isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
潮江連協防災訓練〜耐震性緊急貯水槽を使った訓練 
 潮江連協自主防災訓練を実施しました。各地域の集合場所を午前10時に出発し、キューズモール2階、緑遊広場に集合し、到着時、各福祉協会責任者は連協会長に社協名、避難人数、避難ルート、避難完了時間を報告。
 連協会長、自主防災担当から挨拶と説明を行った後、尼崎市災害課係長、危機管理安全局部長、水道局給水装置課課長の指導により、耐震性緊急貯水槽を使った応急給水訓練を潮江緑遊公園で実施しました。
 訓練は、A班(東、西、北)、B班(中、桂、東大寺)、C班(オリーブ、団地、ルネ)、D班(アミング、ローレル、DCグランスクエア、パーク)に分かれて 「手動ポンプ」「仮設給水栓の組み立て・解体」方法を教えて頂き、実際に行ってみました。
 講評において危機管理安全局部長は、「この場所にこういった用具・設備があることを知った意義は大きい。
 阪神淡路大震災当時水道局にいた際、給水作業にあたった4名のうち2名が熱を出した。市の職員も被災することを想定して皆さんで組み立て・使用し解体までできるようになればと思う。」といった話がありました。
 終わりに、非常食のビスケットとリュックになる給水袋を参加者に手渡し解散となりました。参加人数は約200人。













 早朝から廃品回収出し、大型ごみ出し、実家の朝顔撤去に続き、自主防災訓練に参加し、13時30分〜潮江まちづくり協議会、会長会議もあり、帰宅したのは、18時前で長い一日が終わりました(*^-^*)
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 21:56 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS