isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
令和2年 台風発生平年の3分の2程度 上陸ゼロ
 昨年は大きな台風が上陸して停電などの被害がありました。コロナ禍の今年は台風の避難所で密になるなど懸念されていました。しかし、台風シーズンを過ぎ、今年は台風の数が少なかったです。
 令和2年9月末の台風シーズンまでの台風発生数を13個とすると、昭和26年から令和2年の9月末までの台風発生数は平均18.9個です。今年はその3分の2です。
 今年は台風の発生ペースが遅く、台風1号は5月12日に発生。通常は3月で統計史上8番目の遅さです。その1か月後の6月12日に台風2号が発生しましたが、その後は台風が発生しない期間が7月後半に至るまで続きました。
 日本へ接近した台風は平年より少なめでしたが、8月下旬から9月上旬にかけては北朝鮮に、10月はベトナムに台風が集中して上陸しました。特にベトナムは10月に集中豪雨の被害が発生して、大規模な水害となっています。
 太平洋高気圧が例年より西に張り出し、日本付近に張り出していなかったため、梅雨前線も北に押し上げられず、この年は沖縄を除いて7月下旬になってもなかなか梅雨が明けない記録的な遅さとなりました。ラニーニャ現象で、台風発生位置が西にずれた要因もあります。
 月別の台風発生数は、5月に1個、6月1個、8月7個、9月に4個、10月に7個発生していますが、日本への接近は7個のみ。上陸はゼロでした。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:17 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS