isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
忍たまファン潮江素盞嗚神社に 3日間で約270人
 あましんアルカイックホールで、11月8日(19時)、9日(12時、17時)、10日(12時、17時)開催している、忍たまミュージカルに来場された忍たまファンが潮江素盞嗚神社に来て頂きました。
 潮江文次郎も登場するミュージカルで、「学園長の突然の思いつきで、忍術学園大運動会が開催されることになった」とあり、「忍たまの原点!ギャグ満載でお届けする第10弾再演は、最高に面白いぞ!」とあります。
 全国から、このミュージカルを見ようと大勢の忍たまファンが来阪し、潮江文次郎の大絵馬があるこの潮江素盞嗚神社にお越し頂きました。
 8日(61人)、9日(106人)、10日(100人)。この三日間でのご来場人数は約270人。いずれもご記帳された方の人数。
 今日の17時開演のあと、遠方の方は明日帰られる人もおられることから、明日もう一日神社は忙しそうです。

| isako | 潮江素盞嗚神社 | 20:07 | - | - |
健やかな成長を祝う 潮江素盞嗚神社で「七五三」
 潮江素盞嗚神社で「七五三」があり、8人の子どもさんが来られました。七五三は、子どもの健やかな成長を祝うお祝いごとです。三歳、五歳、七歳といった、節目節目に行われます。
 昔は現在のように、医療技術が発達していなかった事や、十分に栄養のある食べ物を食べる事ができない子どもも多かった事から、大人になるまで成長できる子どもはあまり多くなかったと言われています。
 今では亡くなることが希になった「麻疹(はしか)」ですが、昔は予防も治療もできず、危険な病気でした。その後、抗生物質や予防接種ができ、感染症による死亡は激減しました。
 今日は多少雲が広がりましたが雨は降らず、まずまずのお天気で、忍たま乱太郎(潮江文次郎)の絵馬が見守る中で祝詞が読み上げられました。
 新社殿が完成してから毎年のように七五三の参拝者があり、地域の氏神さまとして広く認識して頂いていると感じました。

| isako | 潮江素盞嗚神社 | 21:17 | - | - |
あましんアルカイックホール ミュージカル忍たま乱太郎
 ミュージカル忍たま乱太郎「尼崎公演」が、あましんアルカイックホールで開催予定です。11月8日(金)、9日(土)、10日(日)の三日間。
 「11月8日(初日)ご来場者のみなさまに、原作 落第忍者乱太郎 原画イラスト特製缶バッジをプレゼント!※8日の公演限定で配布します。入場時にお渡しいたします」とお知らせがあります。



| isako | 潮江素盞嗚神社 | 22:11 | - | - |
五穀豊作 災難を祓う 潮江素盞嗚神社 秋祭り
 いくつもの川が氾濫し、死者33人と大きな被害をもたらした台風19号…。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
 予定されていた潮江素盞嗚神社秋祭りですが、昨日は中止。今日は午前9時からお神輿の飾りつけを行い、午前・午後と地域をまわりました。
 私は福引き担当で、約900人の方々が福引きを行いました。高齢化が進み、お神輿を引く子どもの数は激減していますが、今日は、元気な子ども達の姿を多く見ることができました。
 福引券は、少なくとも潮江社会福祉連絡協議会に入っている世帯全てに(1枚100円)配られていますが、行けない人や行かない人も増え、最近では、希望者のみに配布する福祉協会もあります。
 秋祭りは、「五穀豊作を祈る」「町に神輿を引き災難などを祓う」意味がありますが、6月に地元、尼崎市立潮小学校の校外学習で「秋祭り」について、お話ししたことを思い出しました。
 地域の行事を通じて、なぜ行われるのか、どの組織が守っているのか等、学習することは大切だと改めて感じました。



| isako | 潮江素盞嗚神社 | 22:30 | - | - |
潮江素盞嗚神社社務所当番 他府県から訪れる参拝者
 潮江素盞嗚神社社務所当番でした。お天気も良く参拝者は他府県が多かったです。「JR尼崎駅に着いたらお祭りの幟を見かけたので探して来た…」という70歳代のご夫婦(西宮市)。「時々、車で通りかかり気になって寄ってみた」30歳代くらいの男女(大阪市淀川区)。そして、お一人でご朱印をお求めになる男性‥。
 今日は、ご朱印やお札を求めて参拝される方々ばかりで、神社の説明をすると、関心を持って聞いて下さいました。 
 境内にある樹齢数百年とも言われる「クスノキ」に驚かれる方もおられ、「触ってもいいですか…」とご神木に祈りを捧げる姿もありました。
 12日(土)、13日(日)は、秋祭りが予定されていますが、今のところ、週間予定では、いずれも☂となっています。台風の影響だとか…。

| isako | 潮江素盞嗚神社 | 21:58 | - | - |
ネット上記事「落第忍者乱太郎」65巻をもって完結
 尼子騒兵衛「落第忍者乱太郎」が、11月30日に発売される単行本65巻をもって完結することが明らかになった。
「落第忍者乱太郎」は、一流の忍者を目指して忍術学園に入学した忍者のたまごたちが巻き起こすドタバタ劇。
 64巻までの単行本累計発行部数が930万部を突破する人気作だ。1993年にNHKで 「忍たま乱太郎」としてアニメ放送がスタートしたほか、実写映画化やミュージカル化など多くのメディアミックスを果たしている。
 「落第忍者乱太郎」は朝日小学生新聞にて1986年より4〜6月、10〜12月に季節限定で毎日連載されてきたが、今年1月に尼子が脳梗塞を発症。4月にスタート予定だったパート64の連載を延期してリハビリに励んでいたが、「毎日の連載は難しい」との尼子の判断を尊重して連載終了が決まった。
 朝日小学生新聞での連載は、本日10月1日から12月末まで掲載する「傑作選」をもって、33年の連載に幕を閉じる。なお尼子は順調に回復しており、2020年4月から月1回のペースでの新連載を準備中だ。
 最終65巻は通常版に加え、32ページの小冊子が付いた特装版も用意。小冊子にはアニメ「忍たま乱太郎」より乱太郎役の高山みなみ、きり丸役の田中真弓、しんべヱ役の一龍斎貞友による鼎談が10ページ以上のボリュームで掲載され、舞台裏のエピソードがたっぷりと披露される。さらに声優たちから尼子へのメッセージ、2011年刊行の公式キャラクターブック以降に登場した主なキャラクターの紹介、今年の正月に朝日小学生新聞に掲載された尼子作「推理くいず」なども収められる。
 このほか朝日小学生新聞と朝日新聞出版では、連載終了と65巻刊行に合わせ、「乱太郎イラストコンテスト」を開催。作品に登場するキャラクターを描いて応募し、優秀作品に選ばれた65名にオリジナルの賞品をプレゼントする。詳細は公式サイトにて確認を。(ネット上全文)



 尼子先生が脳梗塞を発症していたなんて…。驚きです。潮江素盞嗚神社に尼子先生の「潮江文次郎」の絵馬が奉納されています。
 私は尼子先生には幾度か会いしたこともありますが、未だに信じられません。ネット上で見た、3月の画像では車椅子でしたが、順調に回復しているようで安堵しています。
| isako | 潮江素盞嗚神社 | 21:25 | - | - |
「尼崎地名めぐり・忍たまファンの集い」に約300人来場
 本日、午前10時〜午後3時迄、潮江素盞嗚神社にて、「第4回尼崎地名めぐりin潮江・忍たまファンの集い」を開催し約300人が来場されました。
 21日〜23日の間のご来場人数が、500人以上となったのは、ミュージカル「忍たま乱太郎」の大阪公演(森ノ宮)とMOVIXあまがさきでのライブ・ビューイングがあったからです。
 そして、今回初めて、コスプレ用の更衣室を用意したところ、2組4人の方が見事な衣装とお化粧で変装され、その変身ぶりには驚きと感動でした。
 私は、午前9時から神社にいましたが、続々と忍たまファンが来られ、お絵かきを楽しみながら、社務所内の展示物、潮江文次郎の大絵馬、ソロバン型のお賽銭箱など、興味深くご覧になっていました。
 午後2時からの大抽選会では、約100人が参加し、尼子騒兵衛先生から頂いた景品や潮江せんべい等、約200点全てファンの方に差し上げました。
 毎日新聞からイベントの取材に来られ、明日の地域版に掲載するそうです。毎日新聞を読んでおられる方はご覧くださいね…(^^)/












 
 イベントが終了してから、MOVIXあまがさきにて、5時から始まるライブ・ビューイングを前に、お出迎え宣伝もしました。(一番最後の写真)。
 午後6時からは、潮江連協常任理事会もあり、潮江なつフェス、敬老の集いなどについて会議をしました。
 日中、曇り空でしたが、夜には雲はとれ、涼しい風が心地よかったです。長い一日でしたが、ファンの方々に喜んで頂けて良かったです。
| isako | 潮江素盞嗚神社 | 22:20 | - | - |
潮江素盞嗚神社落成式・稚児行列、「忍たま」大絵馬披露!
 神社社殿完成につき、落成式・忍たま乱太郎大絵馬・大ソロバン・フクロ槍の除幕式、お稚児行列の一連行事が潮江素盞嗚神社にて盛大に、また厳かに行われ、多くのご来賓等が見守る中、無事に終了しました。
 先日、神戸新聞から受けた取材が今朝の新聞記事として掲載されており、神社社務所に掲示されていました。
 今日の落成式を迎えるにあたり、とにかくみんな初めての事ばかりで、その準備が大変でした。また今日は特に寒い!ハッピの下にダウンベストを着て、着膨れするくらい防寒対策をしていたのですが、それでも寒かった…
 いくつかの暖房器具も用意したのですが、震える寒さの中で、御列席頂いた全ての方に感謝いたします。
 落成式・除幕式が終了したのち、そのまま引き続きお稚児行列の準備に取りかかり、12時すぎから続々と訪れたお稚児さんに大勢の美容師さんがお化粧をし、着付けをして行きました。
 午後2時30分から警察官の警護の中、神社からあまがさきキューズモールに向かってお稚児行列が始まりました。キューズモール3階、レンガの広場でお稚児さんの集合写真を撮り解散…。


寒い中、大勢のご来賓


神楽舞


忍たま乱太郎「潮江文次郎」漫画家、尼子騒兵衛氏の大絵馬奉賛の除幕式
稲村市長、尼子騒兵衛氏に参加していただきました


大ソロバン・フクロ槍の除幕式
稲村市長、珠算関連の方々にご参加いただきました


着替えをすませたお稚児さん… 総勢65人


稚児行列の先頭は、潮江連協藤原会長と浦田総代会長、皇大神社祢宜さん


キューズモール3階・レンガの広場で集合写真

 午後6時前に全ての行事が終了しました。ご来賓の方々にはお気づきの点もあったかと思いますが、怪我もなく、トラブルもなく無事にこのような大きな行事を終えることができ本当に良かったです。
 東京、岡山、伊丹、埼玉、神戸等からお越しいただいた忍たまファン…また潮江素盞嗚神社に来て下さい(*^_^*)忍たまファンの方々との交流など記事の続きはまた明日に…
| isako | 潮江素盞嗚神社 | 19:10 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS