isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << September 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
コシが強く彩りも華やか 小豆島のオリーブ素麺
 小豆島の「オリーブ素麺」を頂きました。頂いた素麺は、約400年の歴史を持つ伝統ある小豆島手延素麺『島の光』です。
 その素麺に小豆島特産であるオリーブの天然素材をふんだんに練り込んだ小豆島ならではの手延素麺がオリーブ素麺です。
 オリーブは「地中海から来た美と健康の贈り物」と呼ばれるほど古くから食用として重宝されてきました。この実をペースト状にして伝統の素麺に練り込み、表面をオリーブオイルで仕上げました。



 小豆島で素麺がつくられるようになったのは、今からおよそ400年前。小豆島池田村の島民が大和の三輪(奈良県)に立ち寄った際に、素麺の製造技術を学び、小豆島に持ち帰ったのが始まりです。
 素麺は、冬の農閑期に家族の労力だけで生産できることから、小豆島に広がりました。
 小豆島には、小麦の栽培に適した気候や瀬戸内海の塩、素麺作りに必要なごま油が豊富にとれるなど、素麺作りに最適な気候風土があります。  
 この環境で生まれた小豆島の手延べそうめんは、奈良県「三輪そうめん」、兵庫県「揖保乃糸」に並ぶ日本三大素麺の一つとなりました。
| isako | 私の時間・ボランティア・テニス | 21:42 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS