isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << September 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
9月9日は救急の日 尼崎市の救急搬送 半数が軽症
 今日は救急の日です。尼崎市、市報あまがさき9月号に「知ってほしい 尼崎市のホントの救急」と尼崎市における救急出動件数などが書かれてありました。
○昨年の救急出動件数 28411件
○1日あたり平均 78件、18分に1回出動
○救急車が到着するまでの時間 約8分
○救急搬送したうち軽症の割合 50.1%
 救急搬送後に医師が診察した結果、入院の必要がない軽症が占める割合は、毎年約半数にのぼります。自分で病院に行けるけどタクシー代がもったいない、今日から入院で荷物が多いから、診察予約があるから連れて行って、さっきも救急車呼んだけど別の病院に行きたいから…等。ホントに救急車が必要か‥?すぐに救急車を呼んでほしいケースは以下です。
1.意識がない
2.呼びかけに反応しない
3.呼吸の様子がおかしい
4.胸やお腹、頭などが突然激しく痛みだした
5.ケイレンしている(子ども)
6.息が苦しそう(子ども)
7.高いところから落ちた(子ども) 
 このように、「突然普段と違う症状が出た時は迷わず救急車を呼んで下さい」と呼びかけています。



 9月9日は父の命日で早朝、仕事前にお墓参りに息子と一緒に行きました。午前7時すぎには雨もあがり、無事にお参りできてよかったです。
 父が亡くなった年は、アメリカ同時多発テロのあった年です。2001年9月11日に葬儀が終わり自宅のテレビをつけるとビルに突っ込む飛行機の映像が映りました。最初は「映画」だと思っていました。あれから20年経ったんですね…。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:58 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS