isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
コロナ自粛 排便状態に変化「回数が減った」半数を占める
 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い自粛を強いられた結果、排便の状態に変化があった人のうち、51.5%が「回数が減った」と回答しています。
 新しい生活様式により生活スタイルが変化し、便秘に悩む人が増えているのです。
 たかが便秘と放置していると生活の質を落とすだけでなく、病気のリスクも高めてしまいます。そこで以下の便秘改善エクササイズを紹介します。
 「の」の字マッサージは、右下腹部から時計回りに両手でおなかがへこむ強さで押しながらゆっくりマッサージをします。上はみぞおちの下、下は股の上、横は脇腹までが目安で大腸の形をイメージします。
 次に、膝を抱えるストレッチです。(夘┐鯤えておなかに引き寄せ10秒キープする。反対側も同じ動きを行った後、両膝を抱えて10秒キープします。新型コロナウイルスに関して不安・ストレスがあったために回数が減り、トイレで5時間苦しみ、このまま踏ん張ったら頭の血管が切れそうになり意を決して胃腸科に行ったという話もあります。コロナ便秘に気をつけましょう。 

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:21 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS