isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
社会を明るくする運動 尼崎市保護司会小田地区集会
 13時30分〜15時まで、小田地区会館において、第67回社会を明るくする運動・小田地区集会に参加しました。
 犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域の力として、社会を明るくする運動が全国各地で行われています。
 社会を明るくする運動(社明運動)は、昭和24年に東京銀座から始まり、今回で67回目を迎えます。
 一部はご来賓方の挨拶とご紹介で、二部の講演は、「子どもの理解と関わり方」〜犯罪者も初めは赤ちゃんだった〜で、講師は、元奈良少年刑務所教育専門官・臨床心理士である、竹下三隆氏でした。
 話題になっている有名な方々の生い立ちや発言を紹介しながら、子どもとの接し方、人間関係などお話しされました。
 「居場所(家族・友人・学校等)」と「出番(必要としてくれる・仕事)」が大切で、犯罪など何らかのトラブルを起こす人は、子どもの頃に安心感を得られず不安感を伴ったり、両親の暴力、寂しさ、孤独、心に傷を負うといった経験をしている人が多い。
 自分は無力であることを知ることから「立ち直り・回復」の道が開け、当たり前のレベルを下げることも必要。人に頼り表現することも大事な事。
 私自身、職場、家族、地域等、人間関係の関わりが多いので、今日の講演はとても新鮮で勉強になりました。


 
 引き続き、潮江素盞嗚神社総代会に17時頃まで出席し、18時〜は潮江なつフェス模擬店説明会、企画会議がありました。
| isako | 尼崎の話題と情報 | 23:26 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS