isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << June 2023 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今年は6つ同時の開花 自宅のスパティフィラム
 今年も観葉植物スパティフィラムが開花しました。5月の末から6月初めにかけて毎年開花しています。
 「観葉植物を育てるのが上手ですね〜」と言われますが、だいたいは水のやりすぎとか構いすぎ(笑)です。
 施設ではポトスが伸びたら切って水栽培をしていますが、スタッフが持ち帰っても根っこが伸びずに元気がなくなり枯らすパターンです。
 「育たない〜」と言ってまた施設に持って来るスタッフもいます。私が、観葉植物の葉のツヤなどを見て「水がほしい〜という気配を感じたら水を適量あげる」と言うとスタッフ一同「わからんなあ〜」と笑っております。
 我が家のスパティフィラムは今年も元気です!昨年は3つ開花で今年は6つ同時開花しました。年々安定して花が咲き増えるので嬉しいです。

| isako | - | 21:43 | - | - |
池から出没する河童のガタロ ゆめさき川の昔話
 昨日の続きですが、福崎町出身の民俗学者・柳田國男さんの生家や特産館もちむぎのやかた近くにある「辻川山公園」のため池に、河童の河太郎(がたろう)と河次郎(がじろう)が出没します。
 これは、柳田國男さんが人生を回顧して書いた著書『故郷七十年』に登場する、河童のガタロ(河太郎)をモチーフにしたもので、1匹は池のほとりにいますが、もう1匹は池の中にいて、9時〜18時の毎時00分と30分に水中から飛び出して来ます。



 河童のガタロは、ゆめさき川の昔話にも出て来ます。(大家さんの馬とガタロのはなし) むかし、むかし岡村に大家ゆうたいそう裕福な家があって、この家には田んぼや畑を耕したり乗るのに馬を二頭飼っていました。
 ある時、その馬が川原で水を飲もうと近寄ったらガタロ(河童)が、水の中からずこーんと出て来て馬の首をつかまえて水の中へひきずりこうむとしました。それからがガタロと馬の引っ張り合いで、いっぺんはガタロを陸の上に引きずりあげたけど、ガタロも力では負けず、ずるずると水の中に馬が引きずり込まれて行きました。
 もうあかんと思ったのか馬が二、三べん首を振って「ヒヒ〜ン」ともの悲しげに泣いたら、ガタロもつられて頭を二、三べん振ったら、頭の上の水が流れ出てみるみるうちに力が衰えてしまった。
 かしこい馬はガタロを背中に乗せて大家さんのところに帰って行ったという話。ゆめさき温泉、ゆめさき川に伝わるお話しだそうです。
| isako | - | 21:24 | - | - |
研修 民俗学者「柳田國男生家」 可愛い妖怪ベンチ
 潮江社会福祉連絡協議会一泊理事研修は、前日の大雨が嘘のようにスッキリ晴れ、紫外線が気になるほどの好天気に恵まれました。
 研修2日目は、民族学者の「柳田國男の生家(日本一小さな家)」を訪れ、記念館も拝観しました。柳田國男さんは、明治8年〈1875年〉に兵庫県神東郡辻川村の松岡家に生まれました。



 大正8年(1919年)日本民族学を創設しています。その研究は海外でも高い評価を得て、文化勲章、正三位勲一等旭日大綬章を授与されています。
 松岡兄弟は、長男(医師・政治家)、三男(国文学者・歌人)、七男(海軍大佐・言語学者)、八男(日本画家)それぞれ才能を発揮しています。
 生家は田の字型の間取りです。この家に住んだ経験から、「故郷七十年で日本一小さな家」と称しています。生家=県指定文化財。
 「私の家は日本一小さい家だ(中略)この家の小ささ、という運命から、私の民俗学への志も源を発したいといってよいのである。」と語っている。
 生家がある周辺は河童の池、大庄屋三木家住宅(兵庫県指定重要有形文化財)などがあり、「民芸の町」といった雰囲気でした。
 池から河童の「河次郎」と「小河童」が現れると聞いてジ〜と待って動画を撮ることに成功しました(笑)。
 私が気に入ったのが「妖怪ベンチ」。特に「座敷童子」のベンチが可愛くて、一緒に写真を撮りました(笑)。絶好の青空に恵まれ色んなことを学べた研修でした。

| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 21:18 | - | - |
潮江社会福祉連絡協議会 一泊理事研修に参加
 潮江社会福祉連絡協議会一泊理事研修に参加しました。令和元年6月にカップヌードルや金平糖作りを体験した研修以来のことです。6月2日〜3日。
 4年ぶりの一泊研修は姫路方面です。台風2号の影響で梅雨前線の活動が活発になり、1日木曜日から大雨になっていました。
 2日(金)当日は午後12時50分集合でしたが、午前中、前が見えないくらい雨が強く降り続き、尼崎市では大雨警報が発令されていました。
 集合(バス停車)場所まで徒歩10分もかからない距離でしたがレインコートを着て傘をさして行きました。定刻に出発し中国自動車道は渋滞なくスムーズに進み、午後2時すぎに尼崎市では大雨警報が解除されました。
 警報が出たので学校は休校になる所が多く、今日の研修場所である「エコパークあぼし 姫路市立網干環境楽習センター」はキャンセルがあり、貸し切り状態でした。ごみ焼却施設、再資源化施設などがあり、施設を見学しながらそれぞれ説明がありました。



 「再資源施設」は、粗大ごみ、不燃ごみやびん、ペットボトル等資源物を受け入れ、破砕、選別を行い資源の回収を図る施設です。
 プラスチックなど不燃ごみ(たとえばケチャップの容器)はきれいに洗ってから資源ごみに出すようにしてほしいと話していました。ペットボトルもラベルをはがして中をきれいに洗ってから出してほしいそうです。洗わずに出す場合は可燃ごみ(一般ごみ)に出して頂いた方が良いようです。
 選別は全て「手作業」で何時間もかけて選別するそうで、容器が汚れていたら周囲を汚染するなどが理由だそうです。
 また、ごみの焼却余熱は、しトレーニングジム、喫茶コーナー、温浴施設、カブトムシホールなどに利用されています。循環型社会の形成をめざした未来型の都市空間となっています。
 プラスチックやペットボトルは使いやすいですが、ごみとして再資源する場合、多くの人の手と労力がかかっていると改めて知りました。プラスチック容器の選別は全て「手作業」であること等、勉強になりました(*^_^*)

| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 21:26 | - | - |
神社境内で約4年ぶりの「夜店」多くの人で賑わう
 新型コロナ感染症によるパンデミックから約4年…。5月から「平時」になったのを機に夜店も再開しました。
 約4年ぶりとあって多くの人で賑わいました。人が多すぎてベビーカステラを買い求める人の長い列ができていました。
 潮江社会福祉連絡協議会では交通整理や自転車整理など防犯上の警備を防犯グループが中心となって午後6時30分〜午後9時まで行いました。
 多くの人が集まった神社境内ですが、マスクをしている人、していない人の数は半々くらいでした。
 お店は7〜8つくらいでしょうか…。ベビーカステラなど終了までに材料がなくなるのではないかと思うほほど人が多かったです。



 昨日と今日は、潮江社会福祉連絡協議会理事研修でした。昨日から今日にかけ一泊で研修をしました。午後3時前くらいに帰りひと休みしてから、ほとんどの会長さんらは夜店防犯に参加しています。明日以降にその報告はするとして…。参加された方々お疲れさまでした〜(*^_^*)
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 21:55 | - | - |
将棋 藤井総太さん「名人」獲得は最年少
 将棋の、藤井総太さんは、5歳から将棋を始め数々の最年少記録を達成して来ました。(以下)
・14歳2か月 「最年少プロ」入り
・29歳 「最多連勝」
・15歳6か月 「最年少棋戦優勝」
・17歳11か月 「最年少タイトル」(棋聖)
・18歳11か月 「最年少防衛(棋聖)・最年少9段」
・20歳8か月 「最年少六冠」(叡王・棋聖・王位・竜王・王将・棋)=対局日程順の6つを保持。
 残るは「名人」と「王座」の2つでしたが、昨日「最年少七冠(名人)」を獲得しました。1983年に21歳2か月で名人を獲得した谷川浩司十七世名人〈61歳)の最年少記録を約40年ぶりに更新し、羽生善治九段〈52歳)以来2人目となる七冠制覇を達成しました。



 私は将棋のことは子どもの頃遊んだ程度しか知らず無知に近いのですが、一人でコツコツよく考えて粘り強く…というイメージです。
 将棋の魅力は、「老若男女問わず遊べる」点で、ルールさえ覚えれば誰でも参加可能で、性別も年齢も国籍も関係ありません。
 ルール自体もそこまで複雑ではないので初心者の方でも入りやすいものだそうです。(ネット検索から)
 そして、運に左右されない(実力がはっきりわかる)、引き分けることも少ないので、勝ち負けがはっきりとした真剣勝負が味わえます。なのでプロ同士の対局とmなれば2日間かけて指すこともあります。
 多様な戦法もあり代表的なものは、「棒銀」「四間飛車」「角交換振り飛車」などがあるようです。私には全くわかりませんが…(笑)
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 09:21 | - | - |
約6600万人が来園 須磨水族館閉館に惜しむ声
 神戸市立須磨海浜水族園がリニューアルのため閉園し民営化と建て替えが決まり、5月31日午後7時に閉園しました。
 須磨海浜水族園は、1987年に前身の「須磨水族館」をリニューアルして開園し、地元の人たちに親しまれてきました。
 最終日となった5月31日(昨日)は閉園を惜しむファンら約7200人が訪れました。営業を終了し飼育スタッフらが挨拶されると来園者からは「ありがとう」との声があがり、大きな拍手が送られました。
 息子たちが子どもの頃、お弁当を持ってよく行きイルカショー等、楽しませてくれました。身近な水族館だったのに…残念です。
 敷地には来年6月にはリニューアルし(民営化)新水族館「神戸須磨シーワールド」が開業します。ホテルやカフェを備えた海浜リゾートパーク〈約10如砲涼羈忙楡澆砲覆蝓∪焼本唯一のシャチが見られます。
 閉園となった須磨水族館は1957年に開園した前身の須磨水族館を含め、これまで約6600万人が来園しています。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:10 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS