isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ワクチン接種の副反応 腕の痛みのピークは午前中
 コロナワクチン接種の副反応で一番多いのが「接種した腕の痛み」です。次いで、倦怠感、頭痛、発熱だそうで、私も副反応を気にしていました。
 希釈を手伝ってくれた薬剤師さんは、20代後半から30代前半のようで、2回目は二日間39度くらいまで熱がでたようです。
 副反応は若い人ほど出やすいようで、私のような年齢では顕著に出ないと言われています。入居者さんも腕の痛みが数人いるくらいでした。
 私達、スタッフも私と同様、腕の痛みと倦怠感の副反応がでました。私の場合は、昨日午前9時に接種し、夕方頃から腕の痛みと何となく体熱感がありましたが、熱はありませんでした。
 腕の痛みは翌日(今日)の午前中がピークで、午後になると軽減して来ました。あるスタッフは腕の接種部位に湿布を貼って対処していました。
 2回目の副反応の方が強くでるようなので、「コロナ休暇」も考慮し2回目は半分ずつ分けて接種を行うことにしています。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:14 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS