isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
尼崎市長選 本日告示 40代新人同士の一騎打ち
 任期満了に伴う尼崎市長選が13日告示され、日本維新の会の社会福祉法人理事長大原隼人氏(44)と、前市教育長で元文部科学省職員の無所属松本真氏(43)の2人が立候補をし新人同士の一騎打ちとなりました。



 日本維新の会が県内首長選に公認候補を出すのは5回目で、昨年の宝塚市長選では約1600票差まで迫るも他の3回はいずれも大敗しています。
 尼崎市は大阪に隣接し県内でも特に強いエリアであることから維新の勢力拡大を警戒する各党が自主的に松本氏に支援しています。
 「財政再建に一定の道筋がついた。信頼できる人にバトンを渡したい」と稲村和美市長は7月、今期限りでの退任を表明し、自身のもとで市教育長を務め、いじめ問題や教育改革に取り組んだ文部科学省の元官僚、松本氏を後継に指名しています。
 松本氏は白井文前市長、稲村市長と20年続いた「市民派市政」の継承を意識し、どの政党にも推薦を求めませんでしたが、自民県連は松本氏への支持を表明し、立憲民主党の県組織も支援の方向に。これまで市長選に候補を立ててきた共産党も今回は擁立を見送り、実質的な後押しに回るようです。
| isako | 尼崎の話題と情報 | 21:40 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS