isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
一周忌の法要 換気を心掛け静かに会食
 近松公園近くに住む親戚の一周忌法要がありました。甥・姪の祖母にあたります。昨年12月15日に膀胱がんで亡くなったのです。
 一年を前に親族11人が集まり法要が営まれました。法要のあと、お坊さまが、「ほとけさまの名前」というお話をしてくれました。「阿弥陀仏」→「南無阿弥陀仏」と言いますが、「南無」は名前ではなく、「南無」とは敬意を表す意味で、「阿弥陀」とはかぎりない、無量という意味だそうです。
 難しいですが、仏さまから見た場合は、私に「南無」せよと呼びかけ、はたらきかけ続ける仏。逆に私から見た場合は、仏のいのちの中に包まれ、「南無します」と称えている私という意味。
 お坊さまのお話の中で、「世の中一瞬で全てが移り替わる」とお話しされていました。だから「今」を大切に。様々なおかげによって生かされて頂いていると悟ること。
 昨年の今頃、新型コロナウイルスによってこんなに日本が世界が変わると思っていなかった。明日のことは予定が立たない。これが人生なんだと思いました。
 法要が終わり、皆さんで会食を頂きました。換気をしながら、ソーシャルディスタンスで静かな会食でした。

| isako | 私の時間・ボランティア・テニス | 22:16 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS