isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
小さく産んで大きく育った息子 1週間違いの誕生日
 私の2人の息子は、2人とも2500グラム以下の「低体重児」でした。長男は、2350グラム(10カ月)、次男は、2150グラム(9か月)。
 よく母親が喫煙すると、低体重児の子どもが生まれやすいと言われますが、私は喫煙歴はありません。
 たぶん、妊娠中でもあまり体重が増えず(10カ月間で増えた体重=8キロ)、大きく育たなかったのではないかと推測しています。
 次男は、前置胎盤で、9か月頃に大出血で即日入院し、10カ月に入るのを待って(まる9か月)帝王切開で生まれました。
 今日は、長男の誕生日です。私の誕生日と1週間違いで生まれました。出産の2週間前まで看護師として忙しく働いていたせいか、臍帯が首から手首にかけ巻いており、陣痛が来るたびに心音が不安定になったので、医師がお腹の上から押し出してやっと生まれました。
 小さく産まれましたが、母乳とミルクですくすく育ち、小さく産んで大きく育っています(笑)。
 その息子達も30歳を超え、私自身が歳が行った分、息子達は頼もしく成長し、それぞれの道を歩んでいます(*^_^*)

| isako | 身近なニュース・私の時間・趣味 | 21:12 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS