isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << September 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
尼崎市 「乱太郎(久々知兵助)絵柄マンホール蓋」
 尼崎市で忍たま乱太郎の作者「尼子騒兵衛展」が開催されています。9月26日まで。尼崎市総合文化センター(午前10時〜午後7時)火曜日休館。
 先日、読売新聞「阪神版」に「落第忍者乱太郎」に登場する「久々知兵助」をあしらったマンホールの蓋が尼崎市内にお目見えしたとの記事がありました。蓋は、直径60センチ、重さ45キロ。
 地元出身の作者、尼子騒兵衛さんが新たに原画を描き下し、笑顔の兵助がカラフルにデザインされています。
 名前の由来である久々知地区で、近松公園から近い市道に設置されています。漫画では主人公の猪名寺乱太郎をはじめ、「食満(けま)」、「富松(とまつ)」、「潮江」、「三反田」など市内の地名がもととなったキャラクターたちが躍動します。
 「聖地巡礼」と称し、各地から訪れるファンも多いことから、市は今回の兵助を第1弾として、今後も蓋を増やして行く意向です。
 兵助の蓋は、市総合文化センターで開かれている「尼子騒兵衛展」でも展示用のものが見られます。

| isako | 尼崎の話題と情報 | 22:58 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS