isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
手軽に栽培 栄養豊富な「豆苗(とうみょう)」
 初めて豆苗を食べて栽培してみました。豚バラ肉の豆苗巻きの画像が袋にあり、今回はモヤシと豆苗を一緒に巻いてみました。
 豆苗は、β-カロテンを100g当たり4700μgと豊富で、これはホウレンソウ100g当たりのβ-カロテン量4200μgの約1.119倍に相当します。
 また、ビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富で、β-カロテンを含めたこれらの栄養成分は一般的な緑色葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ)の含有量を上回るほどです。
 下ゆでの必要なく手軽に使えます。更に根が付いた状態で販売されているので、切り取ったあとは、タッパに水をためて栽培し再収穫もできます。
 1970年代日中国交回復以降日本で販売され、1995年頃から、植物工場で豆を発芽させた状態の豆苗が栽培されるようになると、年間通して安定生産が可能となり、一般野菜として家庭にも浸透するようになったそうです。
 安くて使いややすく、しかも栄養豊富な豆苗は、2008年のリーマンショック以降、急速に需要が伸びています。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 23:29 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS