isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ノーベル賞〜「発想の転換」により生まれた がん治療法
 生理学・医学ノーベル賞を、本庶佑・京都大学特別教授ら2人に贈られました。免疫を抑制する働きを持つ、「PD−1」を発見した功績です。
 読売新聞によりますと、「本庶特別教授らは、薬で、「PD−1」の働きを妨げ、人間がもともと持っている免疫力を活性化させる「がん免疫療法」に道を開き、高く評価された」とあります。
 がんの治療は、手術、放射線、抗がん剤が主な治療で、免疫細胞の働きを抑えるブレーキを外すことで、免疫細胞にがんを攻撃させる治療法は、従来の治療になく、発想の転換によって生まれた新たな治療法です。
 体内では、健康な人でもがん細胞が生まれていますが、その大半は、異物を攻撃・排除する免疫細胞が見つけて取り除いています。 がんが大きく成長するのは、免疫細胞による監視や攻撃がかいくぐった場合です。
 こうした性質に着目し、免疫力を高めてがん治療を目指すアイデアは古くからあり、様々な方法が試されて来ました。しかし、効果が乏しく、有効性を疑問視する研究者が多かった。
 本庶氏が見つけた、「PD−1」は、免疫の働きを抑えるブレーキの役割。免疫を高めようとしても、がん細胞がこの分子を巧妙に利用して免疫の攻撃から逃れていたことが効果がでにくい原因でした。
 そこで、本庶氏は、「PD−1」の働きを抑える物質をマウスに投与する実験を行い、攻撃力を取り戻した免疫細胞によって、がん細胞を縮小させることに成功しました。(医薬品=オプジーボ)



〜1年間のオプジーボの使用実績〜
・悪性黒色腫 540
・肺がん 7300
・腎がん 2200
・ホジキンリンパ腫 190
・頭頚部がん 2400
・胃がん 4200
※悪性胸膜中皮腫 追加承認
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:43 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS