isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << September 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
季節は秋へ 土の中で長〜く過ごす 蝉の一生
 秋雨前線による雨雲が日本列島を広く覆い雨となりました。秋雨前線を挟んで上は秋の空気、下は夏の空気で、上(寒い空気)と下(暑い空気)がぶつかり合って雨雲が発生しています。梅雨前線は春から夏へ…。そして秋雨前線は夏から秋へ季節が移り行く現象です。
 最近休みが多いですが、今日もお休みで午前中はテニスを楽しみました。今週のテーマはボレーです。ボレーはバシバシ打ててストレス解消に良いんです〜(笑)。火曜日も今日もレギュラー以外の振替クラスです。
 雨のせいかも知れませんが、蝉の鳴き声がピタッと止みました。これから長い地下生活を送るんだと思うと何となく気持ちが暗いです。
 アブラゼミは夏の成虫の間に木の幹に卵を産みます。その卵が孵化するのは翌年の梅雨時です。
 孵化した幼虫は土の中へ潜って行き、蝉の一生の大半は土の中で(3年〜17年間)過ごします。蝉の種類によっては17年間にも及ぶのです。
 短い蝉で3年くらいで羽化のタイミングで再び木に登って来ます。蝉が成虫になってからは1週間〜10日くらいの寿命と言われています。



 私は冬より夏が好きなこともありますが、蝉の合唱が好きです(*^_^*) 成虫になってからの蝉の役目は子孫を残すことです。そのためにオスはメスに合図を出すために大きな声でないていたのです。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:51 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS