isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
歯科検診のチェック項目は… 6か月検診異常なし
 6か月ごとに歯科検診を受けています。レントゲンは1年に一度です。歯科検診を受けずに痛くなったら歯医者へ行く人も多いと思います。では、歯科検診では、どんなことをしてもらえるのでしょうか…。(以下参考)



1.むし歯のチェック
 むし歯は、歯の噛む面やつけ根だけでなく、歯と歯の間などの直接見えないところにもできやすいものです。
 また、一度つめて治療してあっても、そのわきの方に新たなむし歯ができることもあります。専門的な立場からむし歯をチェックしてもらいましょう。レントゲンで確認します。
2.歯ぐきのチェック
 歯のまわりのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病になります。歯周ポケットの深さはどのくらいか、歯肉出血がないかもチェックします。
3.ブラッシング指導
 歯と歯ぐきの正しい磨き方は、その人の歯並びや歯磨きの癖などのため、一人ひとり違うものです。歯ブラシ・フロスなどの正しい使い方を、教わります。
4.歯垢を取る
 歯ブラシで取り残したり、取りきれなかった歯垢は、むし歯や歯周病の大きな原因となります。できるだけ早く歯垢を取り除いてもらいましょう。
5.歯石を取る
 歯石は誰にでもつき、歯肉を圧迫するなどして、歯周病を引き起こす原因の一つとなります。自分で取り除くことは困難ですので、定期的に取り除いてもらいましょう。
 今日の検診では、歯と歯肉に異常は認められませんでした。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:16 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS