isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
喘息等アレルギーの原因 ダニ対策 秋も重要
 ダニによるアレルギーが秋に目立つのは、生きているダニだけではなく、死骸やフンで起こることが多いためです。
 ダニやフンを含んだ埃が、鼻や目、皮膚から取り込まれると、くしゃみや鼻水、咳、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こします。
 ダニは高温多湿を好み、特に室温20度〜30度、湿度60%〜80%が育ちやすい環境となります。梅雨から夏に最も繁殖し、寿命は約3〜4か月とされるので、9月〜10月の秋にかけて大量に死骸が発生することになります。
 家の中にたまった死骸やフンなどダニ対策として、ダニが好む寝具は、天日干しでは不十分で、パンパンたたくのは死骸やフンを細かくするので逆効果だそうです。布団乾燥機を活用すると良いようです。
 また、湿度にも気を使い、部屋は窓を開けてこまめに換気し、エアコンの除湿も上手に使う。温湿度計を各部屋に置き、湿度が60%以上にならないように気を配ることも大切なダニ対策です。



 専門家は、布団の買い替え時期なら、ダニが入り込みにくい生地の目が細かい素材の寝具や、ダニが好まない合成繊維の布団を選ぶのも良いと話しています。
 敷き布団の下に敷く除湿シートやダニの侵入を防ぐ素材の寝具用カバーも市販されています。
 簡単な掃除をこまめに、カーペットに掃除機をかける際にはゆっくりと、フローリングの床は掃除機をかける前にふき掃除をするなどの工夫も忘れずに…。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:46 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS