isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
インフルエンザワクチン接種は皮下注射
 施設内でインフルエンザワクチン接種を行いました。インフルエンザは秋から春先にかけて毎年流行します。
 現在、Aソ連型、A香港型、B型の3種類が同時に、あるいは混在して、それぞれ毎年少しずつ変異しながら流行を続けています。毎年、約2000人が死亡しています。
 インフルエンザのワクチン効果について以前から問題にされてきましたが、ワクチン株が一致したときの有効性は70〜90%と言われています。類別に見ますと、A型の有効性は80%前後で、B型は一般的にA型より低く50%前後と報告されています。
 インフルエンザワクチン接種はコロナワクチンの筋肉注射に対して皮下注射なので接種部位が違います。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:37 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS