isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
診療報酬本体0.55%引き上げ - 介護報酬はプラス0.54%
 政府は18日、2018年度の診療報酬の改定率を、医師の人件費などに当たる本体部分はプラス0.55%、医薬品や医療材料の公定価格である薬価・材料費は、薬価制度の抜本改革による効果を含めずにマイナス1.45%とすることを決めた。
 本体と薬価・材料費の診療報酬全体では0.9%のマイナス改定となる。一方、介護報酬は0.54%引き上げる。これにより、18年度の同時改定は、診療報酬本体と介護報酬の同時プラスで決着した。
 診療報酬本体の内訳は、医科が0.63%、歯科0.69%、調剤0.19%のいずれもプラス。一方、薬価・材料費は、薬価が1.36%、材料費が0.09%の共にマイナス。薬価は、16年12月に政府がまとめた薬価制度の抜本改革による効果を含めるとマイナス1.65%となる。
 財務省は秋以降、18年度の診療報酬改定での「本体マイナス」を強く主張したが、日本医師会は逆に「本体プラス」を求め、18年度予算案の編成で焦点の一つになっていた。加藤勝信厚生労働相は18日午後2時過ぎ、麻生太郎財務相との折衝に臨んだ。(12/18 15:25配信 医療介護CBニュース)



 医療行為や薬の公定価格である診療報酬は、医療機関の診療に対して保険から支払われる報酬のことで、2年に1度改定されます。
 医業収入には、医師(または歯科医師)や看護師、その他の医療従事者の医療行為に対する対価である技術料、薬剤師の調剤行為に対する調剤技術料、処方された薬剤の薬剤費、使用された医療材料費、医療行為に伴って行われた検査費用などが含まれます。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:45 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS