isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
普段体験できない貴重な一日 大阪府事業・一日看護師体験 
 今日と明日の2日間は、高校生一日看護師体験です。大阪府では、平成2年度に「看護の日」及び「看護週間」が制定され、平成3年度から府民に看護の心・助け合いの心を育み、看護の明るいイメージを図ることを目的として、高校生を対象として、「一日看護師体験」事業を実施しています。
 当院では、この事業に平成15年から協力し、今年は、本日、大阪府立柴島高等学校女子6名、明日、大阪府立枚方なぎさ高等学校男子2名、大阪府立吹田東高等学校男子2名が体験することになっています。
 当院での一日の流れは、午前8時30分集合で白衣に着替え、9時からオリエンテーション(私が担当)。続いて記念撮影(帰りに手渡し)。
 担当看護師が、医療器具の取り扱いや血圧測定等の体験、手術室見学、病棟での患者さんへのケアの見学などで、終了は午後3時30分です。


医療器具について
興味津々… 輸液ルートについて


記念撮影

〜学生が案じたこと(感想文から)〜
・普段では絶対にできない貴重な体験ができた
・とろみ茶を飲んでみて患者さんの気持ちがわかった
・手術室のあるハサミは何十種類もあって興奮した
・看護師さんとの会話が楽しかった
・食事は塩分の制限などそれぞれ違う食事に驚いた
・病院は清潔がいちばんで衛生面がきちんとされていた
・ⅯRIやレントゲン、透析など知ることができた
・覚える物がたくさんで大変さを覚悟した
 本日体験をした6名は全員が看護師を目指している高校2年生。今日の体験を忘れずに、全員が看護師になってほしいですね…。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:16 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS