isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << September 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
剪定した実家のカボック 葉っぱを活かした生け花
 先日記事に書きましたが実家のカボックが大きく成長し通行人の邪魔になりつつありましたので剪定しました。
 切ったカボックはバケツ一杯になるほどで、その葉っぱを活かして母が生け花を入れました。生け花は、二階階段の踊り場、キッチン、玄関、床の間と4つに分けて入れていました。
 今でも毎週土曜日にアルカイック内でお花のお稽古があるらしく欠かさず行っています。嵯峨未生流だったと思います。
 実家では、私が小学生の頃からお花とお茶の教室をしており、私も必然的に生徒になっていました。お茶は表千家です。お花の師範の免状はありますが、箱の中にしまったままです。
 生花がある暮らしはいいですが、花器の種類としずみの種類など場所をとるので私的には玄関に時々入れるくれいで満足です。
 母も高齢になり足腰も弱っていることから、生けた花を移動するときは私に「これ玄関に置いて〜」と言っていますし花器を持ったまま転倒しないか心配な時もあります。


 
| isako | 私の時間・ボランティア・テニス | 22:02 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS