isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
大阪と京都だけ「府」は なぜ?? 「府」の歴史
 現在、「府」を使うのは、大阪府と京都府だけです。ですが、戦前までは東京都の前身「東京府」がありました。
 明治維新直後には「奈良府」も存在していたようです。では、「府」と「県」は何が違うのでしょうか…。
 大政奉還後に明治政府が幕府直轄地のうち奉行が支配した土地や開港した港などを「府」、代官の支配地を「県」と称したのが始まりだそうです。
 「府」という漢字は、軍事・政治の拠点や大都市を意味し、要地として直接課管理する意志を示すため「府」と称したと記載があります。
 「府」になったのは、1868年に設置された京都府を皮切りに江戸府、神奈川府、奈良府、大阪府、長崎府などの計10か所でした。
 しかし、長崎府はわずか2カ月足らずで神奈川県に変わるなど、地方制度や境界線はめまぐるしく変わったようです。
 1869年、「京都、東京、大阪以外は府と呼ばない」との内容に太政管布告が発令され、3都市の呼称となりました。
 3都市に限定された理由は、最重要地(行政の中心である江戸、経済の中心である大阪、天皇が住まう京都)であったため「特別扱い」する意味があったようです。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:15 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS