isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
将棋の藤井聡太 史上最年少4冠誕生 年収推定1億円
 将棋の藤井聡太3冠(19)が豊島将之竜王(31)に挑戦する、第34期竜王戦7番勝負第4局が12、13の両日、山口県宇部市・ANAクラウンプラザホテル宇部で行われ、後手の藤井が豊島を破り、開幕から4連勝で「竜王」を奪取しました。これで、将棋界にある8つのタイトルのうち、半分の4冠を同時に保持し、羽生善治九段(51)の22歳9カ月の最年少4冠の記録を28年ぶりに更新する19歳3カ月で4冠となり、史上初の「10代4冠」が誕生しました。
 今年は棋聖と王位を防衛し叡王も獲得。賞金額が公表されていないこれらの獲得賞金と対局料で、少なくとも昨年の4554万円はあると推定。
 竜王戦の優勝賞金4400万円、同棋戦の決勝トーナメント勝ち上がりと挑戦者決定戦3番勝負を合わせた対局料が731万円。朝日杯の優勝賞金750万円を足して1億435万円となると推定されます。
 私は将棋の世界は詳しくありませんが、「竜王戦」とは、九段戦、十段戦を発展的解消し、1988年(昭63)に創設され、優勝賞金4400万円は将棋界最高金額だそうです。
 創設後1989年、タイトル戦初登場の羽生善治氏が、当時の最年少記録となる19歳3カ月で竜王を獲得しています。



〜竜王戦の戦い方〜
1〜6組に格付けされたランキング戦(予選)を行う。
1組の上位5人、2組の優勝者と2位、3〜6組の優勝者の計11人による決勝トーナメントを行い、決勝進出両者による3番勝負で挑戦者を決める。
7莨.函璽淵瓮鵐箸任蓮⊂,曽紊りの段階での対局料が明記される。竜王と挑戦者は例年10〜12月に7番勝負を行う。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:21 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS