isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
正しく知ろう 「だ液」のこと 6つのパワー 
 先日、歯科検診時に受付に置いてあった一枚のパンフレット…。「だ液」についてドライマウスについて書かれてありました。
 同年代にドライマウスの人がいて、改善方法として、だ液マッサージの紹介がありました。そしてドライマウスについても記載がありました。
 ドライマウスは、口腔乾燥症のことで、だ液分泌が少なくなる症状です。原因は、薬の副作用や特定の病気があげられますが、口呼吸などの習慣やストレスが関係することもあります。耳下腺、顎下腺、舌下腺をそれぞれ5〜10回程度繰り返しマッサージをするとだ液が出ると言われます。
 だ液は、「若さの泉」と言われるほど6つのパワーが秘められています。だ液には、老化の大きな原因と言われる「活性酵素」を減少させる働きがあることもわかっています。



〜だ液パワー6つの効果〜
1.飲み込みやすくする(だ液中のムチンという物質の働きにより嚥下を助ける)
2.がん予防(ぺルオキシダーゼという酵素は発がん作用を消す)
3.脳を活性化(神経成長因子が含まれる)
4.病気を予防する(ラクトフェリンなど抗菌作用がある)
5.アンチェイジング効果(耳下腺から放出されるパロチンホルモン効果により筋肉・内臓。骨・毛髪の発育を盛んにする)
6.むし歯・歯周病予防(口腔を洗い流し清潔に保つ)
 だ液は天然の魔法薬?と言われるほど驚くべきパワーがあるようです。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:37 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS