isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << January 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
不妊治療の流れ 妊娠に向け3ステップ(保険適用外も)
 不妊の治療は様々ですが、男女で検査を受けると何らかの病気が見つかる場合もあります。
 女性は、ホルモン分泌が上手く行かない「排卵障害」や「子宮内膜症」などが代表的な疾患です。男性では、精子を運ぶ精管が詰まる「精管閉塞」などがあります。こうした病気では手術や薬による治療で自然妊娠も期待できます。ただ、不妊症の多くは加齢の影響を受けています。病気を治療しても妊娠しない、男女ともに不妊につながる病気が見つからないケースも多々あります。
 妊娠に向けた主な不妊治療の流れの1ステップは、「タイミング法」。超音波検査などで、妊娠しやすい日を予測、性交のタイミングをはかる。(保険適用)。次の2ステップからは保険適用外となります。
 2ステップは、「人工授精」です。国内では70年ほど前から行われている治療です。男性の精液を洗浄し、遠心分離器にかけるなどの処理をします。細いチューブで、女性の排卵日などに子宮の奥に注入する治療。
 それでも妊娠しない時は、3ステップの「体外受精」に進みます。女性の卵巣に針を刺して吸い取った卵子と精子を体外で受精させ、成長した受精卵(胚)を子宮に戻す治療。
 世界初の体外受精児は1978年7月、英国で誕生しています。この功績によって英国の大学名誉教授は2010年のノーベル生理学・医学賞を受賞しました。国内では、東北大(仙台市)で1人目が生まれています。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:25 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS