isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
院内講演会 各科業績発表〜看護部活動報告
 5月度の院内講演会は、各科業績発表でした。本日、発表した内容は後日「年報」という冊子にして近隣企業や病院に配布いたします。



〜看護部の活動報告
 大精協看護専門学校、准看護科に対し、基礎・各論臨地実習指導を行いました。学生の心に寄り添った指導を心がけています。
 大阪府健康福祉部医務・福祉指導室(医療対策課看護グループ)の依頼により8月に大阪市内の高校生を対象に「一日看護師体験学習」を行い、また、地域の大阪市立歌島中学校より、「職業体験学習」の依頼を受け、9月の2日間、2年生女子生徒6名を受け入れています。献血事業は、年2回(5月、11月)計73名が協力しました。
 院内の学習会は、教育委員会が年間計画をたて実施し、院外研修は、主に大阪府看護協会主催の研修会に、1人1研修参加を原則としています。
 看護研究発表は、3階病棟(療養病棟)が「認知症高齢者の身体拘束に関して、ユマニチュードから学んだこと」を発表しました。身体拘束の実施基準や鎮静を目的とした薬物の適正使用等の内容を盛り込んだマニュアルを作成し活用しています。
 看護部の運営方針を基に看護師教育に力を入れ、人材育成に引き続き取り組んで行きます。通信制の看護学校を卒業した看護師は実務経験がある分、臨地実習や症例研究に取り組む時間が大幅に省かれ資格を取得しています。
 当院独自の卒後教育を行いながら、リーダーシップが取れる看護師育成に努めて行きます。以上が主な内容です。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:48 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS