です。5年生存率は、89.1%。
 定期的に検診することで早期発見ができます。乳がん検診には、超音波(エコー)検査とマンモーグラフィー検査がありますが、月に1度は自己チェックをする習慣をつけましょう。
〜自己チェック方法〜
1.ボディパウダーをつけるとすべりやすくなり、スムーズにチェックできます。乳房全体に触れ、しこりがないか調べます。人差し指、中指、薬指の3本をそろえて、ゆっくりと円を描くようにチェックします。
2.鏡の前で両手を上げ下げして、乳房の形や乳頭の位置に左右の差がないか、ひきつれやへこみがないかチェックします。
3.あおむけに寝た状態でも同じようにチェックします。腕を上げたり下ろしたりしながらまんべんなく。
4.乳房だけではなく、必ず脇の下も触り、しこりがないか確認します。
5.左右の乳頭を軽くつまんで、分泌液が出ないかも調べます。


 
 特に、乳がんにかかった血縁の家族がいる人、初潮年齢が低い、閉経年齢が高い人、最初の出産が30歳以上の人、出産経験のない人、乳腺の病気になったことがある人、肥満の人は注意が必要です。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:01 | - | - |
パソコン作業・目を酷使 疲れ目は「目の老化現象」
 マニュアルやプレゼンテーションを作っていると、目の玉が痛くなります。目が疲れた時は、遠くを見ると良いようです。
 「目も加齢とともに老化して行く」と言われますが、これは、目も心臓や肝臓のような臓器と同じだと言うことです。
 人の体が老化していく根源には、「酸化ストレス」という現象があり、人間の体内では、つねに活性酸素という物質が作られていて、活性酸素が過剰にできると臓器を錆び付かせてしまうようです。
 目の老化にも、「酸化ストレス」が関与しており、目に老化現象が現れたということは、全身の臓器が、「酸化ストレス」にさらされていることを示唆するそうです。
 つまり「目の老化は全身の老化のバロメータ」だということで、目の老化防止を心がけることは全身の老化防止につながることになるようです。



 今日は、保護司仲間とランチを楽しみました。それぞれ忙しくしているので、2時間程度のお話しでしたが、楽しい時間でした。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:24 | - | - |
サプライズ 職員食堂でお楽しみバイキング
 当院の職員食堂で昼食を注文した場合は、200円の補助が出ます。毎月、勤務割り表が出た時点で、各自が注文しますが、お弁当を持参する人もいます。おかずの好き嫌いが多い人は、メニューを見て注文する人もいます。
 注文する職員に対して、2〜3カ月に1度の割りで、バイキング形式の時があります。バイキングの日は、マル秘で、メニュー上でも公表しません。
 バイキングには、テーマを決めてメニューを決めており、食べきれないほど、たくさん用意しています。職員にとっては、まさにサプライズです。
〜テーマは「秋」〜
・野沢菜ピラフ
・ロールキャベツの西京仕立て
・茄子のチーズ焼き
・中華スープ
・鮭の野菜あんかけ
・カレーグリルチキン
・豆腐チゲ
・ポテトサラダ
・大学芋
・柚子ゼリー





 画像は、茄子のチーズ焼きです。真ん中にベーコンを挟んで焼いています。作ったことがないメニューは珍しいです(*^_^*)。個人的には、大学芋が大好きでとても美味しかったです。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:51 | - | - |
岐阜市内の病院で… 入院患者4人が熱中症で死亡?
 岐阜市内の病院で26日から27日にかけて、入院患者4人が熱中症の疑いで相次いで死亡し、警察は病院側に過失があるとみて家宅捜索に入りました。
 岐阜県警の家宅捜索を受けているのは、岐阜市1番町の「Y&M 藤掛第一病院」です。警察によりますと、3階と4階に入院していた83歳から85歳の男女あわせて4人が、26日午後9時前から27日正午頃までに熱中症の疑いで死亡しました。
 岐阜市では27日まで最高気温36度を超える猛暑日が続きましたが、病院によりますと、今月20日の段階でエアコンが故障していたということです。「今月20日、すぐに依頼しました。業者が『1か月かかります』ということで、修理ができていない状態。扇風機を9台出しました」(Y&M藤掛第一病院 藤掛陽生院長)
Q.病院としてはエアコンの故障=死亡とは考えていない?
 「元の病が非常におそろしい病気なので・・・」(Y&M藤掛第一病院 藤掛陽生院長)警察は業務上過失致死の疑いで捜査していますが、殺人の疑いでも捜索令状をとり詳しく調べています。(28日20:24)インターネット(TBSニュース)



 テレビで院長のインタビューを見ていました。「死亡の原因はエアコンの故障とは考えていない」とのコメントで、死因は元の病だとしています。
 岐阜市内では、7夜連続で熱帯夜だったようで、死亡した高齢者の病態は不明ですが、熱中症にかかりやすい状況にあったと予測できます。病室の室温が何度だったのか?病室管理が適切であったのかが問われます。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:38 | - | - |
院内講演初デビュー 看護主任「高齢者の特徴」講演
 6階病棟に勤務する、「T主任」は、昨年、10月に「主任」に昇格、今回、初めての院内講演会です。
 教育委員会主催なので、相手は看護職員のみです。テーマは、「高齢者の特徴」で、高齢者特有の身体的、生理的特徴をお話ししました。パワーポイントを用いて、プレゼンをするのは初体験で、数か月前から何度も書き直し、昨日夕方に完成したのです。お疲れさま〜(^^)/
 「高齢者の特徴」は、シワが増えたり、難聴になったり、脱水症状や腎機能、肝機能、肺機能等の低下、脳の萎縮、老眼、骨粗鬆症、平衡感覚の低下など様々です。約20分間、イラストを交えて詳しく説明していました。
 当院では、8割以上が後期高齢者で、高齢者の特徴を知ることで、高カロリー輸液など、より慎重に管理する必要性を考えます。
 たとえば、抗生剤を投与するにも肝機能が低下していると薬剤が解毒できなかったりするのです。体位を変換するだけで骨折を招いたり、皮膚の菲薄により、褥瘡が発生したり、脳の萎縮により、認知症になったりします。
 日本人の平均寿命は、男性より女性が長いですが、健康寿命はあまり差異がないことから、女性の方が介助を要する年数も長いと言えます。



 しかし、個人差があり、そのカギは、「運動」だそうです。喫煙、飲酒、紫外線、食生活、排気ガス、運動不足などが「老化」を早める要因となっています。今日の学習会(講演)を機に、高齢者の特徴を念頭に置きながら、看護してほしいと思います。
 そして、私達も日頃から「運動」を積極的に行い、長く健康で居られるように気をつけたいものです。一日、一日老化は進みます。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:49 | - | - |
看護専門学校 「基礎機彈遜オリエンテーション・講演
 大精協看護専門学校は、今年度から、宣誓式(=戴帽式)前に、看護師の仕事をイメージするための、「基礎機彈遜(見学実習)を始めました。
 当院でも初めてのことなので、師長会や実習指導者会議にて、日程と内容を詳細を決め、スケジュール表を作成しました。
 初日のオリエンテーションでは、私から、病院紹介に次いで、医療安全と感染防止に関する内容を含めた、講演を約1時間30分程度行いました。
 4月に入学した学生なので、専門的にならないように配慮した内容にし、医療安全では、守秘義務について、スマホやパソコン、USBの取り扱いについて、また、感染防止に関しては、手洗いの重要性や、ナイチンゲールの功績を紹介しながらお話ししました。「基礎機彈遜は、今日から、8月31日までの日程で行われます。





| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:32 | - | - |
尼崎市、豊中市、大阪市等 近隣病院へ 夏のご挨拶に
 夏のご挨拶に、尼崎市内の5つの病院と大阪府内の12の病院をまわりました。当院は、慢性期を中心とした病院で、入院の90%以上は、近隣の急性期の病院からの紹介入院です。
 紹介のほとんどが地域連携室を通じて行われるので、地域連携室へのご挨拶となります。地域連携室は医学的な知識がかなり必要で、社会福祉士が主に従事し、看護師が室長や課長を務める病院が多くを占めています。
 今年は、私と地域連携室兼務の医事課長、地域連携室専従の社会福祉士の3人で行きました。
 訪問した病院の中に、以前、尼崎市内で勤務していた頃の顔見知りの看護師が課長として勤務していました。この世界は狭いなぁ〜と感じました。
 初めて伺う病院で新たにオープンしたこともあり、丁寧に院内を案内して頂きました。地域連携室同士、人と人とのつながりが大切なのです。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:10 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS