isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
新型コロナ 治療に「アビガン」 ワクチン開発も期待
 WHOがパンデミック宣言した新型コロナですが、「中国科学技術省は17日の記者会見で、新型コロナウイルス感染患者の治療薬として、富士フイルムのグループ会社が開発した新型インフルエンザ薬「アビガン」の有効性を臨床試験で確認したことを明らかにした」とありました。
 インフルエンザウイルスの治療薬には「タミフル」や「リレンザ」など、ウイルスの増殖を抑えるなどの治療効果がありますが、新型コロナウイルスは、「新型」とあって、治療薬が確立できていません。
 中国において、アビガンの有効成分「ファビピラビル」に関するライセンス契約を富士フイルムと2016年に結んだようで、中国の製薬大手・浙江海正薬業が、後発医薬品を量産する方針です。同社は先月、中国国家薬品監督管理局から認可を取得しているいます。
 臨床試験は、湖北省武漢市と広東省深セン市の病院で計200人の患者を対象に行われ、投与した患者の方が短期間に陽性から陰性になり、肺炎症状なども改善。アビガンは日本でも先月から患者への投与が始まっています。
 また、アメリカでは、ワクチン開発の臨床試験が始まったと報道されています。アメリカ国立衛生研究所は、製薬会社と共同で開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、第1段階の臨床試験が16日、ワシントン州で始まったと発表しました。実用化までには1年以上かかる見通しです。
 新型コロナウイルスの治療薬開発とワクチン開発がいち早く終息させる手段となります。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:20 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS