isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
看多機 お誕生日会 手作りケーキとメッセージカード
 看護小規模多機能型居宅介護にてお誕生日会を行いました。9月21日誕生日でした。ご家族から良い写真があったらほしい、通い、泊りでの様子を知りたいなど、ご要望があり、写真付きのメッセージカードを贈りました。
 そして、ケーキも作ってみました。スポンジ台にホイップクリームと果物を挟んで、仕上げは、ホイップクリームに果物(黄桃、パイン等)をのせて、チョコチップをちりばめました。
 皆さん、美味しい〜と喜んで食べてくれました。味見したけど中々上手くできていました(*^_^*)。ご家族も喜んで頂けたようで良かったです。
お誕生日おめでとうございます。




 
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:26 | - | - |
尼崎の介護施設でクラスター発生 職員と利用者がコロナ感染
 先週、尼崎市内の介護施設で利用者と職員11人が新型コロナウイルスに感染していることが判明し、市は「クラスター(集団感染)」が発生したと発表。尼崎市内でクラスターが発生したのは初めてのことでした。
 ニュースのよりますと、同施設では52人が通所介護サービスを利用し、12人の職員が勤務していたようです。
 9日に50代女性職員、10日には40代女性職員が陽性となったことを受け、接触があった職員と利用者にPCR検査をした結果、70〜80代の利用者6人と30〜40代の職員9人の陽性が確認されています。いずれも軽症かみ症状です。施設は12日から休業しています。
 今日現在尼崎市内での患者数は29名で、死亡者数は緊急事態宣言前後に発表された2名から増えていません。
 19日と21日にも介護関係者の感染が確認されており、当施設においても、手洗い、消毒、密を避けるなどの感染防止対策を呼びかけています。
 症状がでた2日前から、距離が1m程度、マスクなし、15分以上会話は濃厚接触者としてみなされます。



| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:24 | - | - |
コロナ自粛 排便状態に変化「回数が減った」半数を占める
 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い自粛を強いられた結果、排便の状態に変化があった人のうち、51.5%が「回数が減った」と回答しています。
 新しい生活様式により生活スタイルが変化し、便秘に悩む人が増えているのです。
 たかが便秘と放置していると生活の質を落とすだけでなく、病気のリスクも高めてしまいます。そこで以下の便秘改善エクササイズを紹介します。
 「の」の字マッサージは、右下腹部から時計回りに両手でおなかがへこむ強さで押しながらゆっくりマッサージをします。上はみぞおちの下、下は股の上、横は脇腹までが目安で大腸の形をイメージします。
 次に、膝を抱えるストレッチです。(夘┐鯤えておなかに引き寄せ10秒キープする。反対側も同じ動きを行った後、両膝を抱えて10秒キープします。新型コロナウイルスに関して不安・ストレスがあったために回数が減り、トイレで5時間苦しみ、このまま踏ん張ったら頭の血管が切れそうになり意を決して胃腸科に行ったという話もあります。コロナ便秘に気をつけましょう。 

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:21 | - | - |
ビタミンA基準内最大量配合 回復力高める目薬
 職場を変わってからパソコンを見る頻度も減ったのですが、管理者として研修会資料作成、会議議事録作成等など、パソコンから切り離すことができないのが現状です。パソコンだけではなく、LINEやYahooニュースなどスマートフョンを見ることも多いです。毎日のブログもパソコン作業だし…。
 時々、目の玉が痛くなることがあります。そんな時には眼科でもらうサンコバ点眼などを良く使うのですが、テレビでよく効きそうな目薬のコマーシャルが目が留まり画像に収めていました。6月の話ですが…。
 昨日、その目薬を買って使ってみました。効果はまだよくわかりませんが、昨日と、今日使って、目の痛みはなくなりました。肩こりのマッサージの効果もあったかも知れませんが…。お店に並んでいた目薬の中で一番値段が高かったです。パッケージも値段も効きそうですよ〜(*^_^*)


 
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:10 | - | - |
看多機 第2回チーム会議と「身体拘束」研修実施
 介護職員処遇改善加算の要件として職員向けの研修があります。新入職者研修は、「接遇」「高齢者虐待」「感染防止」をしましたが、今回は「身体拘束」の研修(私が講演)を20分程度しました。
 そして、研修のあと詰所会議と同様のチーム会議を先月に続き行いました。2カ月が経過し相談件数も徐々に増えています。先日は、在宅で娘さんが介護されているケースで、気切、胃瘻の要介護5の方です。お風呂も注入も喀痰吸引もご家族がされているようで、9時〜16時の通いのご希望でした。ハイエース(車)が来た時点で受け入れを検討しています。
 看護計画、介護計画も立案し、その人らしく在宅で過ごすような穏やかな時間を過ごして頂けるように…。そしてご家族の介護負担を軽くしてあげたいと思い、スタッフ一同頑張っているところです。
 ところで、私が管理業務をする際に使用している部屋の配置換えを行いました。ケアマネさんが部屋移動で机も一つになり広く使えるようになりました。フロアを見ながらお仕事捗りそうです(*^_^*)



| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 20:20 | - | - |
新型コロナ 免疫細胞の一種「T細胞」に注目
 新型コロナウイルス感染症が重症化する仕組みを探る研究で、血液に含まれる免疫細胞の一種「T細胞」が注目されています。
 T細胞は、ウイルスや細菌が体内に入った際、その特徴を記憶して次の侵入に備える「獲得免疫」の役割を担っています。外敵を認識して他の免疫細胞に攻撃を指示する「ヘルパーT細胞」や、ウイルスに感染した細胞を見つけて直接攻撃する「キラーT細胞」などがあります。
 キラーT細胞と新型コロナとの関係については、様々な報告があります。中国の研究チームが7月、感染者103人分の血液を調べ、重症化した人ほどキラーT細胞が検出されにくいとする論文が米科学会に発表しました。
 キラーT細胞が減ると、ウイルスを体内から排除しにくくなり、健康な細胞に感染が広がる恐れがあります。
 中国の別の研究チームが発表した論文によりますと、重症患者はキラーT細胞が減るだけでなく、疲弊して機能が弱っていました。新しい仕組みが不明ですが、ウイルスによる刺激が原因の可能性があります。
 
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:53 | - | - |
輪投げ、盆踊り、かき氷‥等 看多機で夏祭り
 例年なら尼崎エリア(3施設合同)で夏祭りを開催していました。ご家族、地域の方々も一緒に100人くらい集まる夏祭りです。
 しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大により合同夏祭りは中止し、施設ごとで行う事となりました。
 看多機では、今日夏祭りを行い、輪投げ、盆踊り、スタッフの手作りかき氷を美味しく食べ楽しみました。手作りかき氷は、小豆、ミカン、イチゴシロップに練乳と豪華なかき氷です。皆さん、「美味しいなぁ〜」と言いながら笑顔で食べていました。
 今回の企画・提案は主に介護士さんにお願いし、かき氷もハチマキ姿で頑張ってくれました(*^_^*)
 


| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:15 | - | - |
知人から頂きもの 初めて食する細長いかぼちゃ
 知人から細長いかぼちゃを頂きました。言われてみないとかぼちゃとは思えないものです。
 ネットで調べてみると、宿儺(すくな)かぼちゃというのだそうです。宿儺かぼちゃは、長年、岐阜県高山市で自家用野菜として栽培されてきた、飛騨の伝統野菜です。表面は薄い灰緑色でスベスベとしており、ヘチマのように長細い珍しいかぼちゃです。
 昔から飛騨の鬼神と称えられている偉人「両面宿儺(りょうめんすくな)」の伝説に因んで、平成13年に「宿儺かぼちゃ」と命名されました。一般的な西洋かぼちゃと比べて、ショ糖の含有量が多いため甘味が強く、栗のようにホクホクとした味わいが特徴です。
 調理の際は一般的なかぼちゃと同じように使えますが、宿儺かぼちゃは他の一般的なかぼちゃと違い、縦長に切ったり、輪切りに切ったりと、細長い形を活かして幅広く使用することができます。
 普通のかぼちゃと同じように焚いて頂きました。味はあまり変わりなく美味しかったです。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:53 | - | - |
コロナ感染 マスクを外す機会が多い家族内感染
 毎日、コロナウイルスの感染者人数が伝えられています。当初は、「夜のまち」関連の感染が多く伝えられていましたが、このところ、家族内感染が多いと言われています。家庭内でマスクを外して会話や飲食をすることで感染リスクが高まっていると考えます。
 感染者の中には若者が多くそこから高齢者に感染させることがないように気をつけなければなりません。
 マスクを外して1時間以上飲食を共にすれば「濃厚接触者」になるのだそうで、そういった場合は、できるだけマスクを外しての会話や飲食の時間を少なくする、換気やエアコンの位置、十分な距離をあけるなどの工夫が大切です。
 重症化しやすい高齢者に感染させない配慮が不可欠でこれから向かう秋・冬にかけて引き続き注意が必要です。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:40 | - | - |
看護小規模多機能型居宅介護施設内で夏祭り準備
 当施設では、介護付き有料老人ホーム、グループホーム、看護小規模多機能居宅介護の3施設合同で「夏祭り」を行っていました。
 通常なら今年で7回目を迎える予定でした。地域への案内チラシを配るなどして、ご家族も含めて100人ほど来られるようです。
 今年はコロナ感染拡大防止策に伴い、施設ごとに行うことになりました。介護付き有料老人ホームは31日、グループホームは28日。そして看多機は27日に行うことにしました。
 事前準備として、盆踊りの雰囲気を出すため提灯を飾りました。提灯は潮江連協から20個ほどお借りすることができ大変助かりました。
 当日は、輪投げや盆踊りなどを楽しんで頂く予定で、景品のお菓子も当日までに準備します。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:46 | - | - |
水分摂取ができにくい高齢者に 手作りお茶ゼラチン
 エアコンが効いている室内とはいえ今年の夏は危険な暑さが続いています。知らないうちに脱水になり熱中症になる高齢者は特に注意が必要です。
 当、看多機でも水分摂取と排尿回数にはいつも以上に気を使っています。カルピスや紅茶、ジュースなどの甘い飲み物は好んで飲んでくれますが、お茶になるとあまり進みません。
 食事形態がペーストや刻みを食べている方には、嚥下しやすいように「とろみUP」を混ぜていますが、その代わりにゼラチンを使ってみました。
 昨日、自宅でお茶ゼラチンを試作したら上手くできたので、今日、飲んで(食べて?)頂きました。
 コーヒーやカルピスを材料にしても上手くできそうなので、今後、おやつにゼラチンを使ってみようと思います。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:53 | - | - |
雨が降った後トランク内に水  原因判明し修理完了
 私が乗っているトヨタ「ポルテ」ですが、数か月前から、トランク内に保存してある物が水に濡れる現象が起きていました。
 最初は、トランク内の洗剤がこぼれたのかと思い、全て新しいものと交換して様子をみていました。
 その後も水が濡れる現象は続き、もしかしたら雨が降りこんでいるのでは…と思うようになり、梅雨明け間近の頃、昼から夕方にかけ激しい雨が降った直後に観察しました。予感は的中で、雨が入り込んでいたようです。
 職場から近くなったトヨタに仕事帰りに立ち寄り、調べてもらうと、トランクの扉(ガラス)の上にあるランプの隙間から雨が入り込んだようです。
 トランクの下にも水がたまっていたようで、全て取り除いて応急処置をして頂き、今日、部品の全てを交換し修理が完了しました。
 梅雨が終わると夏から秋には台風シーズンになります。その前に原因が判明し修理が完了し安堵です。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:57 | - | - |
思わず夢中になる 「手作り牛乳パックタワー」
 高齢者施設でよく使われる「牛乳パックタワー」を作ってみました。牛乳パックを同じ太さに切ってそれを積みかさねてタワーを作って行きます。
 切り方の太さが微妙に違うと積み重ねたタワーが傾き途中で崩れてしまうので、慎重に作ります。
 現役時代、大工さんだった人や技術屋さんは特にハマるようです。30段、50段と上手く重ねる人もいて、見ている方も集中してしまいます。
 看護多機能型居宅介護を開所して1か月以上が過ぎましたが、仕事の内容などだいぶん理解ができるようになってきました。
 食事、入浴、おやつの提供と血糖測定やインスリン注射等の医療行為も行い、できるだけ在宅にいるような落ち着いた雰囲気と残存機能を生かした体操や機能訓練などをしながら過ごして頂くことを目的としています。



| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:25 | - | - |
最高血圧100以下、最低血圧60以下は「低血圧」
 先日、自宅の血圧計で血圧を測ってみると、85/56(左)と最高血圧は100をきります。右は、98/60で、100以下は低血圧となります。
 血圧とは、心臓から血流が送り出される際に血管にかかる圧力のことです。心臓が収縮したときの圧力が「収縮期血圧(最高血圧)」、心臓がふくらんでいるときは「拡張期血圧(最低血圧)」といいます。
 若い人の血圧は拡張期血圧の方が上がりやすくなります。それは、血管に弾力性があるため圧力が緩衝され拡張期にその圧力がリバウンドしてくるからです。加齢とともに血管が固くなるため、高齢者は収縮期血圧が上がりやすくなります。
 高血圧の基準は、最高血圧が140mmhg以上、最低血圧が90mmhg以上としていますが、低血圧の指標は明らかにしていません。
 世界保健機構(WHO)による基準では、最高血圧が100mmhg以下、最低血圧60mmhg以下を低血圧と定義しています。
 日本人の3分の1〜4分の1の方が高血圧を患っており、心筋梗塞や脳梗塞などの重大疾病につながるため、よく知られていますが、低血圧は、若い女性に多く、症状も軽い場合は通院している人も少なく正確な頻度はわかっていません。今日は、100前後でしたが、80台の低さは脱水かも知れません。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:29 | - | - |
毎日のお弁当に 食後のキウイフルーツ
 職場では1時間の休憩時間があり、お弁当の後にキウイフルーツを食べ、コーヒーを飲む時間があります。
 日頃食べる果物は、手軽なバナナが多いのですが、最近ではキウイフルーツを食べています。
 キウイフルーツには、グリーンとゴールドがあって、ゴールドの方が値段が高めです。さて、グリーンとゴールドとはどう違うのか…?



○ゴールド
黄色の果肉で先がとがっている
甘味が強い
ビタミンCが豊富
老化や病気の予防
○グリーン
緑色の果肉で産毛が多い
酸味と甘みのバランスが良い
食物繊維が豊富
お腹の調子を整える
 こういった違いがあるようです。私はどちらも購入しますが、グリーンを買うことが多いです。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:03 | - | - |
コロナの影響 高齢者 お盆の帰省できず 
 コロナの感染拡大に伴い、利用者さんの話です。「高齢なので今年が最後になるかも知れないから帰省したい」と兄弟に話したそうですが、「コロナが心配だから帰って来るな」と言われショックだったと話していました。
 行先は鹿児島県だそうですが、仕方がないですね…。車から車だからと帰省を予定をしていたのですが、寸前で予定が変更になったようです。
 認知症のお母さんは残し〈当施設で泊まり)、お父さんだけ(お父さんの兄弟がいる)連れて帰るつもりが、計画が取りやめになったのです。
 急遽、通いが追加になったり、泊まりが変更になったりで、スタッフの勤務も変更になりました。こんなところにもコロナの影響が…。新型コロナウイルス感染拡大…。来年の今頃は収束しているかなぁ〜

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:37 | - | - |
マスクをつけると頭痛が… 「マスク頭痛」の原因
 コロナの感染防止対策でマスクが欠かせないのですが、マスクを着用することで発症してしまう頭痛があります。
 就寝中にマスクをつけることで喉の渇きを予防することができます。しかし、マスクを長時間していると頭痛が発症してしまう可能性もあります。
 原因として「酸欠」があります。マスクをつけると呼吸しにくくなり、酸欠になってしまうのです。酸欠とは、酸素が足らない状態であり、呼吸で十分な酸素を吸うことができないことです。
 マスクをつけると十分な酸素を吸い込むことができず、逆に人体の毒となる二酸化炭素を吸い込んでしまいます。二酸化炭素は、頭蓋内血管を最も拡張させるため、頭痛の症状が現れます。
 また、マスクは耳にゴムひもをかけて装着する場合が多く、顔にフイットさせることでゴムひが耳を圧迫してしまい、様々な症状を経て、頭痛にまで発展させることがあります。
 マスク頭痛の対策として、定期的にマスクを外す、自分にあったマスクを選ぶようにしましょう。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:55 | - | - |
1週間に1回の投与 血糖値を下げるトルリシティ
 以前、血糖測定器「リブレ」について記載しました。その利用者さんは、リブレで測定した結果、血糖コントロールが不安定で、高置(300台)になったり、就寝前、起床時は血糖値が下がったりしていました。
 主治医にデータをみてもらい、内服の血糖を下げる薬を1種類中止し、トルリシティを1週間に1回皮下注との指示が出されました。
 私は初めて使用するので主治医に薬剤(シリンジ)の使用法を聞いて帰りました。そして、動画で確認しました。
 リブレの際にも感じましたが、ネット時代で、操作方法などを配信してくれているのでとても助かります。
 しかも医師や薬剤師からの配信ですから安心です。操作はとても簡単ですが、新しいタイプの薬剤なので、5人いる看護師スタッフのうち訪問看護の経験があるスタッフしか知らなかった薬剤です。
 在宅では高齢者の一人暮らしが多く、血糖測定も血糖を下げる注射もできるだけ回数を少なく簡易で安全なものが多くでていることを知りました。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:36 | - | - |
コロナ感染者数 過去最多の1599人 沖縄深刻
 国内では本日、新型コロナウイルスの感染者が38都道府県と空港検疫で新たに計1599人確認され、7月31日(1579人)を上回り、1日当たりの感染者数の過去最多を更新しました。
 死者は神奈川県や大阪府などの7人。この日は、大阪府が255人、滋賀県31人、沖縄県100人と、いずれも1日当たりの感染者が過去最多。
 沖縄県によると、人口10万人当たりの直近1週間の感染者数は、6日時点で31・57人。東京の17・29人を上回り、7日連続で全国最多となりました。病床利用率は7日時点で147・3%と深刻な状況です。
 兵庫県では42人の感染が確認され、尼崎市でも5人の感染が確認されました。中には尼崎市立双星高校の50代の教師が感染し、酸素を使う重症(人工呼吸器使用)になっています。7月末に夏風邪と診断されたそうで、生徒など濃厚接触者の調査中です。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:36 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS