isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << January 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
笑いは「ストレス減」吉本興業とキリンが実証
 「エンタの神様」というお笑い番組をみていました。エンタの神様は、年末2時間30分スペシャル番組で2003年4月のレギュラーかいし以来18年、放送300回を超えました。(2021年12月29日(水)21時〜23時30分)
 キリンホールディングは、「笑い」が脳の認知機能を改善させ、ストレスを抑える効果があるとの研究結果をまとめました。(2021年11月)
 笑いが生まれる漫才の動画を見ると脳内の血流が増えるなどの効果を確認したというものです。
 研究には、吉本興業と浜松市が参加し、近畿大医学部の心療内科が監修しました。1〜4月に同市の40〜65歳の男女25人に、人気コンビ「ミルクボーイ」の漫才と新人コンビの漫才の動画を見た後の計算の早さと記憶力などを比べてみました。すると、ミルクボーイの動画を見た後の方が課題を行う際の集中力が向上して回答が早くなったほか、脳の活性化につながる前頭葉の血流量が約2.7倍増えました。



 古くからユーモアや笑いは脳や心に良い影響があると考えられてきたが、キリンによると、産官学が協力して検証を試みたのは日本で初めてだそうです。「笑い」は、リラックスしたときに働く副交感神経の活動が上昇し、心理的ストレスの指摘とされるだ液中の消化酵素「アルファアミラーぜ」の活性も抑えられていました。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:30 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS