isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
漂着する「軽石」の原因は「100年に1度」の大噴火
 今、問題になっている「軽石」の漂着ですが、原因は小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火です。日本の領土・領海では100年に1回あるかどうかの大噴火でした。
 噴火で放出された軽石が今、沖縄県の沿岸に漂着するほか、高知沖の海域でも確認されています。すでに魚の養殖や船の運航などに大きな支障を来しており、今後は本州への到達も懸念されます。
 今回大量に軽石が生じた理由は、「マグマの中に5%ほど含まれている水が原因。地下のマグマが地上に近づくと圧力が下がり、水は水蒸気となって数多くの泡がマグマの中にできる。高温のマグマが海底から噴出して急冷されると、水蒸気の泡が空洞として残されて軽石となる。」(ネットから)
 大量の軽石の漂着により、沖縄などではフェリーの欠航や漁船の活動自粛が相次ぐなど大きな影響が出ています。
 船が航行する際、漂流している軽石を巻き込んでしまい、機器が故障する懸念があるためです。今後本州にも影響が出ると予測されオイルフェンスなどで対応するとのことです。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:25 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS