isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
裁判判決の影響 NHK受信契約5倍増
 オリンピックが始まり毎晩遅くまでテレビを見て寝不足になりそうですね…。さて、NHKの受信料を巡っては様ざまな理由で払わない人もいるようです。受信料に関しては、これまで色んな意見がありましたが、昨年、最高裁判所で受信料の支払いを拒否していたホテル側に支払いを命じる判決が確定しました。



 内容は、「都内などで3つのホテルを経営する運営会社は約280の客室にテレビを設置していましたが、NHKからの受信契約の申し込みを拒否していました。NHKは訴えを起こし、一審、二審ではホテル側に約620万円の支払いを命じるなどの判決でした。
 9日、最高裁はホテル側の上告を退けて受信料の支払いなどを命じた判決が確定しました。(ホテル側に620万円支払いを命じる判決)。最高裁は去年12月、テレビを設置したら受信料の支払い義務が生じるとした放送法の規定を合憲とする判断を示していました。」というものです。
 その後、視聴者がテレビの受信契約を自ら申し出た件数が月5倍超にあたる約5万6000件に急増。更に1月に入ってからも2万6000件の申し出がありました。訪問契約員によるものを含めると12月と1月の新規契約数は16万件にもなります。その半数は視聴者からの申し出によるものです。
 NHK側は、定例記者会見で、最高裁判所が受信料制度を合憲とした判決を受けて「判決後、受信料の契約が増えた」と話しています。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 21:09 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS