isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
女子プロテニス 中国選手の安否疑惑…大会に影響
 午後からテニスに行って来ました。久々の木曜午後の練習です。足の怪我の為に約1か月お休みしていたコーチも復帰され有意義な時間でした。
 さて、女子テニス界に心配な事件が起こっています。中国の女子テニス選手の安否疑惑問題です。
 中国の女子プロテニスの彭(ほう)選手は11月、中国の張高麗(ちょう・こうらい)前副首相と不倫関係にあり、性的関係を迫られたなどとSNSで告発。その後の安否が懸念されています。
 WTAのスティーブ・サイモン最高経営責任者は「彭選手の居場所は分かったが、彼女が自由で安全で、検閲や強制、脅迫を受けていないのかどうか重大な疑問を抱いている」と表明。彭選手の告発に対して、検閲のない完全で透明な調査を改めて求めています。
 こうした現状を踏まえ、12月1日、女子テニス協会(WTA)、サイモン氏は「2022年に中国で大会を開催した場合、選手やスタッフ全員が直面しうるリスクを大いに懸念している」と述べ、中国が信頼できる対処をしていない等として、香港を含む中国での全ての大会を中止すると発表しました。
 国際オリンピック委員会(IOC)は11月21日、トーマス・バッハ会長が彭選手とのテレビ電話で無事を確認したと発表していますが、テレビ電話がどのように設定されたか説明しなかったなどとして国際人権団体から「中国のプロパガンダを助長するな」と批判されています。
 日本国内でも連日報道されていましたが、今回の中国選手の安否疑惑がテニス大会に大きな影響を与えています。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:03 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS