isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
チョコレートが白くなるのは「ブルーミング」現象が原因
 チョコレートを冷蔵庫に入れて保存したり長く置いておくと白く変色したり、まばらになる現象があります。これを「ブルーミング」現象と言います。チョコレートが温度変化の影響を受けることで起こる現象です。
 風味は劣りますが、食べても身体に差しさわりがあるわけではありません。ココアバターは、28℃前後で溶けはじめます。なので28℃以上の場所には長時間置かないことです。
 もしも溶けたチョコレートを再び低温で保存すると、カカオバターの結晶が固まり、ブルーミングが始まります。チョコレートは高温多湿を避け、一定の温度を保つことのできる(16℃〜18℃)冷暗所を選んで置くと良いです。冷蔵庫なら野菜室が適しています。



 このブルーミング現象が起きたチョコレートを元に戻すことができるのか…。復活は可能だそうです。
 チョコレートを細かく刻んで、45℃の湯煎ににかけてゆっくり溶かします。チョコレートが溶けたら、一度27℃前後に冷まし、再び30℃ほどの湯煎にかけて型に流します。
 他に、砕いたチョコレートを電子レンジで溶かして、ホットミルクと混ぜてホットチョコレートドリンクにしても美味しく頂けます。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 18:53 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS