isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
明日尼崎中央病院で献血 潮江連協が協力
 明日15日(火)9:30〜16:30までJR尼崎駅近くの尼崎中央病院にて献血が行われます。冬は血液が慢性的に不足し、またコロナ禍のため献血する人が減っていることもあり貴重な献血となります。
 昨年は、受付人数185人で、うち献血者数は147人。400mlが140人、200mlが7人。確保量として57,400mlになりました。



 新型コロナウイルスのワクチンを接種した方の献血受入基準について、厚生労働省から以下。
●接種後24時間以内は献血をお控えいただくワクチン
・不活化ワクチン
 (国内で承認されたものは令和4年10月現在ありません)
・組み換えたんぱく質ワクチン
 例)ノババックス社
●接種後48時間以内は献血をお控えいただくワクチン
・RNAワクチン(mRNAワクチンを含む)
 ※オミクロン株対応のワクチンを含む
 例)ファイザー社、モデルナ社
●接種後6週間以内は献血をお控えいただくワクチン
・ウイルスベクターワクチン
 例)アストラゼネカ社、ヤンセンファーマ社
 ※接種後の副反応の症例によっては、この基準が適用されません。詳しくはこちらをご参照ください。
●海外で接種されたワクチン
ワクチンの有効成分が「不活化ワクチン及び組み換えタンパク質ワクチン」、「RNAワクチン」、「ウイルスベクターワクチン」に該当する場合は、原則、該当するワクチンの献血受入基準が適用されます。詳しくは検診医にお尋ねください。
※今後、新たに承認される新型コロナウイルスのワクチンについて、その有効成分の特性によっては、国の審議会等での検討が必要となり、接種後の献血受入基準が定められるまで、献血をお控えいただく場合があります。その際は、ホームページ等でお知らせいたします。
以上、本対応の適用開始は令和4年11月2日からとなります。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:25 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS