isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新型コロナワクチン2回目接種 扱いにくい注射器
 施設の高齢者等に2回目のコロナワクチン接種を行いました。問診は医師が行いますが、ワクチン保管、希釈等の準備や接種は看護師も手伝います。
 ワクチンは前日に .錺チン ∪楴鑞冀躰祐錣斑躰与 4釈用生理食塩水20 ご釈用注射器と注射針が厚労省から配布されます。それを自治体である尼崎市が接種会場まで配布してくれます。
 前回は、1佞涼躰祐鏤藩僂5人分とって下さいとの指示でした。しかし、今回は2佞涼躰祐鏤藩僂6人分とって下さいとの指示がありました。
 ワクチンが入ったバイアルはとっても小さなものです。そのバイアルに1.8媽戸食塩水を注入し希釈。その後10回ゆっくり転倒混和してから、6人分×0.3佞困弔箸辰胴圓ます。
 5人分なら少し余るくらいですが、6人分はきっちりで、しかも2佞涼躰祐錣らわずが0.3佞鬚箸襪里呂曚鵑箸貌颪靴ぁ5に△入らないように神経をつかいながらの作業になります。
 かかりつけ医の医師も「扱いにくい注射器で苦情は言っている」とのことで、配達に来られた尼崎市の方も「厚労省からの配布ですので、苦情は言っていますが、来たものを使うしかないんです。すみません。」と恐縮しながら話していました。1嫦躰祐錣鷲頁なのでしょうか…。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:48 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS