isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
静かなクリスマスイヴ インフルエンザと新型コロナの違い
 ホワイトクリスマスではなく冷たい雨となりました。いつもと違うクリスマスイヴを静かに迎えておられることと思います。 
 政府が呼びかけた「勝負の3週間」にもかかわらず、増え続けるコロナ感染者。一方で毎年流行るインフルエンザの集団感染の報告はありません。
 先日、「冬に流行る感染症」と題して、スタッフに研修を行いました。そこで、インフルエンザと新型コロナウイルスの違いについても触れました。
 新型コロナウイルスは、毒性がインフルエンザに比べて弱いので、軽症または無症状の方が多いと言われています。それゆえ、感染を自覚せず、日常生活を送っている人がいて、感染を広げているようです。
 インフルエンザウイルスに罹ると、38度台の高熱、関節痛、強い倦怠感などの症状が現れるので、「インフルエンザかも…」と本人も自覚し、人と会うこともなく自宅で静養します。
 一方、新型コロナウイルスは、そういった強い全身症状がないことが多いので、知らずに感染が容易に広がってしまいます。
 更にインフルエンザは、診断がつくと抗インフルエンザ薬が色々とあり、解熱後5日で出社できますしほとんどが自宅静養で治癒します。
 毎年、インフルエンザで亡くなる方は3000人程度と報告され、その多くは肺炎などを併発する高齢者です。その点は新型コロナも同じです。
 自分が感染しているかも知れない、感染させられるかも知れないとの危機感を持って感染防止対策に気をつけたいと思います。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:59 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS