isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
可愛いサンタさんがやって来た〜院内保育室でクリスマス会
 院内保育室でクリスマス会をしました。当院の保育室は、主に1歳〜3歳の子どもを9名預かっています。
 約45年の歴史を持つ当院の保育室ですが、以前は、近隣の幼稚園と併用で、幼稚園が終われば当院の保育室で保護者の勤務が終了するまで預かっていました。
 ところが、最近では、子育て支援が充実したのと、看護師以外の職種の子どもも預かっているので、利用の仕方が多様化しています。
 在籍児童は、幼稚園に行く前の子ども達ばかりです。一番年上の3歳児がサンタさんの服を着て、小さな子ども達にプレゼントを渡していました。
 最初はサンタの服を着るのを嫌がっていたのですが、すっかり慣れて、ご機嫌でその気になっていました(笑)
 プレゼントをもらったあとは、みんな揃って楽器演奏を楽しみました(*^_^*)



| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:10 | - | - |
忘年会で踊る「U.S.A」は、アキレス腱断裂の危険性
 先日の忘年会で、歌って踊って、大いに盛り上がった「U.S.A」の曲ですが、片足を上げて踊る体勢が足に負担がかけるようです。普段、運動不足の人や肥満気味の人などは特に注意が必要です。
 どんな外傷に見舞われる可能性があるのか?アキレス腱やぎっくり腰、そして捻挫だそうで、ネット上では「U.S.A.外傷」と呼ばれています。
 ダンスの片足ジャンプの際にアキレス腱断裂する人もいるようで、医師によると、「普段、あまり運動しないおじ様たちが、アルコールも入り、いい感じに脱水と組織ぜい弱になったところで、U.S.A.を踊って、盛大にアキレス腱を断裂すること=U.S.A.外傷」という意味だそうです。
 「上司との会話の中で、U.S.Aのダンスの片足ジャンプの振り付けでアキレス腱を断裂する人がいると話題になった」とのことで、そこから「U.S.A.外傷」の言葉が生まれたそうです。(ネット上)
 では、どうすれば予防できるのか…。練習とストレッチだそうで、スポーツ祭等で、普段練習せずに急に走った際のアキレス腱断裂と同じです。
 忘年会では、お酒以外の水分をこまめにとり、しっかり準備練習をすることですね…。仕事帰りの車中テレビでも同様の話があり、足を上げずに手だけ上げても良い踊りになるようです。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:27 | - | - |
陸上競技で鉄剤注射使用 鉄剤過剰による副作用も
 高校駅伝の一部強豪校で貧血治療用の鉄剤注射が不適切に使われていた問題で、2000年頃から全国的に広まったようです。
 鉄剤注射は重度の貧血患者の治療薬として使われているもので、持久力が高まるからと言って安易に使用すると肝機能障害などの副作用が出ることもあります。(日本陸上競技連盟では、2015年に鉄分過剰で肝機能障害を起こした事例を確認しています)



 現在は調査中で、高校名が公開されていないので「強豪校」としか書かれてありません。陸上関係者によりますと、長距離種目は「痩せている方が有利」とされ、選手の食事量を過度に制限する指導者もいるようです。食事で十分な鉄分を摂取できないことも鉄剤注射が安易に使われる背景にあるとみています。
 この行為は、ドーピングに似た行為であり、今後、身長、体重、血液検査報告の義務付けを検討中です。
 調査の中で、「毎週のように監督に病院に連れられて、事前監査もなしに鉄剤注射を打ったことも多かった」「中学で打ち始めた」と証言する女子選手もいるようで、ありえないことですが、病院(医師)側にも問題がなかったのか…。調査が進むにつれ、高校名など明らかになるのではないか…。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:59 | - | - |
当院忘年会で大いに唄う 病棟師長・勤続23年来月定年退職
 昨日の忘年会の画像を掲載します。今回は、当院にて勤続23年になる病棟看護師長と共に撮った画像を主に掲載します。
 来月10日で満60歳の定年で、継続雇用は望まず、退職する意向です。定年後は、語学留学の後、海外ボランティアを目指すそうです。
 さて、今年の忘年会も大いに盛り上がりました。私は、本日甥の結婚式が京都であったので、乾杯の発声のあと20時前には帰宅させて頂き、夜のうちに京都に行き一泊し式場へと向かいました。







 中央、向かって私の右隣。いつも陽気で楽天家ですが、内面は負けず嫌いということが、テニスプレーでわかりました(笑)。師長・主任勢ぞろい。画像一番上は理事長。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:37 | - | - |
ホテルグランビアにて 平成30年度 当院忘年会
 平成30年度、厚生会主催の忘年会がホテルグランビアで開催されます。18時30分〜20時30分迄。
 当院の厚生会員は、常勤または常勤並みの時間数勤務している職員に対して、厚生会規定により、本給の1000分の7(0.7)を会費として毎月の給与から控除し、また、病院からも拠出し運営しています。
 厚生会員が参加する行事は全て無料で、会員外の参加が原則、半額自己負担となります。


 
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 16:04 | - | - |
午後からソフトバンク通信障害でつながらず
 午後2時ごろからソフトバンクの通信障害が発生していました。当院は、院内電話がありますが、緊急時の対応に、ポケットベルからPHSに変更しました。しかし、PHSも需要が減少し、ソフトバンクの携帯に替えたのです。院内のポケベル代わりに使っています。
 総務課長が、院内の携帯が使えない状況を伝えに来て、ネットで見ると、「ソフトバンクとワイモバイルでは、6日の13時39分頃から、一部地域で携帯電話サービスが利用しづらい状況が発生していると発表している。
 ソフトバンク広報は、通信障害について、現在確認中としている。ソフトバンク網を利用するMVNOからも、ソフトバンク回線が利用できないと案内されている。」と記載。
 これに呼応するかのように、SNSの一部で「NTTドコモやauも繋がりにくいのでは?」と指摘する声がいくつか投稿された。しかしNTTドコモ、auともに「通信障害は発生していない」とコメントし、そうした噂を否定した。(Impress Watch)。スマホも同様に通信障害が発生したようで、混乱したようです。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:29 | - | - |
関西広域連合に 准看護師登録番号問い合わせ
 平成31年度大阪府看護事業功労者の推薦書の記載項目に、数年間従事した、准看護師免許の登録番号の記入が必要なのですが、自宅のどこを探しても准看護師の免許証が見当たりません。
 准看護師として勤務した期間は3年程度で、通常は必要ないものとして自宅のどこかにしまい込んでいました。たぶん表彰状などを入れる筒の中…。
 登録番号を問い合わせしたら、大阪市北区中之島にある国際会議場の11階にある、「関西広域連合」まで来て下さいとのことでした。
 初めて聞く「関西広域連合」とはどんな団体・組織なのか…。「関西広域連合」とは、日本の行政機構の一つで、救急医療の連携や防災等の府県域を越えた行政課題に取り組むこと、および国の出先機関の受け皿となって地方分権を推進させることを目的として、関西の8府県が地方自治法の規定に基づいて設立した特別地方公共団体(広域連合)だそうです。
 身分を証明できる運転免許証を提示し、登録番号を教えて頂いたのですが、紛失した免許証の再発行もここで行っているようです。


| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:46 | - | - |
医療関係者が主に活用50年 来年ポケベル完全終了へ 
 全国で唯一「ポケットベル」を使った無線呼び出しサービスを展開している東京の通信会社が、来年9月末でサービスを終了すると発表しました。
 携帯電話やスマートフォンが普及する中、今年、登場から50年の節目を迎えたポケットベルは、来年、役割を終える事となります。
 東京テレメッセージによりますと、契約者数が約1500人まで減っており、サービスの終了を決めたそうです。
 ポケットベルを使った無線呼び出しサービスは、昭和43年に当時の電電公社が開始。数字が表示できるようになってからは、「0840」で「おはよう」などといった語呂合わせでメッセージを送る使い方が若い世代を中心に広がり、最盛期の平成8年には契約数が全国1061万台を超えていました。
 しかし、携帯電話の普及で利用者は減少し、2007年にNTTドコモは全サービスを終了。サービスの提供を続けている事業者は、東京テレメッセージだけになっていました。
 ポケベルは、電磁波が発生せず、建物の中でも電波を受信しやすい特性があることから、主に医療関係者が使用していました。



 私は子どもが小学生の頃から管理職をしており、その際、ポケベルは常時携帯していました。子どもと映画を観ている時にポケベルが鳴ると、公衆電話を探して職場に電話をかけたり、院内でも広く活用していました。
 これからは、ポケットベルで使っている電波を活用した自治体向けの防災無線の事業を強化するとしています。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:03 | - | - |
12月の始まり インフルエンザワクチンが入って来ない…
 インフルエンザワクチンが入って来ません。昨年同様数を注文しているのですが、11月に接種希望者が集中するので、供給が間に合わないそうです。
 今のところ暖冬で、インフルエンザが流行していないのでいいのですが…。当院の薬剤師に聞くと、12月に入れば徐々に供給が安定してくるらしいのです。そんなわけで、当院の職員の多くは、まだインフルエンザワクチンを接種していません。
 インフルエンザワクチンの製造にはいくつもの工程があり、とくに「有精卵の受入と孵化」が必須です。
 この工程では、親鶏を飼育して有精卵を得なければならず、非常に手間がかかります。ワクチンは純粋な工業製品であると考えがちですが、インフルエンザワクチンの製造には「生き物を育てる」という過程があるため、農業製品という面を持っています。
 需要が急激に増えた場合でも,すぐに製造を開始して追加供給することは不可能なのです。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:08 | - | - |
血液が足りない!〜1日平均約3,000人が輸血を受けている!
 午後1時30分〜4時30分までの間に当院受付ロビーにおいて、献血を行いました。毎年、年2回協力しています。
 2008年、10〜30代の献血者数は約284万人でした。 それから10年後の2017年になると、10〜30代の献血者数は約186万人と、この10年間で35%も減少してしまいました。日本の献血可能な10〜30代(16〜39歳)の人口は、約3,353万人(2015年時点)と言われていますが、今後ますます少子化が進み、2020年には3,190万人、2030年には2,878万人と、著しく減少していくことが予想されています。
 病気などで、輸血を必要とする人の数は年々増え、1日平均で、約3,000人もの人が輸血を受けている計算になります。
 輸血は、場合によっては何リットルも必要となることがあり、年間で、約505万本の血液製剤が医療機関に供給されているのです。
 若い世代の人口が減る一方で、輸血を必要とする高齢者の割合はますます増えることから、血液を安定的に供給するためには、今まで以上に、献血に協力する必要があります。(日本赤十字社ホームページから一部抜粋)

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:30 | - | - |
国立病院機構 経営悪化 改善計画達成できず
 全国の141の病院を運営する独立行政法人「国立病院機構」が、2016年度に設立以来初めて赤字に転落したことを受け、会計検査院が各病院の経営状況を調べた結果、同年度に経営改善計画を立てていた92病院のうち、約9割の82病院が計画を達成できておらず、約7割の65病院は2015年度より経常収支が悪化していました。
 全体の経常収支比率は2010年度の107%をピークに悪化に転じ、診療報酬改定や消費税の影響などから2016年度は99.2%(経営収支は68億円のマイナス)と設立以来初めて経常赤字を記録、2017年度も99.7%(同21億円マイナス)で2年連続の赤字となりました。
 各病院が経営改善計画で掲げた実施項目は、「収支の増加」が89%を占め、その内容は、「患者数を増加させる」が大半でした。
 実現可能性や医療需要などを加味しないまま、患者数の増加を安易に盛り込んだことで、計画を達成できなかった病院が多かったとみられています。



 私は、今日も一日かけ、近隣病院への挨拶回りを行いました。当院においても夏ごろにかけ、紹介患者数が減り、経営に影響が及んだ時期もあり、心配しましたが、今月に入り、紹介入院が急増。安堵しているところです。
 今年は何かと多忙で、紅葉をゆったりした気分で見る暇もない…という余裕のない生活を送っています。今日は大阪市内の紅葉を楽しみました(*^_^*)
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:04 | - | - |
年末のご挨拶 地域連携関連病院に挨拶廻り
 12月を前に少し早いですが、近隣病院に挨拶回りに行きました。地域連携同士のつながりで、今回は新たに入職した社会福祉士の紹介です。
 当院は、慢性期の病院で90%以上は、急性期病院からの紹介入院です。朝、9時30分〜12時まで、一旦病院に戻り、午後1時30分〜3時前までに8件の病院をまわりました。地域連携の仕事は人と人とのつながりが大切です。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:30 | - | - |
インフルエンザワクチン 接種時期と持続効果
 インフルエンザワクチンを接種しました。私は毎年11月の中旬から月末にかけて打っています。では、予防接種はいつ頃打てばいいのでしょうか…?
 今年は季節外れの流行が一部の都市であったようですが、通常は、毎年12月から3月ごろに流行するので、11月中に打つのが良いようです。
 ワクチンは、打ったあと2週間くらいから効果が出始め5か月くらい効果が持続するので、流行するまでに免疫を確保することが望ましい。



 季節性インフルエンザは大きく分けてA型、B型、C型の3種類があり、流行を繰り返す度に変異株が発生しています。
 インフルエンザA型⇒38℃以上の高熱、悪寒、関節・筋肉痛などが特徴です。さらに多くの変異株が存在し、増殖力が速く、しかも感染力が強いので流行しやすいのが特徴です。
 インフルエンザB型⇒A型に次いで流行しやすいウイルスです。A型のような突然変異をおこさないため、世界的な大流行を起こすことはありませんが、症状は重く、数年おきに流行して猛威をふるいます。
 インフルエンザC型⇒感染しても風邪程度の症状で、多くの人が免疫を持っています。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:19 | - | - |
潮江社会福祉連絡協議会 自主防災訓練と会長会議
 潮江社会福祉連絡協議会では、年に1度自主防災訓練を行っています。今日は風もなく寒さが和らぎ好天に恵まれました。
 今年は大阪北部地震と台風21号等災害が多い年で、台風21号の際には、停電と断水があり、数日間不自由な生活を送る住民もいました。
 あまがさきキューズモール横に、潮江緑遊公園があり、ここは、防災公園としての機能もある公園です。飲料水耐震貯水槽や耐震性防火水槽、簡易トイレ等があり、災害時には、1万人、3日間分の飲料水が確保できます。
 災害時には、尼崎市の職員は優先的に他の業務に追われ、こういった作業ができないこともあります。そういう場合に備えて、我々で操作ができるようにと訓練を行いました。
 午前10時に各福祉協会集合場所から出発し、津波の避難を想定して、あまがさきキューズモール2階に避難しました。全ての福祉協会集合場所から住民が避難できたのは約15分。人数は約175人でした。
 その後、あまがさきキューズモールからのスロープを利用し、潮江緑遊公園に移動し、給水訓練を実施しました。今日の参加人数は約250人で、昨年に比べると操作に自信と余裕があったように感じました。
 訓練は、午前11時30分に終了し、午後2時からは、潮江社会福祉連絡協議会常任理事会(会長会議)を行いました。



| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:22 | - | - |
当院で自衛消防訓練 6月以降西淀川区火災情報
 急に寒くなり、暖房器具の出番となりました。特にこの季節、火を使うことが多く、取り扱いには注意が必要です。当院が位置する大阪西淀川区等で火災が多発しています。(以下、6月〜11月)
〇6月14日 西淀川区出来島で火災(男性が怪我)
〇6月18日 西淀川区大和田で火災(死傷者なし)
〇8月13日 西淀川区佃(死傷者なし)
〇10月6日 西淀川区野里(死傷者なし)
〇10月9日 淀川区加島(死傷者なし)
〇11月17日 西淀川区花川(死傷者なし)
 火災の原因詳細は不明ですが、病院においては、患者さんが持ちこんだライターが原因でベッドの寝具に火が移り小火が出たケースがあります。
 訓練を繰り返すことによって、屋内消火器の位置、使い方が熟知され、初期消火や避難誘導が素早く行われることが目的です。
 本日の訓練は、院長不在のため、救護長と消防隊長を兼任し、終了時に講評を述べました。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:33 | - | - |
災害時の備蓄に お湯がいらない液体ミルク
 今年もあと1カ月になりました。今年は災害が多かった1年でした…。停電、断水など生活に影響があり子育てママは大変でした。
 そんな中、日本栄養士会などでつくる「赤ちゃん防災プロジェクト」は19日、厚生労働省で記者会見し、乳児用液体ミルクを災害時の救援物資として備蓄する取り組みを進めると発表しました。
 「江崎グリコ」が液体ミルクの製品化に成功し、来年春にも国内での販売が始まる見通しで、普及が加速しそうです。便利そう〜(^^♪
 液体ミルクは乳児に必要な栄養素を加えた乳製品で、成分は母乳に近く、封を開ければ常温のまますぐに飲ませることができます。
 欧州など外国の一部で一般販売されていますが、日本では粉ミルクが主流で、長年販売が認められませんでした。
 2016年の熊本地震でフィンランドから救援物資として被災地に届けられました。これを機に、厚労省が今年8月、液体ミルクの規格基準を定めた改正省令を施行し、国内販売を解禁…。国内メーカーが製造・販売に向けた検討に入っていました。
 商品は紙パック容器で、0〜1歳児向けに1本12.5ミリ・リットル。価格は未定ですが、粉ミルクより割高になる見通しです。



〜液体ミルクと粉ミルクの比較〜
 液体ミルクの長所として、”をあけてすぐに使える △湯などを持ち歩く必要がない S乳瓶が必要ない製品もある。
粉ミルクは、…監時に必要量を調整できる 1回あたりの価格が液体ミルクに比べて安いという違いがある。
 一方、短所として、液体ミルクは、ヽ封後飲み切らなくてならない 価格が粉ミルクより割高。粉ミルクは、,湯で冷ます必要がある等…。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:16 | - | - |
介護現場のセクハラ、年度内にもマニュアルを作成
 介護職員が利用者やその家族からセクハラやパワハラを受けるケースがあり、厚生労働省は現場の実態を探る調査に初めて乗り出しました。この結果を踏まえ、対策などを盛り込んだ事業者向けのマニュアルを今年度中に作成する予定。
介護の現場で、職員が利用者やその家族から性的な嫌がらせを受けたり、暴言やパワハラなどの被害が深刻化しています。
 日本介護クラフトユニオンは、組合員を対象に行ったアンケート調査によりますと、介護職ら2411人のうち、74%が訪問介護サービスなどで、ハラスメントを受けた経験があると回答しています。全体の約7割がパワハラを、約3割がセクハラを経験していました。
 都内の訪問介護事業所に努める68歳の女性は、身体が不自由な70歳男性利用者を入浴介助中、陰部を洗うよう強要されたことが忘れられないと話しています。男性は手がつかえたため自分で洗うようにと断ったが、聞き入れず、やむなくタオルで洗ったところ、「手を使え!」など言い出した。
 女性は対応の仕方でかわせることもあるが、言われた言葉はずっと心に残ると言います。こういった介護現場のハラスメントは、サービス提供時に密室で1体1になることが多く、ハラスメントが起こりやすい環境と指摘しています。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:11 | - | - |
みんなの健康教室 リハビリテーションとは
 リハビリテーションとは、ラテン語で、re(再び)+ habilis(適した)、「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」の意味。
 当院では、寝たきりの患者さんが多いのですが、寝たきりになったらどうなるのか…? 肘や膝の関節が固くなり、服を着たり脱いだりすることが難しくなる。身体の筋力が落ちてしまい、ベッドでの寝返りもしにくくなる。
 また、身体を横に向けにくくなり、褥瘡ができやすくなって、更にベッドでの生活が続き、寝たきりが長期化してしまいます。
 リハビリに関わる主な職種として、理学療法士、作業療法士、言語療法士があります。
 リハビリテーションは、主に身体機能改善を中心に行う。治療方法はマッサージだけでなく、様々な機械や運動を行うことで、患者さんのできることを増やして、自宅での生活につなげていくことです。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:35 | - | - |
お酢の力 血管を拡張させ生活習慣病を予防
 酢酸には、血管を拡張させる働きがあり、血流がよくなるので血圧降下が期待できます。血中中性脂肪を低下させたり、食後血糖値の急上昇を防いだりすることも明らかになっています。
 お酢には塩味を強く感じさせる効果があるので、減塩食の強い味方です。また、お酢は味がしっかりしているので、お酢をかければ、薄味の減塩もおいしく頂けます。
 疲れた時、お酢に含まれる酢酸は、疲労のシグナルである血中乳酸濃度を低下させます。同時にエネルギー源のひとつであるグリコーゲンを効率的に補充するので、疲労回復に役立ちます。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:21 | - | - |
安全衛生研究会 講演会 「人を壊さない組織・メンタル リスクに対する法的対応」
 当院の安全衛生研究会は、約50社が会員となっています。毎年11月に総会・講演会・懇親会を大阪ホテルモントレで行っています。
 今年の特別講演内容は、16時〜「人を壊さない組織へ〜メンタルリスクに対する法的対応」という演題で、弁護士の立場からのお話でした。



 平成29年度現金給付受給者状況調査報告では、精神及び行動の障害が28.60でトップ。次いで、新生物19.19となっています。年齢別では、精神及び行動の障害において20代〜30代が多い。そして、支給期間は、209.11日と最も長い。
 業種別に見ると、医療・福祉(社会保険・社会福祉・介護事業)が174件と一番多く、次いで、医療福祉(医療業)が139件と2位です。
 しかし、労災支給決定件数では、運輸業・郵便業(道路貨物運送業)が45件とトップで、立証しやすいのが理由だそうです。
 平成26年に起きた「暁産業事件」では、高卒の男性社員(当時19歳)が入社1年目で自殺した事例です。時間外労働は、月平均75.5時間(一日3〜4時間)であったが、上司の指導の在り方により、自殺したと認定され、福井地方裁判所は、会社に7261万円支払いを命じる判決を出しました。(平成26年11月28日)
 主な上司の発言は、仕事上のミスに対する叱責の域を超えて、D氏の人格を否定し、威迫するものである。これらの言葉が経験豊かな上司から入社1年にも満たない社員に対して、なされたことを考えると典型的なパワーハラスメントと言わざる得ず、不法行為にあたると認められる…。組織が人を壊した代表事例です。http://www.mynewsjapan.com/reports/1711
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:10 | - | - |
キノコ採り 死亡事故多発… 事故に遭わないためには
 キノコ採りで命を落とす事故…。長野県では昨年の4倍の14人が死亡したほか、奈良県などでも死亡事故が相次いでいます。
 長野県では、70歳代の男性2人が沢に倒れ、死亡しているのが見つかりました。2人の近くにはキノコが入ったレジ袋が落ちており、キノコ採り中に沢に落ち、水死したとみられています。
 こういった事故が多く発生しており、8月以降、長野県では、キノコ採りで入山した34歳〜88歳の男女計14人が滑落などで死亡しています。
 関西では、10月初旬から11月中旬までがマツタケのシーズン。奈良県五條市の山中では、10月に入り、高齢の男性が死亡する事故が2件続き、その後も3人が事故に遭っています。
 キノコ採りの事故が急増しているのは、台風などの影響で降水量が多く、マツタケなどのキノコ類が豊作。入山者が増えているためです。
 事故に遭わないためには、▼危険な斜面に近づかない ▼低体温予防のため、雨具や防寒具を用意する ▼複数で入山し、互いに目が届く範囲で行動する ▼非常時に備え、携帯電話の充電をしておくなどの注意点があげられます。更に、「毒キノコ」にも注意が必要です。
 毒キノコで食中毒を発症するケースも各地で相次いでおり、三重県では、9月に山で採った猛毒性の「ニセクロハツ(画像)」を自宅で食べた70歳代の男性が下痢や嘔吐などの症状を発症。同日死亡しています。
 毒キノコは素人が見つけるのは難しく、言い伝え等を信じず、「食用と確実に判断出来ないキノコは絶対に食べないでほしい」と呼びかけています。
 10月はキノコ採りがピークで、事故に遭わないために、しっかり準備を整え、危険な斜面には立ち入らないようにしましょう。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:54 | - | - |
看護部伝達講習 認知症高齢者の理解と看護実践
 大阪府看護協会主催の研修会に参加した看護師が、伝達講習を行いました。テーマは、「認知症高齢者の理解と看護実践」です。
 認知症とは、病名ではなく、症状を示す(症候群)。その症状の原因となる脳の疾患(アルツハイマー病や脳血管疾患)が存在します。
 それによって記憶障害(特に最近のことが忘れる)、見当識障害(時間、場所、人物がわからない)があり日常生活に支援を来す、一時的なものでなく進行性です。


 
〜老化による「もの忘れ」と認知症による「もの忘れ」の違い〜
【老化によるもの】
1.体験の一部を忘れる
2.見当識障害はない
3.忘れる事を自覚している
4.日常生活に支障がない
5.極めて徐々にしか進行しない
【認知症によるもの】
1.全体を忘れる
2.見当識障害がある
3.忘れると言う自覚がない
4.日常生活に支障を来す
5.徘徊・妄想・幻覚がある
6.進行が速い
 気づきが重要で、表情、身体状態、日常生活行動、他者との関わり、発語の変化等、いつもの状態をとらえて置く。また、BPSDは、暮らしの中で作られた症状なので、ケアによって必ず、治るという確信がある。
 BPSDとは、うつ症状、幻覚、妄想、攻撃性、徘徊、過食、拒食、異食、失禁、不潔行為、睡眠障害等の認知症の行動・心理症状を言います。
 パーソンフッドを維持する事が必要で、「パーソンフッド」とは、一人の人として周囲に受け入れられ、尊重されること。一人の人として、周囲の人や社会との関わりを持ち、受け入れられ、尊重され、それを実感している、その有様を示す。人として、相手の気持ちを大事にし、尊重し合う事。互いに思いやり、寄り添い、信頼し合う、相互関係を含む概念です。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:15 | - | - |
風疹大流行懸念 患者数なんと昨年の12倍!
 国立感染症研究所(感染研)は、今年になって報告された風疹患者数が1103人になったと発表した。昨年1年間(93人)の約12倍に上っており、平成24〜25年の前回の大流行に匹敵する規模への拡大が懸念されています。
 感染研によると、新たに報告された患者数は計135人で、5週連続で100人を超えました。
 全患者数のうち男性は916人、女性は187人に上っている。患者は特に30〜50代男性に多い。男性が多い背景として、現在は男女ともに幼児期に風疹ワクチンの定期接種が行われていますが、当初、女性だけをワクチン接種の対象としており、昭和54年4月1日以前に生まれた男性は、接種機会がありませんでした。
 風疹は、咳やくしゃみなどを介して感染。主な症状は発熱や発疹、リンパ節の腫れですが、明確な症状が出ない人も15〜30%程度いるとされ、妊娠初期の女性が感染すると、産まれてくる子供に難聴などの先天性風疹症候群(CRS)の症状が出る恐れも…。
 ワクチンを2回接種すれば99%免疫ができることから、特に30代〜50代の男性に接種を呼びかけています。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 20:15 | - | - |
院内講演会(みんなの健康教室)腸内細菌と免疫
 今月の院内講演会(みんなの健康教室)のテーマは、「腸内細菌と免疫」。腸の長さは約8.5メートルあります。近年注目された「腸内フローラー」…。
 腸内フローラーは、腸内に住み着いている細菌のことで、ダイエットや美肌、肥満解消などに大きな影響を及ぼしている事が解っています。そして、腸は、私たちの大切な「免疫」をコントロールしています。
 腸は全身の免疫力の源で、もし、もし腸の免疫力が十分に発揮されなければ、ぜんそく、食物アレルギー、花粉症、さらにリウマチなど自己免疫疾患を引き起こしてしまう原因となってしまいます。
 「腸内細菌」は表面の粘膜に住み着いており、その数およそ100兆個。中でも有名な、善玉菌「ビフィズス菌」や「バクテロイデス菌」などがあります。



 2018年1月14日、NHK放送の「NHKスペシャル人体第4週は腸!万病を撃退する免疫の鍵」のDVDを紹介しながらの講演でした。
〜「腸が免疫の鍵」を3行でまとめるとこんな内容〜
1.腸は脳から独立して全身の免疫細胞を訓練&育成中!
2.腸内細菌「クロストリジウム菌」が少ないとき、免疫の暴走が発生!
3.どうやってクロストリジウム菌を増やす?…その答えはズバリ「食物繊維」!
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:47 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS