isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ツバメ・モンシロチョウ 季節を告げる生き物がいない!?
 以前にカタツムリを見なくなったという記事を書きましたが、ツバメやホタル、トノサマガエルなどの姿も見かけなくなりました。
 こうした生き物を観測している生物季節観測では、「廃止」に追い込まれるケースもあるようです。
 「最近、より注意深く見ないと、どこに観測対象の生き物がいるのかわからなくなった」都心の生物季節観測を行っている東京管区気象台の担当者は、そう話しています。



 大手町周辺や皇居に隣接する北の丸公園で、生物の確認に当たっていますが、ほぼ毎年4月に確認できていたツバメは2015年から姿を見せていません。春を告げるウグイスも都心では見かけなくなりました。鳴き声を最後に確認できたのは2000年で、ヒグラシの甲高い鳴き声も2002年以降は聞かれていません。
 東京都心で、観測をやめた種類は、ヒバリ、モズ、トノサマガエル、モンシロチョウ、キアゲハ、ホタルですが、地方でも都会と同じような現象が起きているようです。水戸地方気象台では、ほぼ毎年姿を見せていたトノサマガエルが2004年を最後に確認できていません。
 北海道教育大、生物学の三上教授は、「温暖化の監視にも重要なデータだが、気象台がある地方都市でも、生物が好む田畑は蹴り、生息場所が急速に少なくなっている、季節感も希薄になってしまう」と指摘しています。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:35 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS