isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「人生100年」時代 認知症 共生と予防がキーワード
 昨日の関連記事です。2025年には700万人に達すると言われている認知症ですが、国もこの事態を重く受け止め、対策を打ち出しています。
 2019年政府は、尊厳を保ち同じ社会で生きる「共生」と「予防」の考え方の両輪とした「認知症施策推進大網」を取りまとめました。
 また、議員立法「認知症基本法案」も提出されています。この「共生と予防」の考え方は、私たちが個人として認知症と向き合う際にも重要です。
 認知症の方と同居する場合は、徘徊が問題となることもありますが、そのリスクを低減するのに役立つのが、玄関に設置する専用の人感センサーがあります。介護保険が適用され、自己負担額が月2千円程度に収まることもあります。そして、認知症専門デイサービスを利用すれば、家族の負担も軽減できお互いの暮らしが維持しやすくなります。
 一方、予防については、健康的な体力づくりの基本「食事と運動」に加え、積極的な「社会参加」も重要とされています。
 日本老年学的評価研究プロジェクトが実施した調査によれば、ボランティアグループなどの地域組織への参加割合が高いエリアほど、認知症リスクを有する後期高齢者の割合が少ないという結果です。
 「人生100年」といわれる長寿命時代を迎えた今、認知症が生活の質に影響を及ぼす期間も長くなっています。社会で取り組む認知症のキーワードは、「共生と予防」です。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:51 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS