isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
お盆 お墓参り お墓参りもネット時代…じわじわ浸透
 私は、決まった日にお盆休みがないので、11日祝日の早朝に息子と母とでお墓参りに行って来ました。午前8時に到着し、帰宅後、午前9時すぎには、潮江なつフェスの準備に入りました。
 読売新聞に、「ネット墓参り 海外から」との見出しがあり、ネット時代がここまで来たか…という感想です。





 このネットを利用したお墓参りは、頻繁に墓を訪れることが難しい高齢者や海外勤務の人たちに人気があるようです。
 実際にはどのようにしてお参りをするのでしょうか…。新聞には以下のように紹介されています。
 故人の納骨が納められた東京・巣鴨の寺院「功徳院」が運営するサイト「サイバーㇲトーン」では、遺影のほか、戒名、合葬墓の画像、生前に家族と行った旅行の写真などを映し出すことができます。パソコン画面にIDとパスワードを入力すると、遺影が現れます。
 利用者は、元々、東京・青山に墓を持っていたが、維持費が高額だったことなどを理由に、ネットで墓参りができる功徳院に墓を移した。ネットにより、故人を身近に感じ、気軽にお墓参りができるから便利と話しています。
 功徳院の合葬墓に納骨し、サイバーストーンを利用する場合の料金は総額50万円。サイバーストーンのみの利用は基本料が15万円。サイバーストーンの利用に制限はないとのこと。
 現在、ネット墓参の利用は約250件で、子どもや孫の世代の負担を軽くしたいという高齢者が生前に申し込む例が多いようです。
 しかし、ネット上のお墓は、実在の墓とは異なり、不正アクセスやサーバーの不具合などでデータが消えたり、改変されたりするリスクがあります。サイトがなくなる可能性もあることから、利用前に運用形態など確認しておくことが大切です。
| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 22:06 | - | - |
実家の琉球朝顔 日光を遮る効果 今年も元気に成長!
 実家にある琉球朝顔ですが、今年も元気に成長しています。日光の遮へい効果があるかどうかはわかりませんが、道行く人の目を楽しませています。
 今年は、母が知人から頂いた百合も植え、先日、白い花を咲かせました。たくさん蕾があり、お盆の頃に満開になりそうです。



 今年は例年にない「猛暑」。毎年自然に生えてくる琉球朝顔…。エコ効果があるのでしょうか…。中部電力が調査した結果がネット上にありました。
 緑のカーテンがない部屋では、日光を遮るものがないので、太陽の熱によって壁やガラスが温められてしまいます。その熱は部屋の中にも伝わるため、結果的に部屋の温度が高くなります。
  一方、緑のカーテンがあると、日光を遮り、熱の原因となる赤外線の多くを反射するため、部屋の中の温度を低く保つことができます。
 エアコンの冷房を同じ温度に設定しても、温度が高い部屋はその分だけ負荷がかかるため、電力を多く消費します。緑のカーテンは、エアコンの消費電力をおさえるという省エネ効果があるようです。
| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 23:05 | - | - |
伸びたポトスを挿し木に カットする部分はココ!
 自宅で育てている観葉植物の「ポトス」が長く伸びすぎて少々困っていました。一番高い洋服ダンスの上に置いていたのですが、いよいよ下に着きそうだったので、切ってみました。
 ポトスを切って挿し木にするのは初めてで、ネットで確認しながら恐る恐る切りました(笑)上手く根が出てほしいけど、また増えると困るしね〜悩ましいところ…。





| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 22:30 | - | - |
JR尼崎駅デッキから眺める「なにわ淀川花火大会」
 恒例となっている、大阪の夜空を鮮やかに染める夏の風物詩「なにわ淀川花火大会」が本日、大阪市北区や淀川区の境界付近の淀川で行われました。
 今年は開催30回目記念ということで、オープニングから10号玉5発、5号ワイド水中花火を同時にあげるなど迫力満点でした。
 今年は、30回記念ということで「水都夢花壇」が用意されました。水中花火を6か所からあげる鮮やかな演出で空と淀川の水面を様々な色で染め、2025年の国際博覧会の大阪誘致を意識した演出も施したようです。
 大阪の職場からは近い距離で、数年前に7階屋上から眺めたこともあったのですが、ちょうど花火が上がる目の前にマンションが見えたので、今年は、JR尼崎駅デッキから見ることにしました。
 花火が上がる時間には、大勢の人が集まり、花火が見える方向に向かって「きれいね〜」と歓声が上がっていました。
 猛暑が続く中、浴衣姿もチラホラですが、急な雷雨もなくお天気が安定していたので澄んだ夜空に花火がいっそう綺麗に見えました。



| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 22:56 | - | - |
前職場(約30年前)の上司とテニス初レッスン
 尼崎市内の病院で勤めていた頃の看護部長と初めてテニスを楽しみました。私の上司であった時期は、はるか昔(笑)の新婚当時です。
 その後、私は尼崎市内の別の病院に移り、看護部長となった時には、役員を共にさせて頂きました。当時は、尼崎私立病院協会と東阪神支部が合同で、看護部長会を行っており、私は会計でした。
 当時から、元看護部長さんが、長年テニスをしていたことは知っていましたが、プレーする姿などは一度も見たことがありませんでした。
 当時の看護部長のドンと言われていた方と仲が良く、一緒にテニスを楽しんでおられたようですが、その方はもう90歳になられたとの事で、お元気ですが、テニスは引退されたそうです。



 月日が経つのは早いもので、元看護部長さんも8月の誕生日で72歳になるそうです。週1回のテニスには欠かさず通っているようで、プレーできるところが素晴らしい〜!「また振替で来てね〜」と大歓迎を受けました。
 80歳の男性もレッスンを受けていましたが、70歳になっても80歳になってもテニスはできるということですね…。
 午後から職場に向かい、勤務表の作成など行い、帰宅してから、午後7時20分からレギュラーレッスンもこなしました。
 蒸し暑さはありましたが、エアコン付きなので疲れ方が随分違います。猛暑が一段落と喜んでいたのですが、台風が西日本を通過しそうです。
| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 23:10 | - | - |
ホテルヴィスキオ尼崎 ランチタイム 親友と時を忘れる
 今日も暑い一日でしたね…。夕方、雨がザーと降ったので夜は幾分涼しくなりました。午前中の振替テニスレッスンでは、暑さで持参のお茶がなくなり、スポーツドリンクを追加で買うほどでした。
 夏になると、体力不足を感じます。暑い日を避けて、週2回程度のジョギングなどで体力を維持しなくては…と思う次第です((+_+))
 話しは変わりますが、1月から連絡が途絶え、心配していた親友から先月連絡がありました。実に半年ぶりの返信です。
 先日、LINEで12時にJR尼崎駅で待ち合わせをする約束をし、ホテルヴィスキオ尼崎のレストランでランチをすることにしました。親友とは、LINEも電話も返信がない状態だったので、随分心配しましたけど、元気な姿に抱き合って(笑)再会を喜びました。
 私自身、ヴィスキオのランチは2回目ですが、前回と違うメイン料理をオーダーし、たっぷり2時間楽しみました。友人も気に入ったようで良かったです(*^_^*)



 その後、私の自宅マンションで数時間お話をし、京都や大阪では買えないと言っていた、「乃が美」のパンを市役所前店で買い求め持ち帰りました。
 親友との話は、時を忘れるくらい尽きないですが、お互い夕食準備があるので、また近々会うことで大阪のマンションに帰って行きました。
 ホテルヴィスキオ尼崎のお料理やコーヒー、そして、珍しい小松菜のスムージーも健康的で美味しかったです(^^♪
| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 22:37 | - | - |
連日、猛烈な暑さ… 35度以上で「蚊」は活動できず?
 気象庁は、今年の記録的な暑さを「1つの災害と認識している」と異例の記者会見を行いました。この暑さはあと2週間も続くようです。
 ところで、季節は「夏」…。高温多湿なのに、蚊の姿が見えません…。Twitterでは「最近見かけないと思っていたけど、35度以上だと蚊は活動できないらしい」という投稿が話題になっているようです。
 連日、猛暑が続いており、過去の記録を更新する猛暑…。今日、18日には岐阜県多治見市でついに40.7度を記録しました。
 人も動物も暑さでグッタリですが、蚊もグッタリしているのでしょうか…。これが事実なのか、疾病媒介昆虫の研究をしている長崎大学熱帯医学研究所等に確認した記事がありました。



〜「35度で活動できなくなる」 は妥当〜
 ネッタイシマカという蚊を使った実験で、いろいろな温度と湿度の条件で蚊の飛翔活動を調べてみたところ、飛翔が見られたのは10度から35度までだったという論文があります。また、これまで最適と言われてきた27度よりも15度の方が長く飛んだとあります。
 日本に多く、昼間野外でよくヒトから吸血するヒトスジシマカはネッタイシマカと近縁なので、高温に対する耐性もそれほど違わないと思われます。ですから35度を超えると蚊が活動しなくなって刺されにくくなるというのは妥当だと思います。
 また、家庭用殺虫剤や衣料用防虫剤を展開するKINCHO(金鳥)でおなじみの大日本除虫菊株式会社にもお話を伺ったところ、蚊が活動できる気温は15度から38度程度までさまざまな説があるため一概には言えないが、活発に活動する気温は26度から32度だという。
 蚊はもともと常に獲物を探して飛んでいるわけではなく、茂みなどに潜んで獲物を待つことが多い。近頃の暑さは蚊が好む気温とはいえず、涼しい場所を求めてじっと潜んでいるのだという。
 こういったことから、あまり蚊を見かけなかったのは気のせいではなく、この異常な暑さのせいで間違いないようです。
| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 23:10 | - | - |
メスのシオカラトンボ 偶然の訪問に驚きと感激 
 仕事に行く前に自宅の玄関を出ると、先日検索して学習した、シオカラトンボのメスが手すりに止まっていまいた。
 「メスのシオカラトンボとは私のことよ〜」と会いに来たかのような絶妙なタイミングです。偶然の訪問に驚きと感激〜(*^_^*)
 スマホで撮影していると、隣の自治会会長が、「おや〜珍しいトンボや〜 オニヤンマ?」と聞いて来ました。「違いますよ〜シオカラトンボのメスですよ〜」て教えてあげました(笑)


| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 23:21 | - | - |
私の周辺を飛び回る シオカラトンボ… オスとメスの違い
 休日に実家に行った際に、自転車にシオカラトンボが止まっていました。自転車のハンドルやカゴの辺りを飛び、離れようとしません。信じがたいことに、手を伸ばすと指に止まったりと随分人懐っこいトンボでした(笑)。 
 さて、シオカラトンボは、オスとメスには身体の色が違うようで、私が見たトンボは、どうやらオスのようです。画像下はメス(ネットから)
 秋が近づくと赤トンボが姿を現します。シオカラトンボは夏のイメージですが、4月から10月にかけて飛び回るそうです。北海道から沖縄まで幅広く分布し、普段は好む水辺でよく見かけます。



| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 23:00 | - | - |
猛暑!2つの高気圧列島すっぽり テニス中も集中力欠く
 連日、35度を超える猛暑の原因は、2つの高気圧だそうです。日本列島上空1万5000mでは、チベット高気圧が張り出し、更に勢力が強い太平洋高気圧に列島はすっぽりと覆われています。
 気象庁の観測によると、太平洋高気圧が列島に暖気をもたらすのに加え、チベット高気圧によって生じる下降気流が地表の空気を圧縮し、気温を更に上昇させているそうです。



 塚しんノアインドアテニススクールでは、7月〜9月の3か月間にレッスン回数をこなせば良いことになっており、平日休みが取れない日のために祭日に詰めてレッスンをこなしておきたいと考えていました。
 取りあえず、午前1レッスン、午後1レッスンの予約を入れましたが、インドアとはいえ、扇風機のみのテニスコートは暑い!
 友人と1レッスン後にランチをし2レッスン頑張ってみましたが、暑いので集中力に欠け、「早く終わらないかなー」と90分が長ーく感じました。
 振り替えのスクール生の中には、3レッスン続けてした人もあり(50代くらいの女性)昼ごはん抜きで塩飴と水分のみで頑張ったそうです。20代の男性でもばてていたのに、すごい気力と体力です。
| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 22:35 | - | - |
社明運動講演 今のこどもたち〜児童相談所の現場から〜
 第69回社会を明るくする運動(社明運動)〜犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ〜小田地区集会の講演についてお話します。
 昨日、午後1時30分〜3時まで、小田地区会館にて行われた講演です。演題は、「今のこどもたち〜児童相談所の現場から〜」で講師は、兵庫県姫路こども家庭センター荻野所長でした。参加人数約150人。
 内閣府の「子どもを持つ場合の条件」のアンケート結果では、働きながら子育てができる職場環境であるが1位で、次いで、教育にお金があまりかからない、健康上の問題がないと続きます。
 また、三起商行株式会社のアンケートでは、子育てに関する家庭内での悩みととして、1位はお金、2位は家事、配偶者との関係と続きます。
 いずれもお金にかかる不安があるようです。子どもを持つとお金がなくなると言う漠然として不安があり、育てにくい社会も関係があるようです。





 児童相談所の相談件数の中で、平成29年度の虐待は兵庫県内で3,673件あり、中でも、心理的虐待が最も多く、子どもの前での夫婦喧嘩、DV等が含まれます。「虐待」は、「不適切な養育」と言い、虐待時に「泣く」「物を投げる」などの動作により、チャラになる。喧嘩を繰り返すうちに、この行為を子どもが学習し、成長にダメージを与えてしまうようです。
 不適切な養育の家庭について考える「要保護児童対策地域協議会(ようたいきょう)」があり、虐待かも…と思ったら、189(いちはやく)番へ。全国児童相談所全国共通ダイヤルです。
(ご近所さん)キーワードは…
○情がかよう
○近所のおばさんが息子をほめる
○人は80歳や90歳になっても(良い方向)に変わる
 非行や犯罪を犯す人の中で、家庭環境が要因となっているケースを聞くことがありますが、こういった「不適正な養育」により子どもが学習するのも要因であると知りました。
 マンション建設など、少子化、核家族化が増え、近所付き合いが希薄になりつつあります。今のこどもたちにとって、「子どもを生み育てにくい社会」「子どもの育ち、子育ての問題」が課題です。
| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 23:38 | - | - |
再出発を見守る社会へ… 第68回社会を明るくする運動
 「社会を明るくする運動」とは、犯罪や非行を防止し、立ち直りを支え、全ての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。
 7月が強調月間・再発防止啓発月間で、今年で68回目を迎えます。テレビや新聞では、毎日のように事件(犯罪)のニュースが報道されています。安全で安心な暮らしは全ての人の望みです。
 犯罪は減少しているものの、再犯は増加傾向で、犯罪や非行をなくすためには、どうすればよいのでしょうか…。
 再犯を失くすには、立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことや、犯罪や非行をする人を生み出さない家庭や地域づくりをすることもとても大切なことなのです。
 今日は、保護司研修「平成30年度処遇基礎力強化研修(第一次研修)」が神戸であり、昨年、保護司になった3人と共に受講しました。全人数89名。
 明日、7月14日(土)は、午後1時30分〜小田地区会館3階大ホールにて、講演があります。入場無料。
○演題 今のこどもたち〜児童相談所の現場から〜
○講師 兵庫県姫路こども家庭センター 所長





 更生ペンギンの「サラちゃん(右)」とホゴちゃん(左)」なぜペンギンなのか…? 飛べない(飛行しない=非行しない)だそうです。
 ちなみに、クジラは「保護司のクジラ先生」、イルカは「BBS会員のイルカ姉さん」、アシカは、「協力雇用主のアシカ親方」、黄色いリボンを付けた白猫さんは、「更生保護女性会員のオゴジョさん」。
 黄色い羽根(幸せの黄色い羽根)と黄色のヒマワリは、「社会を明るくする運動〈更生保護)」のシンボルマークです。
| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 22:46 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS