isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
先祖の供養 春のお彼岸 お墓参りに
 今年の春の彼岸入りは、3月18日(日)、明日からですね〜。彼岸入りを前に、午前の仕事を終え、午後2時から母とお墓参りに行きました。
 お彼岸だからと特別な気持ちでお墓参りをする必要はないようですが、いつもより時間をかけてお墓をきれいに掃除する機会にすると良いようです。
 私の祖先のお墓は霊園ではないので混むことはありませんが、霊園や納骨堂によっては混雑することも考えられますので、お彼岸の中日は避けた方がいいかも知れませんね…。





 お彼岸は、春分も秋分も昼と夜の長さがほぼ同じになり、太陽が真西に沈むという特徴があります。
 「彼岸」というのはあの世のことで、極楽浄土の意味です。仏教では極楽浄土は西にあると考えられていることから、この期間が先祖を供養する年中行事となったようです。
 お彼岸は日本独自の習慣で、人々は彼岸入りの日の前日までに自宅の仏壇を整え、ぼた餅などをお供えします。
 お彼岸の期間中は朝晩にロウソクを灯し、お線香をあげることが供養になります。明日は早朝に息子とお墓参りに行きます。
| isako | 私の時間・趣味・身近なニュース | 22:39 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS