isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
潮江素盞嗚神社 建物解体・ご神木の根が傷つき懸念
 明日は、神社社務所当番と境内掃除の予定でしたが、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言もあり、いずれも中止の方向で決まりました。 
 さて、潮江素盞嗚神社に隣接する建物の解体・新築建設に伴い、ご神木の根が傷つき懸念しています。
 ご神木は、隣接する建物に近い位置にあり、長年成長した根が建物の下に張っていたようです。
 先月、3月28日に工事現場に総代が集まり、根の切断状況など確認。それによって将来どんな影響があるのか専門家のご意見を伺いました。
 専門家のグリーンメンテナンスを行う「樹木屋」さんの話では、「根を切ることにより何十年後に朽ちる可能性もある。しかし、それは、40年、50年後の話。基本的に根が傷ついたらダメ。今後どうような治療が必要かは追って経過を見て行く」との話でした。
 幸い、根は社務所に向かって長く太く生えているようですが、将来朽ちることがないか懸念されます。
 ご神木のクスノキは、昭和49年3月15日「保護樹木」とされています。戦争で戦火を受けた後も木の一部で残る古くからある樹木です。クスノキは、寿命が長く、大木となり、各地で天然記念物に指定されています。



| isako | 潮江素盞嗚神社 | 22:35 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS