isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << May 2023 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「野球少年」 昭和55年の3割程度に減少 1位は水泳
 野球を楽しむ「野球少年」が減少傾向となっており昭和55年の3割程度となっています。昭和55年といえば、ドラフト会議で巨人が「原 辰徳君(東海大)」を1位指名した年です。
 王・長嶋時代を経て、減少した要因の一つが年間にかかる費用の高さです。たとえば、/絮 4万8122円 ▲謄縫 4万8940円 ダンス 5万1059円 ぅ汽奪ー 5万6147円 ヌ邉 7万4931円 と2倍近い費用となっています。野球は、ピッチャー、内野手、外野手、キャッチャー、ファーストとグローブを替える必要もあり何かと道具にお金がかかります。
 練習する場所も少なくなっておりスポーツを続けるには道具、場所共に難しくなっているようです。



 2021年「子どもに習わせたいスポーツランキング」は男女ともに1位は「水泳」。2位以降、男子は、2位「サッカー」、3位「体操」、4位「武道・格闘技」、5位「野球」です。女子は、2位「ダンス・バレエ」、3位「体操」、4位「テニス」、5位「サッカー」という結果でした。
  なぜ、水泳が一番なのか…。基礎体力がつき、さらに肺機能が高まることで喘息になりにくかったり、風邪をひきにくくなったりすることも人気の理由です。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 21:57 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS