isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << January 1970 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
秋の気配〜カマキリとの遭遇 鰯雲 秋雨前線
 夕方テニスに出かけようと思い、傘に手を出したときにカマキリがいるのに気づきました。体が薄茶色の秋になると見かけるカマキリです。
 カマキリの名前の由来については、「鎌切」という表記があることからわかるように、「鎌で切る」から「鎌切り」となったという説と、「カマキリ」は、「鎌を持つキリギリス」の意味という説もあります。
全世界で2,000種前後といわれ、特に熱帯、亜熱帯地方に種類数が多く、体は前後に細長い。
 6本の脚のうち、前脚は先端を除く大半が鎌状に変化し、多数の棘があります。頭部は逆三角形で、2つの複眼と大顎が発達しています。
 頭部と前胸の境目は柔らかいため、頭部だけを広角に動かすことができ、触角は毛髪状で細長く、中脚と後脚も細長いのが特徴です。
 カマキリの「共食い」は有名はお話しで、交尾の際も共食いが行われ、オスはメスに不用意に近づくと、交尾前に食べられてしまうので、オスは慎重にメスに近づいて交尾まで持ち込むと言われています。
 オスがメスに食べられた場合は、その栄養でメスに食べられなかった場合よりも多くの子供が生まれることが分かっており、メスに食べられることで一匹のメスからより多くの子孫を残すというのが理由のようです。
 さて、今朝の気温は9月上旬の気温だったようです。空を見上げると鰯雲が現れ、秋の空気を感じました。秋雨前線の活動も活発で、時折、ザーと強く降る時間帯もありました。秋ですね…。





 追記〜昨日の記事について「大丈夫だったの〜?」との連絡を頂きました。車の修理費用が必要でしたが、結果的には支払うことはなく身体も大丈夫です。むち打ちなどの後遺症もありません。ご心配をおかけいたしました。ありがとうございます。
| isako | - | 08:59 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS