isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
大阪市内〜アブラゼミとクマゼミの生息比率が逆転
 Yahoo知恵袋で、大阪市内でアブラゼミが減って、クマゼミが増えていませんか?という質問に、実際にクマゼミが増えているという回答です。
 その回答によりますと、大阪私立大学の研究では年毎クマゼミの生息分布の北上が確認され、1960年代には大阪市内では稀に観測される程度のクマゼミが爆発的に増加し1980年にはアブラゼミと生息比率が逆転。
 2000年代には大阪市内都市部ではクマゼミが95%を占める様になったというのです。
 地球温暖化が影響しているようですが、原因はそれだけではなく、大阪市内の緑地の少なさと中型の鳥類から逃げやすい「飛行能力」をあげています。そして、繁殖能力にも違いがあるようで、クマゼミの卵管は非常に強靭でアス ファルトや電線の被覆を突き通して産卵が可能ですが、アブラゼミはそうはいかないようです。


 
 いずれにしても大阪では、アブラゼミの捕獲ができたら大アタリなんですと締めくくっています。
 そのアブラゼミが先日、我がマンションのベランダに突然やって来ました。当マンションは敷地に緑が多いからアブラセミが多く生息しているのかなぁ〜と何となく嬉しく思いました(*^_^*)
 アブラゼミは、クマゼミの「シャンシャン」という鳴き声ではなく、「ジジ…」と鳴き方も控えめで体も小さめです。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:36 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS