isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新しい生活のスタート 懸念される感染拡大「第2波」
 大阪府、京都府、兵庫県に緊急事態宣言が解除されました。安堵と同時に心配されることは人が活動することで懸念される感染拡大の第2波。
 今回の新型コロナの感染症は、100年に1度と言われるパンデミックです。100年前の1918年〜1920年にかけパンデミックが起きました。スペイン風邪(スペインインフルエンザ)です。
 第一次世界大戦時に、中立国であったため情報統制がされていなかったスペインでの流行が大きく報じられたことに由来。スペインが発生源ではありません。世界中で5億人が感染したとされ、当時の世界人口の4分の1だったそうです。
 日本における被害は、合計2380万人が罹患し、死者は38万人、致死率1.63%でした。記録によりますと、スペインかぜによる死者数の99%は65歳未満であり、ほぼ半数が20歳から40歳の間でした。65歳未満の死亡率は65歳以上の6倍。
 当時の若年成人の死亡率の高さについては、スペインかぜのウイルスが引き起こすサイトカイン放出症候群が若年成人の強い免疫システムを破壊することが原因の一説として挙げられています。
 新型コロナの場合は、8割が軽症とされ、若年者の死亡の原因として、同じくサイトカイン放出症候群ではないかと言われています。
 第1波より第2波の方が毒性が強くなる?感染者や死者数も多いのでは?等、警戒しながらの緊急事態宣言解除です。感染防止策をしながらの新しい生活がスタートします。

 
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:59 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS